スポンサーリンク
Home >> 任意整理の体験談など >> 任意整理のメリットは?デメリットもある?

任意整理のメリットは?デメリットもある?

JUGEMテーマ:借金返済

 

任意整理のメリットとしては、月々の支払金額が単純に減額されることです。

 

例えば、毎月12万円も支払っていたとすれば、債権者との和解後には4万円まで支払い金額を減らすことも可能なのです。

 

これは大きいですよ。

 

私も、多重債務時代は最大で20万円くらいの支払いがあったので、「人をひとり雇っているようなものだ」と頭を抱えていたのですから。

 

任意整理での支払いでは、利息分がカットされるので、多重債務の時に悩まされていた「払っても払っても元金が減らない」という呪縛から抜け出せるのです。

 

また、グレーゾーン金利廃止になる前の金利で借りていた場合、過払い請求の対象となりますから、うまく行けば、借金総額がグンと減ることになります。

 

借金金額が減って嬉しい-債務整理体験談

 

良いことばかりのような気がしますが、問題は、今まで何年もかけて返してきた借金を、基本3年で返していかなくてはならないこと。

 

以前も書いたように、私はラッキーなことが重なり、自己破産を免れてなんとか任意整理で完済できましたが、最初は「支払いし終えるのだろうか?」と心配でした。

 

借金総額が多かったので、弁護士さんからも、再三「自己破産にした方が良いのでは?」と言われていたくらい。

 

現に、支払いが辛くなる度に、「これから自己破産に変更すことは可能なのだろうか?」というようなことばかり考えていました。

 

とは言え、延長は最大5年くらいまで認めてもらえそうなので、万が一払えなくなっても融通は効くのですが、それも債権者の采配一つで変わってきます。

 

特に、消費者金融の場合、最近は経営が悪化しているケースも多く、貸し倒れに対する警戒も強いので、延長に同意してくれる可能性は低いでしょう。

 

逆に、信販系の会社だと、5年を超える分割払いの提案でも、応じてくれるところもあるようです。

 

あと、任意整理のメリットとして挙げたいのは、「整理する債権者を選べること」なんです。

 

私の場合も、「どうしても明日までにお金が必要」となった時に、快く増資してくれた消費者金融だけは、任意整理対象から外したかったので、ここだけでも自力で返済できて良かったと思っています。

 

スポンサーリンク

 

 

注意しなければならないことは、「不動産担保ローンを利用している場合の任意整理」です。

 

この時、不動産担保ローンを債権者一覧から外さなければ、多分、任意整理の話し合いに応じてくれることは無く、抵当権を駆使して競売にかけられるかもしれません。

 

そんなことをしたら、せっかく自己破産を避けて任意整理にしたのに、家や不動産を失ってしまうのです。

 

なので、不動産担保ローンの支払いは続けたまま任意整理する、ということになりますが、その分月々の支払金額も多くなってしまいますよね。

 

「これじゃあ、何のために任意整理したのやら」ということにもなりかねませんので、この場合は、自己破産もやむを得ないということになってしまうでしょう。

 

そういったことにならないためにも、不動産担保ローンを利用する場合には、「数年後も支払い続けられるのか?最悪の場合、家を取られるリスクがある」ということを、きちんと考えて上で契約することが大切です。

 

その他、任意整理のメリットとしては

 

○債権者との和解交渉や利息カットなどについては、すべて弁護士や司法書士が直接話し合いをしてくれるので、裁判所に出向く必要がない。

 

○ブラックリストに載るというか、信用情報には事故歴として載ってしまうので、ローンやクレジットカードの取得ができないのは他の債務整理と同じですが、完済後は審査に受かる可能性もある

 

○裁判所からの通知が届くことが無いので、家族に内緒で手続きしやすい

 

ということがあります。

 

どんな方法にもメリット、デメリットがあることを承知の上で、債務整理を検討することが望ましいということですね。



こんな記事も読まれています
lalaco257 | - | - | pookmark | category:任意整理の体験談など