スポンサーリンク
Home >> 不動産担保ローン >> 不動産担保ローンより家を売却する方が手っ取り早い?

不動産担保ローンより家を売却する方が手っ取り早い?

JUGEMテーマ:借金返済

 

債務整理をしてブラックと呼ばれるようになると、ローンは組めなくなります。

だとげ、いわゆる無担保のローンに関しては融資が受けられないけど、不動産担保ローンなら受けられるのでは?と思う方もいらっしゃるでしょう。

なにしろ大事な不動産を担保にするのですから、借りられて当たり前と思うかもしれませんが、実際のところはどうなんでしょうか?




答えは、不可能ではないけどかなり難しいのでは?というところ。

自分の持っている不動産がものすごく資産価値のあるものであれば、もしかしたら借りられるかもしれないということです。

ただ、ブラックと言っても、多重債務で借金滞納の末ブラック状態になっている人と、債務整理をして「個人信用情報」に事故履歴が付いてしまった人では、自ずと違ってきます。

債務整理をしてしまった場合は、どんなに資産価値のある不動産を所持していたとしても、信用情報を参照されてしまえば、即却下になるわけですから。

不動産担保ローンと言えども、いわゆる正規の金融業者が、個人信用情報機関の情報を参照しないでローンの契約をすることはほぼ考えられません。

となると、債務整理をした人については、利用できないと考える方が良いでしょう。

むしろ、「ブラックでも可」と大々的にうたっている金融業者などでは、最初から法外な利息で貸付をし、支払い困難にさせておいて不動産を取り上げるのが目的、なんていうところもあるということです。

多重債務になったり、債務整理をした後にまとまったお金が必要になった時に、「まだ家が残っていた」ということで、「これで何とかお金が借りられないだろうか?」と思うのはわかりますが、事を急いではやけどをします。

スポンサーリンク


それならば、債務整理の前に、自分で任意売却をした方が良い場合もあります。

お金を返せる具体的な根拠があれば良いのですが、「もしかしたら返せないかもしれない」というお気持ちなら、最初から手放してしまうことを考えた方が良いかもしれません。

特に、個人再生や任意整理などで、家を取られることだけは免れたということであれば、最後の資産をそうやすやすと手放すわけにはいかないですよね。

お金が必要なのにどこからも借りられない苦しさは、耐え難いものですが、もう一度よく考えてから結論を出すことが大切だと思います。

 

追伸:逆に不動産担保ローンを組んでいる人が任意整理をしようとすると、足かせになる可能性が高いです。

 

というのは、不動産担保ローンの場合、借りている人が滞納すれば、債権者は抵当権により競売にかける権利を持つことになります。

 

債権者にしてみれば、任意整理による話し合いに応じるよりも、家を売ってしまった方が貸付金を回収しやすいわけですから、他の債権者と違って、和解が成立する確率は低いでしょう。

 

ということは、多重債務の人が借金をまとめるために不動産担保ローンを選択する時には、「返せなくなった時のこと」まで考える必要がある、ということになりますね。



こんな記事も読まれています
lalaco257 | - | - | pookmark | category:不動産担保ローン