JUGEMテーマ:クレジットカード

 

喪明け後だけでなく、キャッシングやクレジットカード審査で重要となるクレヒスとは?

 

クレヒスというのは、クレジットヒストリーというのはご存知ですね。

 

ヒストリーというくらいですから、長い間の金融に関する履歴が、ずらずらっと載っているものを想像するでしょう?

 

実際に、個人信用情報を見ると、より詳しく書かれているのですが、意外とシンプルなものです。

 

そもそも、どうしてキャッシングやクレジットカード審査にクレヒスが必要になるのか?というと、以下のような理由となります。

 

キャッシングやクレジットカードの契約というのは、顧客と金融機関との信用契約になります。

 

なので、両者の間には信頼関係を構築するための情報が必要になる、ということ。

 

平たく言えば、「自分は信頼できる人間です」ということを、お金を貸してもらう相手にわかってもらうための情報を提示するわけです。

 

金融機関に信用できる人かどうかわかってもらう

 

どういうものが信頼できるという判断基準になるかと言うと、顧客の住所や氏名などの属性情報や現在及び過去の金融商品の利用状況などの信用情報。

 

つまり、この信用情報の中にある支払い状況こそが、クレヒスなのです。

 

CICの場合、顧客の現在及び過去においてのクレジットカードやキャッシング、さらには各種ローンなどの金融商品利用代金の支払い状況が過去24ヶ月間に渡って登録されています。


自社及び他社での代金支払いが延滞無くスムーズに行われていれば、その方のクレヒスは良好なので、審査結果では有利になる可能性が高くなります。

 

逆に、延滞や遅延を繰り返していると、「異動」という文字が目立つようになり、審査にとっては、極めて不利な状況になってしまいます。

 

では、どうやって良好なクレヒスを積み上げれば良いのでしょうか?

 

キャッシング審査において、この良好なクレヒスを積み重ねるという事は、永遠のテーマにもなり得ることなので、「これが正解だ!」とはっきりはわからないのです。

 

だけど、金融機関から良好なクレヒス=現在及び過去において延滞無く支払っている=優良な顧客とみなされたいですよね。

 

特に喪明け後のクレヒスは、積み上げるのにも時間がかかるので、「なるべく早くクレヒスを積み上げる方法を知りたい」と思うでしょう。

 

ただ単純に、良好なクレヒス=延滞の無い支払い情報と思ってもらって良いのですが、なかなかローンやクレジットカードの審査に受からない状態の喪明け後に、クレヒスを積み上げるのは相当な努力が必要になります。

 

身近なあれでもクレヒスが貯まるのは知ってますか?

 

基本的に、クレヒスは金融商品の利用代金を毎月延滞無く支払っていれば自然と貯まりますが、まだクレジットカードやローン審査にに受からない場合、積み上げようが無いと思うでしょう。

 

実は一般的には金融商品と呼ばれていない、身近なあれの代金支払いでもクレヒスが貯まるんです。

 

引っ張ってもしょうがないので書きますが、携帯電話本体代金の分割支払い分になります。

 

携帯電話というか、スマホですね。

 

携帯電話時代なら、本体価格0円というのもあったけど、iPhoneをはじめとするスマホは、本体の代金も高くなってきていますので、とても一括で支払い事が難しいのではないでしょうか?


そこで、各携帯電話会社では、携帯電話の普及のために携帯電話本体の代金の分割払いを行うようになったのですが、スマホになってからは、ある程度高額な機種の場合は、分割払いが主流になっていますよね。

 

この分割払いが通常の金融商品分割払いと同等の扱いになっているということなんです。

 

スポンサーリンク

 

 

私たちが普段何気なくスマホ本体の分割払いを契約して、毎月支払っている本体代金の支払い状況が個人信用情報機関の信用情報にも登録されています。

 

各携帯電話会社では、支払い状況を信用情報に登録するために個人信用情報機関に加盟しているのですから。

 

だから、クレジットカードやローン審査に受からない人でも、携帯電話会社のスマホ本体価格のローン審査にには受かるという可能性が高いので、契約できた場合は、滞りなく支払いをしましょう、という話です。

 

携帯電話やスマホの本体代金の支払いと言っても、月々の利用料金と一緒に引き落とされることが多いため、ローン契約を結んでいる事自体はっきりしない、と思う方もいらっしゃるでしょうが、延滞情報はしっかり信用情報に登録されます。

 

毎月延滞無く支払う事が重要になり、その結果良好なクレヒスを積み上げることになるのです。


中には、携帯電話本体代金による支払状況を、クレヒスと認めていない金融機関もあるので、「携帯電話料金さえきちんと支払っていれば良い」ということでは無いのですが、認めている金融機関の方が多いのは確かです。

 

本当は、クレヒスうんぬん関係無くても、携帯電話の支払いはきちんと滞納すること無く行うのは、当たり前のことなのですが、他のローン支払いよりも軽く見てしまいがちになる、という傾向はあります。

 

携帯電話料金を滞納したら、そこの携帯電話会社と二度と契約ができなくなるという話はよく聞きますが、その上に、クレヒスにも傷がつくとなれば、もう安易に支払いを遅らせたりすることはできないですよね。