スポンサーリンク
Home >> 債務整理後の生活 >> 債務整理後の苦しい生活で公共料金滞納!水道が止められるのはいつ?

債務整理後の苦しい生活で公共料金滞納!水道が止められるのはいつ?

JUGEMテーマ:借金地獄

 

多重債務の時もそうですが、債務整理後も苦しい生活は続きます。

食費もろくに無いのも怖いけど、公共料金が支払えなくて、電気・ガス・水道がストップするのも相当困ります。

東日本大震災の時もそうでしたが、電気やガス、水道が普通に使える生活がどんなに恵まれていることなのか?身に沁みてわかりましたから。

前に、電気料金を滞納したら?またガス料金の場合は?ということを書きましたので、今日は水道料金について。

聞くところによると、人間にとって一番大事なのは水だから、水道料金滞納に関しては、電気・ガスよりは待ってくれる傾向にある、と言われています。

確かに水道が無い時代は川に水を汲みに行ったりしていましたが、今はその川でさえ汚染されていることが多く、濾過した状態で無いと飲めません。



生活していて、「水が出ない」というのは致命的な気もします。

ただ、水道をいつ止めるか?というのは各自治体によっても違ってくるのです。

たいていは、各自治体の水道局が管理しているからなんですね。

中には、民間業者が代行しているところもあるようですが。

一般的な流れとしては、

◯最初に水道局から納入通知書が送られてくる。

◯納入期限までに支払いが無いと、督促状が来る。

◯督促状の期限を10日過ぎても支払いが無いと、催告状が届くか、いきなり給水停止予告書が届く。

◯給水停止予告書に書かれた最終期限までに支払わなければ、水道を止められる

と、こんな感じになっているようです。

私も、さすがに催告状が届くまでは、滞納したことが無いのですが、督促状の期限日を10日ほど過ぎた日に納入したら、支払い窓口でいろいろと聞かれたことはあります。

つまり、「支払うつもりがあったのかどうか?」ということ。

問いただす感じではなく、そんなに威圧感は無かったのですが、「悪質な滞納者」かどうかの境目くらいの日にちだったのでしょう。

一瞬、水道を止められる?とドキッとしましたが、こちらが悪いのですから、丁重に謝って「支払うつもりだったが遅れてしまった」ことをわびました。

と同時に、それだけ滞納者が多いのか?ということにもびっくりしましたけどね。

スポンサーリンク

 


中には、「いつも延期の申し出をして、その期限ですら守らない人も居る」ということなので、常習者と判を押されてしまったら、少しの滞納でも水道を止められてしまうかもしれません。

そうではなくて、本当にお金に困っている場合は、水道局にその旨連絡すれば、2週間くらい延期してもらったり、未納分を分割払いにしてもらった、なんていうケースもあるということ。

どうしても支払えない場合は、相談してみるということですね。

特に、小さいお子さんが居たり、お年寄りの介護をされていたりなんていう場合には、普通の家庭よりも困ることになります。

(その場合は、生活福祉資金貸付制度を利用できないか?も同時に検討した方が良いでしょう)

支払えない」と思ったら、早めに相談するに限るということでしょうか。

で、万が一本当に水道を止められてしまった場合、滞納分の支払いをしてからどれくらいで開栓してもらえるのでしょうか?

東京都の場合、平日の午後5時までに全額支払えば即日に開栓してもらえるそうです。

他の地域では、平日の午前中なら午後から、とか、午後に支払った場合は翌営業日など、やはり自治体によってかなり違ってきます。

苦しい生活の中で、電気やガス、水道まで止められてしまったら?なんて考えるだけでも憂うつになりますが、まさかの時のために、知識だけでもあった方が良いのかもしれないですね。

 


lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理後の生活