スポンサーリンク
Home >> 債務整理後の生活 >> 明日の生活費もないくらいお金に困ったら?闇金融が頭をよぎったら危険です

明日の生活費もないくらいお金に困ったら?闇金融が頭をよぎったら危険です

JUGEMテーマ:借金返済


債務整理をしてもお金を借りたい、というのは、許されることではないということはわかっています。

ただ・・・

債務整理をした直後は、本当にお金がないのです。

どのくらいないかというと、「明日の生活費もない」という状態が続きます。

明日の食べるものが買えないということは、公共料金やその他の支払い、家賃、税金などなど・・・すべての支払いに困るわけです。

明日食べるものも無い-債務整理体験談

唯一の利点は「借金を支払わなくても良いこと」なんですが、これも、任意整理などでは支払い義務が生じます。

まあ、実際には債務整理を依頼してから、決着が着くまでには数ヶ月の期間がありますので、この間に何とか生活の建て直しをしろ、ということなのですが・・・

数ヶ月前に生活すべてが破綻し、ゼロどころかマイナスからスタートしている状況で、なかなか前に進むことは難しいのです。

「とにかく、当座のお金だけでもどこかで借りられないか?」と最初はそんなことばかり考える日々でした。

ただ、多重債務の頃と比べれば、「借金の催促」というものすごく精神的にダメージを受けるプレッシャーから開放されたのは、本当に何物にも変えがたい気持ちになったものです。

とは言え、「明日の生活費がない」という状態は、本当に経験した人でないとわからないことです。

私の場合は、少しでも副業での収入があったので、なんとかなりましたが、あの時無収入だったらと思うとゾッとします。

債務整理をしてブラックになった方が「ブラックでもお金を借りる方法を教えてください」と言われるのも、よくわかります。

今思うと、あの状況でよく暮らしていたものだと、自分でも感心してしまいくらいですね。

さて、何度も書いていますが、現在ブラックでも借り入れができるところ、というのは、残念ながら一般の消費者金融などでは難しいでしょう。

スポンサードリンク

 


一昔前は、「ブラックの方ご相談ください」という、中小の消費者金融がいくつかあったはずなのですが・・・

この不況で、そのほとんどの会社がなりを潜めてしまったようです。

そうなると、「ブラックの方でも融資できます」というような金融会社は、「闇」である可能性が高くなります。

本当に切羽詰った状態だと、「最悪ヤミでも貸してくれれば」と思ってしまいますが、そこは耐えてください。

今の状態よりも、もっと悪い場所に連れて行かれることになりますから。

というわけで、こちらでは、やはりいろいろと問題も提議されていますが、生活福祉資金貸付制度のような公的資金の借り入れをお勧めしています。

また、求職者支援制度を上手に使う、という方法もありますね。

条件が合えば給付金も受けられますから。

とにかく、「一歩でも前に進む」という気持ちでいないと、精神的に参ってしまいます。

たまには「現実逃避」もしながら、真剣にお金と向き合うことしかないんですよね。

 


lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理後の生活