スポンサーリンク
Home >> 公共料金の滞納 >> 自己破産の債権者にNHKを入れれば滞納金も免除される?

自己破産の債権者にNHKを入れれば滞納金も免除される?

JUGEMテーマ:借金返済

 
債務整理しても、借金は無くなりますが税金は残ります、という話を書きましたが・・・

もうひとつ残るのが、NHK受信料の滞納金です。

NHK受信料に関しては、多重債務とか債務整理者でなくても、お金に困っていなくても滞納している方も多いことから、結構積極的に、「取りに」来られます。

まあ、NHK受信料に関しては、いろいろと言われていますからね。

実際にテレビはあっても観ていない家庭もありますし・・・

債務整理してもNHK受信料は支払う?
「テレビが無くても、ワンセグで観られる」とまで言われたら、もうアウトですけどね。

 

「観られるけど観てない」という証拠を出すのは、至難の業ですから。

 

それでもまあ、百歩譲って、「最初に受信料の契約をしたのだから、支払いの義務がある」と言われれば、仕方のないこと。

だけど、多重債務者にとって、また債務整理した後の生活に困っている状態の中で、なかなか「NHK受信料」まで支払えないのが本当のところです。

特に多重債務時代は、「明日食べる物も買えない」なんていう状態も続いていましたから、公共料金でさえ後回し、その次に税金・・・となると、とても受信料の入る枠はないのです。

せめて、税金と同じように、「低所得者は支払いを免除する」あるいは「減額する」という処置でもあれば良いのですが。

だいたい、お金が無くて食べるものも食べられない状態の時には「テレビどころではない」んですよ。

それでも「テレビを見ていない」とか「NHKは見てない」と言っても、「物理的に見られる状態にあるはず」と言われれば、証明する術もなく、ということ。

とにかく、今のところは、債務整理をしても自己破産をしても、HNK受信料の支払い義務は付いて回ります。

集金人の方が取りに来られますので、最低でも2か月分づつは支払っていかないと、ということになりますね。

まあ、「滞納しているお金を一括で支払え」というような無茶なことは、さすがに言われませんが・・・

唯一、債務整理後に滞納分の支払い義務が無くなるとすれば。

スポンサードリンク

 


それは、自己破産時に債権者の名前の中にNHKを入れること、だそうです。

弁護士の方がお答えになっていたので、確かだと思いますが、「そんなところまで考えが及ばない」という方が多いのでは?

債務整理で、特に自己破産だと、もう生活がむちゃくちゃになっていると思うんです。

もう、借金の返済日でさえ、あまりにもたくさんあって把握できていないとか。

公共料金も、支払わないと止まるから、あちこちからお金をかき集めて支払う感じですよね。

となると、すでにNHK受信料のことは頭から飛んでいて当然です。

だけど、たまると大きい金額になるので、頭の片隅にでも居れておいた方が良さそうですね。
 

追記:もちろん、免責の対象とするためには、正しい方法で裁判所に届け出る必要があり、認められなければなりません。

あくまでも、所定の手続きをした場合にのみ有効なのであって、「自己破産したらNHK受信料の滞納分も支払わなくても良い」ということにはならないのです。

 

それと、税金に関しては、どんなにお金に困っていようと、滞納分に関しては、支払い義務があるので、その辺は混同しないようにしてください。



lalaco257 | - | - | pookmark | category:公共料金の滞納