スポンサーリンク
Home >> 債務整理後の生活 >> 債務整理してもNHK受信料の取立ては来ます。N国は守ってくれる?

債務整理してもNHK受信料の取立ては来ます。N国は守ってくれる?

JUGEMテーマ:借金返済

 

債務整理後でもと言いますが、債務整理はあくまでも借金についてだけですから、当然他の公共料金と同じように、滞納していれば「督促」は来ます。

 

だけど、生活に困って、「明日の食事もままならない」というのに、公共料金はともかく、どうしてNHK受信料を支払わなくてはならないの?と思っていたんです。

 

ただまあ、借金と同じように、こちらも「支払います」と一度契約したからには、ほとんどテレビを見ていなくても、支払う義務はあるのでしょう。

 

多重債務で困っている時には、NHKの受信料まで手が回るはずもなく、仕方なく滞納していました。

 

それでも、支払える時は支払っていたんですよ。

だから、滞納と言っても1万円足らずだったと記憶しています。

 

「そのうち電話がかかってくるかも」と思っていたら、いきなり「集金人」の人が訪問してきましたね。

 

NHK受信料集金人-債務整理体験談

 

その時は、本当に忙しくてテレビもほとんど観ていない状態でしたから、「観ていない」と告げると、「法律で決まっているから」ということを言われ、支払いましたけど。

 

実際、見てるか見てないか?がわかる装置でもあると良いのでは?と思ったり。

 

だけど、本当に生活に困っている世帯のところにも、「取立て」は来るんでしょうね。

 

「一度契約した人は支払う義務がある」ということはわかるのですが、「生活に困っていて、テレビを観るどころではない人」にまで支払いを要求するのはどうかと思います。

 

確かに、物言いは穏やかで「脅される」感じはなかったですが、玄関先で支払いの催促をされてしまうと、非常に困るということ。

 

スポンサードリンク

 

 

うちの場合は、溜まっていた金額が少ないこともあり、そんなにしょっちゅうご訪問ということにはなりませんでしたが、それでも、居留守を使った時なんて、「居るんでしょ!」と玄関をどんどん叩かれたことも。

 

ご近所からすれば、ほぼ「借金取りが来てる」と思われるでしょう。

 

多分、それを承知でしているのだと思いますけど。

 

根負けして払いましたけど、「本当に生活に困っている人」にとっては、かなりのプレッシャーになるはず。

 

特に、債務整理後に失業したりして、かなり生活に困窮している時には、はっきり言って「テレビどころではない」と思います。

ただ、玄関先でそんなことは言いたくないですから。

 

お金があって、テレビも観ているのに、「NHKは観ないから」と言う理由で支払わないのはどうかと思いますが、生活に困窮している人の対応については、もう少し考えてもらいたいですね。

 

東日本大震災の時には、さすがに数ヶ月の免除期間がありましたけど。

他の災害の時も適用されたのでしょうか?

 

NHK受信料を支払わなくて良い方法、なんていう情報もあるみたいですが、こんな情報も必要とされている、ということは、「支払いたくない」と考えている人は多いのでしょうか?

 

わが家では、今は結構見ているので、毎月(2ヶ月に一度?)きちんと支払っていますけどね。

 

あっ、債務整理時にNHKも債権者の中に入れると、滞納分の支払いを免れるようですので、これから債務整理を考えている方は、相談してみた方が良いかもしれません。

 

追記:最近、突如として現れた「NHKから国民を守る党」略してN国ですが、最初は「私達の思いを代弁してくれてる」と思ったんですよ。

 

だけど、代表の立花さんは、世間を騒がせているだけで、とても救世主のようには思えません。

 

まあ、私の場合は、NHK受信料の支払いから守ってくれればそれで良いので、もともと趣旨が違うのかな?というところですね。


lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理後の生活

Profile

Search

Entry

Category

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode