スポンサーリンク
Home >> 債務整理を体験して >> 債務整理費用は借りられる?手元に全くお金が無くても債務整理した方法

債務整理費用は借りられる?手元に全くお金が無くても債務整理した方法

JUGEMテーマ:借金返済

 

多重債務に陥っていても、「費用がかかるから」という理由で債務整理を躊躇することってありますよね。

というか、ほとんどの方が費用の点でも引っかかっているのではないでしょうか?

「債務整理をしようにも、弁護士や司法書士に支払うお金が数十万単位で必要なので、依頼するのは無理だ」と決めつけていませんか?

いや、私もそうだったからわかります。

「今、借金返済で食べるのにも困っているのに、いくらのちのち借金が無くなるからって、数十万もとても用意できない」と思います。



弁護士事務所や司法書士事務所によっては、「着手金さえ少し支払ってくれれば、あとは分割で大丈夫」というところも少なくないのですが、どうしても敷居は高く感じてしまいます。

「どうしてもお金が借りたいのに借りられない時」でご紹介している公的資金である生活福祉資金貸付制度でも、実は債務整理費用を借りることはできます。

生活全般に困難を抱えている人という条件がありますが、その中の「一時生活再建費」に公共料金の立て替えや債務整理費用が含まれているのです。

生活福祉資金と言うと、どうしても生活費の貸付が頭に浮かびますが、それだけではないんですね。

実際に、どの程度の収入や支出があると「生活全般に困難を抱えている」という基準に当てはまるのか?については、各都道府県にある社会福祉協議会によって違ってくると思います。

また、担当者の方の判断によっても、当然差は出てくると思うので、「このくらいの収入ならOK」ということは言えないのですが、「借りられるかもしれない」と思うだけでも心強いのではないでしょうか?

スポンサーリンク

 


それと、以前から書いている「法テラス」で、債務整理費用を立て替えてもらうという方法もあります。

れっきとした公的機関なんですよ。

実際には、民事法律扶助制度を利用するということになるのですが、本人の収入によっては、債務整理費用そのものが安くなることもあります。

立て替えてもらった費用は分割で返すことになりますが、月々5,000円程度で済むことが多いです。(かかる債務整理費用によって違ってきます)

「法テラスってどこにあるの?」と言う方、あまり知られていないのですが、全国の主要都市には相談窓口があります。

ネットで検索すると出てきますので、結構近場で相談できますよ。

直接法テラスに行って債務整理の相談をすることもできますし、登録している弁護士や司法書士の事務所で相談した場合は、事務所を通して申請することもできます。

 

「弁護士や司法書士の探し方さえわからない」なんていう場合でも、まずは相談に行くという選択肢でも良いのではないでしょうか?

借金を抱えてもうどうしようもなくて、債務整理しようにも費用がない、なんていう場合、最悪の場合「夜逃げしかないか」と悲観的になってしまいますが、そうではないのです。

結局は、「借金をどうしかしよう」という強い気持ちが後押しすると思うんです。

もし、債務整理費用が用意できないという理由だけで迷っているのでしたら、こういった方法もあるんだ、ということを知れば、前を向くこともできますよね。

 



こんな記事も読まれています
lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理を体験して