スポンサーリンク
Home >> 多重債務でも稼ぐ! >> お金をすぐに作る方法は実は簡単だった?
Page: 2/32  << >>

お金をすぐに作る方法は実は簡単だった?

JUGEMテーマ:借金返済

 

気がつけばお金のことばかり考えてしまうのは、私だけではないはず。


「未曾有」と言われていた東日本大震災の後も、災害は後を絶たず、先日は新潟・山形で震度6以上の地震があったばかり、その他にも台風や大雨による洪水の被害など、立て続けに起こっていますよね。

 

ただでさえ不況なのに。

 

被災地の心配をしつつも、やはり考えるのは「どうやってお金の工面をしようか?」ということ。

お金の問題と言えば....

多重債務に陥ると、お金の有り難味は痛いほどわかりますが、反面「お金に見放されているではないか?」という気持になってしまうこともしばしばあります。

 

お金がない!-債務整理体験談

「金は天下の回り物」と言いますが、多重債務や債務整理を経験した人にとっては、「全く回ってこないじゃないか」と思うでしょう。

私もそうでした。

多重債務で、あまりにもお金がない日々が続くと、完全に諦めモードになっていましたね。

「お金って一部の金持ちの間で回っていて、庶民のところには絶対に来ないもんなんだ」と。

ある意味当たっているのかもしれませんが、だからと言って「じゃあ、貧乏人は努力するだけ損」なんていう考えを持ってしまっては、自滅への道まっしぐらです。


スポンサーリンク

 

 


多額の借金を抱えると、どうしても「一攫千金」を、しかも「すぐになんとかしたい」とあせるので、結局は何をやってもダメということになってしまいます。

これも、経験済みなのでわかるのですが、宝くじを買っては当たらずため息をついたり、「誰でも即金で儲かる方法」なんていう怪しい商材に手を出したり・・・

やっぱりそんなことで大金を手にすることは難しいんですよね。

当たり前ですが・・・

宝くじを購入すること自体は、無駄だとは思いません。

当選発表までの「夢」を買ったと思えば。

だけど、多重債務で明日食べる物もないのに、有り金はたいて宝くじを購入したり、怪しい情報に手を出したりするのはおすすめできません。

やはり、こういった切羽詰った時だからこそ、「コツコツ」と少しづつでもお金を増やしていく方法が、最終的には良いということが言えるでしょう。

以前から書いているように、「すぐにお金を作る方法」として、不用品やタダ同然で手に入るものをオークションなどで売って現金に換える、という方法があります。

「こんなものが」というような意外なものにまで、ちゃんと値段がついて落札されていますので、まずは出品してみてはいかがでしょうか?

一例として、山で取れる葉っぱで事業を起こして、成功した話もありますよね。

また、即金ではありませんが、アフィリエイトで稼ぐ方法もあります。

すぐに大金を稼げるほど甘い物ではないですが、コツコツ続けていけば、生活費の足しになる位は稼げるようになるでしょう。



そして、一番大事なことは、「ひとつでもいいから、技術を身につけること」

これは、何も専門的なことじゃなくてもいいんです。

私の場合は、パソコンの必要最低限の知識、ホームページ制作方法、ライティング力など学んで、少しは副業で稼げるようになりました。

まだまだこれからですが、その副業での収入があったからこそ、債務整理直後の失業生活を乗り切れたんだと思います。

ブラックでも即金でお金を稼ぐ方法

 

それに、技術を身に付けておけば、ココナラやランサーズなどで、自分のスキルを売ることだってできるのです。

 

物を売るのは限界があるけれど、技術は、磨けば磨くほど収入がアップしますから。

 

結局は、努力するしか無いんですよね。


lalaco257 | - | - | pookmark | category:多重債務でも稼ぐ!
Home >> 多重債務でも稼ぐ! >> 宝くじで借金全額返済!一発逆転人生は狙える?

宝くじで借金全額返済!一発逆転人生は狙える?

JUGEMテーマ:借金地獄

 

「ドリームジャンボ宝くじ」のCMで、佐藤健さんが鶴瓶師匠に「師匠も宝くじ買うんですね」と言われて、今までニヤニヤ宝くじを眺めていた師匠が、急に真顔になって「買わないという選択肢は無いやろ」というシーンが好きなんですよ。

 

誰だってお金は欲しいし、どんなに稼いでいる方でも、宝くじの高額当選は嬉しいのでは?と思うんです。

 

多重債務になると、その欲が急に露骨になってきますけど。

 

借金地獄に陥っていると、正直お金の価値もあやふやになりがちで、大金を手に入れることを夢見るようになります。

いや、みんながみんなそうではないですけどね。

一度失敗したからこそ、今度こそ地道に頑張ろう!」と思う方も多いては思うのですが。

ただ、宝くじで高額当選する確率は恐ろしく低いわけですから、結論から言うと、「借金苦の人が、今すぐに大金が必要なので宝くじを買う」というのは、しちゃいけないことと言えるでしょう。

多重債務に陥っている時や債務整理後のお金のない時期に、宝くじを買うことで、残り少ない大切な資金を失うことになるのですから。

それでも、「人生は一か八か。買わないで後悔するよりは買ってから後悔しよう」なんていう方もいらっしゃいますよね。

宝くじ売り場-債務整理体験談

それに、不思議なもので、「当たるわけ無い」と思いながらも、宝くじを黄色いお財布に入れて神棚に飾っておくだけで、何の保証もないくせに、なんとなく守られているような気分になるものです。

借金まみれで気持ちが荒んでいる時に「夢を見る」という心の余裕を与えるくれる、と考えれば、悪くないのかもしれません。

借金苦からうつ病にまでなってしまう人のことを考えたら、それだけで落ち着くのなら良いですよね。

それだけに頼ってしまうのではなく、宝くじを心のよりどこにして仕事を頑張ることができるのなら、という但し書き付きで賛成します。

海外の話ですが、従業員を数名抱えた町工場が倒産の危機に瀕し、数百万作らないとつぶれてしまう、という状況に追い込まれた社長さんが、失意の底でなんとなくひらめいた数字があったそうです。

もう、何かにすがるように、また神様に導かれるようにロト売り場に。

結果、1,000万円の当選金を見事手に入れた、という話があります。

スポンサードリンク

 


ニュース記事で見たので、実際に会った話なのですが、こんなこともあるんですね。

ただ、この社長さん、従業員のことを大切にしていて、工場が潰れたら従業員が路頭に迷うことを、我が身よりも心配していたということ。

「日頃の行いが大事」と言いますが、こういった人だからこそ、運命の女神も微笑んだのでしょうね。

ロトと言えば、通常の宝くじよりはロト系の方が当選確率は高いそうです。

しかも、海外のロトと言えば、当選金額が日本とは桁違いですから。

かといって、海外の宝くじを購入しよう!と息巻いてもダメですよ。

たまーに、「海外の宝くじを購入しませんか?」なんてDMが来ることがありますが(ウチにも何度か来ました)、日本で買う行為は禁じられています。

現地で買うのなら良いのですが、多重債務や債務整理後の生活で、海外に行く余裕なんてありませんよね。

それに、万が一当選しても、当選金は日本に持ち帰れないことがほとんどなので、現地で生活するしか無い、なんていうことになってしまいます。

となると、ロト系の宝くじで少額当選を狙いつつまじめにコツコツ働く、というのが一番だということですね。

 


lalaco257 | - | - | pookmark | category:多重債務でも稼ぐ!
Home >> 多重債務でも稼ぐ! >> 多重債務でも手っ取り早く稼ぐ方法は?タイの事件から学ぶ

多重債務でも手っ取り早く稼ぐ方法は?タイの事件から学ぶ

JUGEMテーマ:借金返済
 

タイで詐欺を働いていたとされる日本人15人が逮捕された事件で、容疑者のほとんどが多重債務者だったそうです。

 

お金を借りた弱みにつけ込んで、強制的に労働させられていたのかもしれません。

 

理由はどうであれ同情の余地はありませんが、このように、多重債務者が犯罪に巻き込まれることも少なくないのです。

 

手っ取り早く稼ぐ方法」は、多重債務者じゃなくてもほとんどの方が知りたいことでしょう。

それでも、特にお金に困っていなければ、「怪しい雰囲気」を察知して、手を出すことはためらいます。

多重債務に陥っていると、「目の前のお金」にしか興味がなくなってきますから、「手っ取り早く稼ぐ方法」と言われると、すぐにでも飛びつきたくなるものです。

なぜなら、常に「借金返済」が頭の中にあるから。

お金のことで頭がいっぱい

余分なお金があって、生活費以外に借金返済に回せるのなら苦労はないのですが、もともとそんな状況の人が借金をしませんよね。

開き直るわけではないですが、お金が無いから借金するんですから。

だけど、考えてみてください。

「お金が無いのに借金をしたら、借金の返済分、今よりももっと生活が辛くなる」んですよ。

私もそうですが、多重債務になると、このことから目をそむけてしまうのです。

多重債務者にとっては、「目の前のお金」がすべてですから、来月以降の借金返済額が増えることについては、「その時に考えれば良い」と言う風な勝手な思い込みがあります。

ものすごく刹那的になるかと思えば、「明日は明日の風が吹く」いうような、楽天的と言うか「投げやり」とでも言うべき状況。

この時点で、金銭感覚が別の意味でマヒしてしまう、と言っていいでしょう。

そうなると、「手っ取り早くお金を稼ぎたい」という気持が強くなるんですね。

多重債務時代の自分のことを考えてみてもよくわかることなのですが、やはり「手っ取り早く」などと考えているうちは、「お金の神様」は舞い降りてきません。

「手っ取り早くお金を稼ぐ方法」はないわけではないですが、やはり「その場しのぎ」のような方法がほとんどです。

あせって何も考えないで始めれば、すぐに稼げなくなってしまうでしょう。

スポンサードリンク



○とにかく自分に何が合っているのか?

○借金を抱えるようになった過程を振り返ってみる。

○今後どうなりたいのか?

というようなことを、まず考えてください。

「そんな悠長なことはやっていられない」と言われるのは百も承知ですが、多重債務で身動きが取れなくなっている今だからこそ、やらなければいけないことだと思います。

私もそうでしたが、多重債務になると、自分が借り入れをしているすべての金融機関と借り入れ金額、それに利息を書き出すという作業だけでも、傷口をえぐられるような痛みを感じるものです。

ただ、その作業をしないと、一歩も前に進めないのも事実です。

その後、債務整理をするにしても、おまとめローンで借金をまとめるにしても、十分に考えて行動する必要があります。

 

とにかく、「借金から逃れたい」とばかりに、安易に選択してしまうと、「こんなはずではなかった」ということになるのですから。

 

借金と真摯に向き合った上で、自分にとって一番良い方法は?と考えることが大切です。


lalaco257 | - | - | pookmark | category:多重債務でも稼ぐ!

Profile

Search

Entry

Category

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode