スポンサーリンク
Home >> こんな消費者金融は危ない >> ブラックでも即金で借りられるは信用できる?悪徳業者の見分け方
Page: 2/23  << >>

ブラックでも即金で借りられるは信用できる?悪徳業者の見分け方

JUGEMテーマ:借金返済

世の中不況で、何となく宙ぶらりんで先の見えない時期。

みんなが不安な気持ちの中、多重債務や債務整理後の生活苦を抱えている方は余計不安ですよね。

どうしてもお金の工面に困り「ブラックでも即金で借りられる」ところに走ってしまうのもわかります。

だけど、実際にあるのでしょうか?

とにかく、信用できる情報は少ないです。

多重債務時代や債務整理中に、よく「ブラックでもお金を貸してくれるところ」をネットで探し回っていました。



そうすると、たいていは同じような名前の消費者金融が書かれていることに気が付きます。

「ここはブラックでも自己破産者でも貸してくれますよ」という記事を読むと、数社借りられそうな消費者金融の名前が書いてあるのですが・・・

だいたい似たようなところを紹介していたりします。

すべての金融業者が悪徳というわけではないのですが、やはり中には問題があるような業者も含まていることもあります。

だいたい「ブラックでも借りられる金融業者」ということを大々的に掲げているような業者は、最初から怪しいと思った方が良いでしょう。

 

ネットで調べただけでも、闇金業者とおぼしき金融業者は、口コミでわかりますので、徹底的に調べてみた方がいいですよ。

ただ、今は本当に金融業者自体も苦しく、「お金を貸したくても貸せない」状況なわけです。

消費者金融だと「世帯収入の1/3までしかお金を貸してはいけない」という総量規制も重くのしかかってきますから。

そういった背景もあって、あまり表立って「ブラックでも貸しますよ」とは言わないけれど、属性が良ければ貸さないこともないですよ、というところも結構あるとか。

スポンサードリンク



一昔前のグレーゾーン金利が横行していた時には、「借金で首が回らなくなった多重債務者よりも、借金がなくなったブラックの方が返してくれる可能性が高い」ということで、結構貸してくれる業者も多かったのです。

そこまでではないけれど、ちょっとその時に戻ったような動きもあると聞いています。

その代わり、審査は銀行並みに厳しく、保証人も立てた上で保証金も要求する。

その上、貸してくれる金額は10万円以下の少額。

と、こんな感じの消費者金融が多いようです。

保証金と言えば、悪徳業者の手口の中でも一番多いものですから、「どこがどう違うのか?」わかりにくいところです。

今は悪徳業者と正規の金融業者との見極めが、一番難しい時期でもあると言えるでしょう。

悪徳業者の手口としては、最初はものすごく低い金利を提示しておいて、実際の契約時になると、法外な金利をふっかけてくるということがあります。

中には1週間か10日の間に30%から50%もの利息をふっかけてくるとか。

これは、まさしく闇金融の手口ですよね。

そうならないためにも、契約書にはしっかりと目を通すことが必要です。

最初から契約書なんてない、というところはもっての他。

そんなところで借りては絶対にいけません。

あとは、連絡先が携帯電話であるとか、返済時の振込口座が個人名であるとか。

いろいろありますが、結局は「悪徳との区別が付きにくい」ことには違いがないのです。

だから、よっぽど生死に関わるくらいお金に困っている時でないと、利用するのは止めておいた方が良いでしょう。

自分でお金を作る方法もありますしね。

すぐにお金を作る方法

lalaco257 | - | - | pookmark | category:こんな消費者金融は危ない
Home >> こんな消費者金融は危ない >> 無審査で即日お金が借りられるところは?

無審査で即日お金が借りられるところは?

JUGEMテーマ:借金地獄

 

無審査で即日お金を借りられるキャッシング会社を紹介してください。」という質問というかお願い?を見つけました。

 

さあ、みなさんならなんと答えますか?

 

一般的な常識をある方なら「そんなところは無いから、きちんと審査を受けてお金を借りてください」と言うでしょう。

 

中には、「甘えるな」という方も居るかもしれません。

 

だけど、その質問に答える形で、「私のところなら、過去に滞納履歴があるなどブラックの方でも無審査で借りられますよ。」と書いて、しっかりと金融業者とおぼしきURLまで記載されていました。

 

クリックはしませんでしたが、うーん怪しい!

 

無審査で貸す怪しい金融業者からは借りないで!

 

しかも、「私の紹介ということがわかるように、下のコードを入力してください。」とまで。

 

これはもう、闇金融など、非正規の金融業者からお金借りさせて、そこからがっぽりと紹介料をもらうつもりです。

 

つまり、ちゃんとした金融業者からお金を借りるつもりで、悪徳業者から借り入れをしていた、というパターンでしょう。

 

気がついたときにはもう遅く、アリ地獄にはまってしまう恐れが十分にあります。

 

スポンサーリンク

 

 

ただ、ネットで「無審査 即日キャッシング」なんて検索すると、「ここなら借りられます」という情報が、ちらほら出てくるのも事実なので、「なーんだ、借りられるんじゃない。」なんて、うっかり信じてしまいそうになるのです。

 

よく考えればわかることなのですが、ちゃんとした大手の消費者金融や信販会社が、無審査でお金を貸すなんていうことは無い、と言い切れます。

 

お金のやり取りをするのに、貸す相手の信用情報を何も知らずに、いきなり現金を渡すことって考えられますか?

 

よっぽどお金が有り余っていて、どこか適切なところで使ってほしいと思っている人が居たとしても、見ず知らずの個人にはあげないでしょう。

 

お金に困っている方々を支援する団体や児童保護施設などに寄付するはずです。

 

となると、「無審査で」とうたってお金を貸すところは、貸したお金以上の見返りを要求する=闇金融と思って良いです。

 

審査に受かるかどうか心配な方というのは、滞納を繰り返していたり、過去に自己破産など債務整理をしてブラックになってしまったのでは?と考えられるので、そういう人の足元を見て商売をしている、ということ。

 

無審査である代わりに、最初からバカ高い金利を突きつけ、なんとか返しても、その後もどんどん返済金額が増えるような仕掛けが待っているのです。

 

返済できないとなると、執拗な取立て電話がかかってくることも。

 

今は、家に押しかけて嫌がらせをするような、あからさまな取り立てはあまり無いようですが、知り合いや親戚にまで、しつこく電話がかかってくる、というのはよく聞きます。

 

くれぐれも、「無審査」という言葉だけを鵜呑みにして、申込みをしてしまわないようにしましょう。

 

債務整理をしてブラックになっていたとしても、きちんと審査を受ければ、お金を借りられないことも無いのです。

 

ここにも、また、悪徳業者を選別する必要はありますが、中小の消費者金融なら、少額であれば、審査次第でお金を貸してくれることはあります。

 

特に、信用履歴にキズは付いているけど、現在は収入もそこそこ安定している場合、返済能力があると判断されれば、融資が受けられる可能性は高いです。

 

とは言え、一度お金で失敗しているわけですから、安易な借り入れは止めておきましょう。

 

「今絶対に必要なお金か?」「お金を作る方法は無いか?」ということを、もう一度自分に問いかけてみてください。


lalaco257 | - | - | pookmark | category:こんな消費者金融は危ない
Home >> こんな消費者金融は危ない >> 自己破産予備軍をターゲットにした悪徳業者に注意!

自己破産予備軍をターゲットにした悪徳業者に注意!

JUGEMテーマ:借金返済

 

多重債務になると、「少しでも早く借金を返済したい」「こんな生活から早く抜け出したい」と焦る気持ちが先に立ち、判断力が鈍ってしまいます。

 

自己破産予備軍としても、もっとも気をつけなければならない時期でしょう。

 

特に用心しなければならないのが、「あと数日で支払日が来るけど払えない。どうしよう?」と言う時。

 

「多重債務になってるんだから、借金返済日に払えないのは日常茶飯事でしょ。」なんてゆうゆうと構えてられる人は良いのですが、たいていの人は、わかっていても「どうしよう?」と悩むのです。

 

私の場合は、まだ消費者金融の審査が甘かった頃で、増額も、電話で申し込めば、簡単な審査だけで受かったこともあったので、「ここは貸してくれそう」というところに、片っ端から当たっていました。

 

返済日前になると、家族に気づかれないよう、外に出て携帯からかけていましたね。

 

外に出て借金の電話-債務整理体験談

 

寒い日なんて、どこかのお店に入るとお金もかかるし、他人にも聞かれてしまうので、田んぼの裏の目立たないくぼみを見つけて、寒さに震えながらよく電話したものです。

 

すぐに返事をくれる場合は良いのですが、たいていは30分以上は待たされるので、一度家に帰って出直すか、そのまま待っていましたが、とても長い時間に感じられたものです。

 

多重債務生活も長くなると、本当にどこからも相手にされなくなり、「もうここで貸してくれなかったらアウトだ。」と祈るような気持ちで電話をかけたのですが、さすがにそこも断られた時には、最悪のことまで考えてしまいました。

 

そんな時です。「◯◯金融です。20万円なら貸せますよ。」という電話が携帯にかかってきたのは。

 

私名義でキャッシングの申し込みをした時に、携帯電話で登録していたので、そこから情報が漏れたのかもしれません。

 

ただ、その時は、そんなことを考える余裕もなく、「お金を貸してくれるところがある」ということで、少し安心した気持ちになってしまったんですよね。

 

いつもなら、「怪しいな」とすぐに断るのに、話を聞いてしまいました。

 

スポンサーリンク

 

 

すると、「保証人を立てられるのならうちで貸しますが、立てられないのならいいところを紹介しますよ」と。

 

「今日から10日間はキャンペーン中で利息が◯◯%になります。ただし、保証金として借入金額の10%を先に振り込んでください。」ということ。

 

「何のキャンペーン?変じゃない?」と思いながらも、何となく期限を切られたら、すぐに決めなきゃいけない気持ちになってしまったのですが、こういう時こそ落ち着こう、と「一度考えさせてください」と答えて電話を切りました。

 

借金の返済日は近づいてくるし、それとは別に自営業の支払期限も迫っている時なので、喉から手が出るほどお金が欲しい時期でしたが・・・

 

会社から帰って来た夫に話をすると、「最近流行りの紹介屋じゃないか?」と言うのです。

 

「保証金を振り込んでしまうと、そのお金は紹介料としてその金融業者のふところに入り、多分闇金融からお金を借りさせられることになるんだ。」と。

 

ちょうど、社内で、そんなことが話題になってした時期だったのが幸いし、この典型的な詐欺にひっかかることは無かったのですが・・・

 

私ひとりの判断では、もしかしたら借りていたのかもと思うと、今でも背筋がゾッとするほど。

 

多重債務者ほど、悪の魔の手に落ちやすい人たちは居ないと判断されるのか、他にも整理屋、買取屋など、さまざまな方法で騙される人たちが後を絶たないようです。

 

ただでさえ、借金返済で心身ともにボロボロになっているというのに、ひどい話ですが、もともとは自分で撒いた種ですから。

 

多重債務者に近づいてくるのは、全て悪徳業者と思ったほうが良いでしょう。


lalaco257 | - | - | pookmark | category:こんな消費者金融は危ない