スポンサーリンク
Home >> クレジットカードの審査 >> 破産した60代でもクレジットカードは作れる?大人の休日倶楽部ジパングカードは?

破産した60代でもクレジットカードは作れる?大人の休日倶楽部ジパングカードは?

JUGEMテーマ:借金返済


債務整理後のクレジットカード作りは難しくなるということは何度も書いているのですが、この間「元ブラックで60代ともなると、ほとんどクレジットカードは作れないよね」という話になりました。

なんでも、その方の親御さんが50代で自己破産され、ようやく免責から7年が経って個人信用情報から事故情報が消えたそうなのですが、すでに60代でこれからクレジットカードを取得するのは無理なのでは?と。

考えてみたら、私もそう遠い話ではないので、いろいろ調べてみました。

そもそも、ブラックじゃなくても、60歳以上になるとクレジットカードは作りにくいと言われています。

60代以上のクレジットカード取得

特に、最近はアンダー29歳が優遇されているということで、20代なら、今は所得が低くてもこれから長く使ってもらえる、という理由からか、審査に関しても比較的緩いのではないか?と言われるほどです。

実際の審査基準は、各クレジットカード会社でかなり違ってきますので、なんとも言えませんが、噂によると、ある都市銀行では、アルバイトだったとしても定収入さえあれば、25歳以下のクレジットカード発行率は高いということ。

高齢者社会なのに、色んな意味で高齢者は締め出されているのか?なんて思ってしまいます。

ただ、捨てる神あれば拾う神ありで、シルバー限定割引カードのようなものを発行しているところでは、60歳以上で、たとえ年金収入だけだとしても審査に受かる可能性は高いのです。

例えば、イオンカードとかセディナOMCなどは、門戸を広げていると言われています。

だからと言って、審査に受かりやすいかどうかはまた別問題ですが、少なくとも年齢だけではじかれるということは少ないでしょう。

言ってみれば、「これから何年利用してもらえるか?」という「顧客生涯価値」を重視するか、「どれだけ頻繁に利用してもらえるか?」を一番に考えるか?の違いだと思います。

スポンサードリンク

 


中には、ビューカードが発行している「大人の休日倶楽部ジパングカード」のような、65歳以上限定のクレジットカードもあります。

新幹線などの長距離チケットが最大30%も割引になるという利点がありますから、「退職後は旅行を楽しみたい」という方にとってはお得なカードと言えるでしょう。

年会費が4,285円、夫婦で会員になると7,320円ということですから、クレジットカードの年会費としてはお高いですが、年に何度か利用すれば、十分元は取れますね。

年をとっても、お金に余裕のある方、富裕層の方をターゲットにしたクレジットカードは、これからも登場するのかな?と思います。

だけど、先ほど書いた「自己破産を経験した60代以上」になると、やはり極端に取得が難しくなるというのが現状でしょう。

人数的には圧倒的に年金だけで年収200万円以下くらいの方々が多いかと思うので、高齢者向けのカードであれば、そういった方々が使いやすい方が良いのでは?と個人的には思いますが。

年会費はそこそこ高くても良いから、もう少しお年寄りにも使いやすいクレジットカードが登場してくれれば良いですね。

 


スポンサーリンク

lalaco257 | - | - | pookmark | category:クレジットカードの審査