悪いことが続いたら宝くじに当選する?「億男」で3億当たった主人公は? | 債務整理体験談-500万円の借金を抱えた主婦の多重債務物語

債務整理体験代-500万の借金をかかえて
多重債務に陥っている方に。債務整理した体験談を交えながら、クレジットカードや債務整理全般、債務整理後の借り入れの方法などについて書いています。
悪いことが続いたら宝くじに当選する?「億男」で3億当たった主人公は? | 債務整理体験談-500万円の借金を抱えた主婦の多重債務物語 記事一覧

悪いことが続いたら宝くじに当選する?「億男」で3億当たった主人公は?

JUGEMテーマ:借金返済

 

「悪いことばかり続いたら?」と書きましたが、多重債務になることは、自分で借金をしてしまったわけで、誰のせいでもないのですが・・・

 

何かきっかけがあったはず。

 

私の場合は、自営の仕事がようやく軌道に乗ろうとしていた時に、取引先が倒産し、共倒れ的な感じで経営がうまくいかなくなったのですが・・・

 

考えてみたら、自分の力不足も去ることながら、その時はことごとく運が無かったな、とは思います。

 

大口の注文をドタキャンされたり、発注元の会社が地震の被害で営業困難になってしまったり、と。

 

あまりにも現金が少なくなってしまったので、止む無く夫婦で働きに出た会社が、社員の使い込みですぐにつぶれてしまったこともありました。

 

社員の使い込みで会社が倒産

 

仕方なくアルバイトを始めたのですが、体を壊して入院することになり、入院費はかさむは、精神的ダメージは大きいはで、ダブルパンチでしたね。

 

そう、悪いことは続くものなのです。

 

だけど、確かに任意整理をしてからは、結構平穏に暮らしているような気がします。

 

相変わらずお金は無いですけど、生活費に困ることは少なくなったし。

 

やっぱり、悪い時があれば良い時もある、人生山あり谷ありは本当なんですね。

 

そんな、人間のバイオリズムをうまく利用して、「悪いことが続いた後に宝くじを購入した」人の体験談を読んだのですが、私も夢見ている一発逆転している人がたくさんいらっしゃいました。

 

ただ、気になったのが「電車に乗り遅れたり、特売品が買えなかったりというちょっとした不運が続いていた」ということ。

 

うーん、確かに、雨の日に歩いていて車が通った時に雨水がかかった、すぐ後に、新しい靴のヒールが取れてしまったなんていうことがあれば、1日暗い気分にはなりますけど。

 

とにかく、この方は、あまりにも日常生活でツイてないことが多かったために、「そろそろ良いことがあるのでは?」と宝くじを購入したら、グリーンジャンボで1億5,000万円当選した、ということなんです。

 

スポンサーリンク

 

 

悪いことと良いことのバランスが取れてないだろう?という文句を言いたい方もいらっしゃるでしょう。

 

でも、そもそも宝くじって、「最近良いことが続くから運試しに買ってみよう」というケースが多い中、運が悪いと感じていたのに買ったというチャレンジ精神を見習いたいものです。

 

厄年で、いきなり激しい腰痛に襲われて胆石の手術をすることになった方が、退院するやいなや交通事故に巻き込まれて、もうちょっとで命の危険もあった、という経験をされた方が、「厄払いのつもりで」年末ジャンボ宝くじを購入。

 

そしたら、1等・前後賞合わせて3億円に見事当選!

 

「厄払いどころか、一生安泰です。」ということになった、というのも、やはり、「最悪の事態からなんとか抜け出そう」と思ったからですよね。

 

だからって、借金で悩んでいる人が宝くじを買っても、邪心が先に来てしまうので、当たらないことの方が多いかもしれませんが、「悪いことばかりでも諦めない気持ち」は持ち続けたいです。

 

何も、1億円当たらなくてもいいじゃないですか。(当たったほうがいいけど)

 

「悪いことのあとには良いことがある」と信じて、一生懸命日々の生活を続けていれば、少しは物事が好転しそうな気になるでしょう?

 

追記:映画「億男」が10月に公開されますが、佐藤健さんと高橋一生さん共演ということで、楽しみです。

原作も読みましたが、「宝くじで3億円当選した佐藤さんと、そのお金をなぜか持ち逃げしてしまう億万長者の友人・高橋一生さんの話」というだけで、とても興味をそそられます。

「お金と幸せ」がテーマなだけあって、原作だけでも、いろいろと考えさせられました。

特に、「宝くじに高額当選したら、借金を返してその後は好きな物を買うんだ!」なんて思っている私にとっては、「目を覚ましなさい」と頭から水をかけられたような衝撃を覚えました。

そんなことを考えているうちは、お金に縛られ、踊らされ、自分の意思もわからなくなって、絶望の淵を歩くことになるんだ、ということ。

お金が無いと生活できないけれど、お金でがんじがらめになってしまうと、本来の自分の生活を見失うことになるんですよね。

映画ではどう表現されるのか?公開が楽しみです。


こんな記事も読まれています
2018.08.10 Friday|-|-|-|-
Copyright © 悪いことが続いたら宝くじに当選する?「億男」で3億当たった主人公は? | 債務整理体験談-500万円の借金を抱えた主婦の多重債務物語 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます