スポンサーリンク
Home >> パチンコ依存症と借金 >> 借金依存症とパチンコ依存症は似ているようで違う?

借金依存症とパチンコ依存症は似ているようで違う?

JUGEMテーマ:借金返済

 

パチンコ依存症については、債務整理と違って私自身がなったわけではないので体験談は語れませんが、身近な人の苦しむ姿は見ていました。

本当に、一度依存症になってしまうと、「我慢ができない」というようなことではなく、勝手に体が動いてしまうと言います。

 

例えば、仕事でどこかの駅に行ったとして、駅前にあるパチンコ店の前を通ると、意思とは関係なくすっと店内に入ってしまうとか。

 

そうなると、もう「遊び」では無くなり、店内に居る間もずっと苦しいんだということ。

 

パチンコ依存症-債務整理体験談

 

他のギャンブルやゲームもそうですが、一定のラインで止めておくということの難しさを感じます。

 

昨日のテレビで、「日本にもカジノができることが現実的になりつつある」ということを裏付けるようなことが紹介されていました。

 

これだけ不景気になると、やはり「裕福な外国人や日本人にお金を落としてもらう」という案が出てくるのでしょう。

 

それに対して、賛成や反対意見が出るのは当然のことだし、「ここまで来ているのか?」という気もしました。

 

一番懸念されているのが「依存症にならないか?」ということですが、こればっかりは、個人差もあるし何とも言えないですね。

 

ただ、掛けお金が大金になってしまう可能性が高いので、「損を取り戻すため」と意地になっているうちに依存症になることは、容易に想像できます。

と、少し話が脱線してしまいましたが・・・

 

このような依存症を治すためには、アルコールなどの依存症と同じで、適切な施設で改善するのがベストみたいです。

ただ、やはり、なかなかそこまではできないので、ほとんどが自分で治す努力をしますよね。

一番良いのは、「他に情熱を傾けられるものを持つこと」なんですが、「それが見つけられないから、ここまではまってしまった」ということなんですよ。

一度依存症になると、止めた時点で「抜け殻」のようになってしまうことがありますが、強い意思を持って、乗り越えなければなりません。

 

スポンサーリンク

 


借金も同じこと。

ギャンブル依存症ほど「病気」という認識がありませんが、やはり「借金体質」にはなっていますから。

 

いや、すでに病気になっているとも言えますけどね。

「もう止めよう」と思っても止められない、という病気ではないですが、「お金が足りない」と思ったら、一番最初に思いつくのが「お金を借りること」になってしまうのです。

これは、意識していなくても、多重債務にまでなった方はほとんどがそうでしょう。

抜け出すのはやはり容易ではありませんが、借金の場合は、「お金に余裕がある生活」になれば、借りる必要がありませんから、治るのも簡単なんです。

「お金持ちになるのが一番大変なんだ」と言ってしまえば、悩む必要も無いことなのですが、こちらも「それができないから悩んでいるんだ」ということに。

やはりそれも自分次第で、大金をつかむ夢を見るのも悪いことではないのですが、「自分がどうなりたいか?」と強く思うこと、そしてがむしゃらに頑張ることが大切なんですよね。

「貧乏のままで終わるのは嫌だ」と思いながらも、「仕事がキツイから」とすぐに辞めてしまい、結局はお金が無くて借金に頼ることになる、ということになるのも、借金依存症の症状なのです。

 

なんて、こちらはすべて経験済みなので、気持ちはよーく分かるのですが・・・



lalaco257 | - | - | pookmark | category:パチンコ依存症と借金