スポンサーリンク
Home >> 公共料金の滞納 >> お金が無くて公共料金を支払わないとどれくらいで止められる?

お金が無くて公共料金を支払わないとどれくらいで止められる?

JUGEMテーマ:借金返済

多重債務時代や債務整理直後の生活が苦しい時、公共料金もかなりの間滞納していたことがあります。

本当に、「衣・食・住」に加えて、電機、ガス、水道はライフラインを守るためにも必要不可欠なものなのですが、それすら支払えない状況にあったのです。

この中でも、衣に関しては、必要最低限の着るものがあれば、あとは我慢できるでしょう。

ただ、あとはそういうわけにはいかないですよね。

でも、生活費に困ってくると、家賃滞納、公共料金不払い、ということに陥ってくるのです。

どうしても食べないと生きていけませんから、買い物には行く。

買い物と言っても、「生命を維持していけるかどうか」のぎりぎりの食料しか買いに行けませんが、とにかく「食べる」が優先されます。

お金が無いので、小銭まで数えて、とにかく1円単位で計算してスーパーのかごに入れるというスリリングな買い物でしたが・・・



そうすると、公共料金や税金の支払いが滞ってしまう、ということに。

その中でも、電気は止められると辛いです。

 

ここからは実体験ですが・・・
 

1ヵ月滞納すると、その翌日位に、検針員の方が来て、「いついつまで払わないと、電気を止めますよ」という通知書を渡されます。

それが4,5日後。

あまり猶予が無いんですよ。

結構有無を言わせずです。

仕方のないことですが。

それでも支払わないと、やはり停められるんでしょうね。

水道に関しては、とにかく1ヶ月経つと督促状が来ます。

スポンサードリンク

 

 


それでも支払わないと、もう一度来ますが、その時点で何とか支払っているので、その後はわからないですね。

ただ、水道が一番命と直結しているので、他の公共料金よりは待ってくれるという噂はあります。

ガスに関しては、都市ガスはあまり融通は利かないでしょう。

プロパンガスについては、各会社によって、かなり対応が違ってきます。

最大で3ヵ月くらい待ってくれたことがありますが、その後まとめて支払うのはきついですからね。

結局は、何とかやりくりをしてでもきちんと支払う努力をするしかないでしょう。

本当は、公共料金すら支払えなくなったら、生活保護などに頼るしかないのですが、ギリギリまで何とかしようと思うんですよね。

生活福祉資金貸付制度の緊急貸付などもありますので、一度市役所に相談に行く方が良いかもしれません。

 



lalaco257 | - | - | pookmark | category:公共料金の滞納