スポンサーリンク
Home >> 自己破産のメリット・デメリット >> 自己破産したら家は競売にかけられる?任意売却する方法も

自己破産したら家は競売にかけられる?任意売却する方法も

JUGEMテーマ:借金地獄


自己破産で自宅を失う方も多いです。

また、債務整理するまでではなくても、住宅ローンが払えなくなった人は多いはず。

だって、お給料が30万円だった人が25万円に下がった場合、住宅ローンを月7万円位で組んでいたら、かなり苦しくなりますよね。

住宅を所有していると、ローンプラス固定資産税がありますから。

とても払いきれなくなるんですよね。

最近の不況で、今までのお給料だと充分に支払えていた住宅ローンが、支払えなくなった例もたくさんあります。

住宅ローンが払えなくなった

多重債務や、失業してしまった人なんかは、もっと大変だと思います。

そんな、住宅ローンが払えなくなった方のために、住宅を売却して、支払いに回すという考え方が任意売却なんです。

ちなみに、「自己破産」の場合は、「競売」と同じく売れたお金は債権者にそのまま分配されてしまいます。

ただ、「競売」よりは、外見上は通常の不動産売買ですから、精神的にもずっといいですよね。

知り合いが経験していますが、ほとんどは業者任せだったということです。

あまりにも売れないと、最終的に競売になるとは思いますが、割と早めに価格を下げたりするので、その間には決まることが多いようです。

スポンサードリンク


唯一の資産を失うことになりますが、こちらからアクションを起こさず、ローンを支払わないまま住み続けていると、「強制立ち退き」ということにもなりかねません。

早めに「任意売却」を取り扱っている業者に相談することをお勧めします。

また、債務整理中の方だと、債務整理を依頼している弁護士さんや司法書士の方から、任意売却を扱っている不動産業者を紹介してもらえることもあります。

いずれにしても、「ローンが返せない」状態のままで居るのはお勧めできませんので、早急にアクションを起こした方がいいですね。

また、自己破産の場合は、自動的に競売になってしまうと思っている方が多いようですが、そうではありません。

弁護士や司法書士の方に言えば、任意売却についても相談に乗ってくださいます。

どうせ失うのだからと投げやりになるよりは、後々のことを考えれば、任意売却を選択した方が、ずっと良いのです。


lalaco257 | - | - | pookmark | category:自己破産のメリット・デメリット