スポンサーリンク
Home >> こんな消費者金融は危ない >> 危ない金融業者に引っかかりそうになった体験談
Page: 2/22  << >>

危ない金融業者に引っかかりそうになった体験談

JUGEMテーマ:借金地獄

 

借金生活は辛いです。

いや、元は自分が巻いた種、何とかしなきゃいけないのはわかっているのです。

それでも、体と脳は逆の動きをするのか?

頭でわかっていても、体が自然と楽な方に動いてしまうのです。

例えば、「もうあと10万必要」という時、徹夜仕事のアルバイトを3件くらい掛け持ちすればなんとかなると思っても、結局はお金を借りるという選択肢をとってしまいます。

まあ、私のようにもともと病弱などの理由で、ハードな仕事はできないということもありますけどね。

女性なら夜の仕事というところでしょうが、それも向き不向きがありますから。

ということで、借金を返すためにまた借金を重ねる生活が普通になってくるのです。

人間って、どんなに危ない状況でも、日々同じことを繰り返していると、「大丈夫」という何の保証もない自信が生まれてくるもの。

いや、惰性とも言うべきなのかな?

毎日お金が足りなくて、借金返済期日にはあちこち駈けずり回ってお金をかき集める、または新たな借入先を見つけて借金をする、という他からみると異常な状態が日常になるのです。

ある意味狂った毎日とも言えるでしょう。



確かに、借金のことを考えると気が狂いそうになるのですが、ある意味お金を借りることに麻痺していますから、端から思われるよりは普通に生活していたり。

考えてみたら、借金生活でもうどうにもならないのに、その生活が当たり前になるということ自体、末期症状だったのです。

で、ある日「もうどこからもお金が借りられなくなった」時、かかってきた一本の電話。

これこそが、紹介屋と言われる金融業者からでした。

今キャンペーン中で50万くらいならすぐにでもお貸ししますよ」という。

当初は「渡りに船」と飛びついたのですが、なんとなくおかしい。

それでもとにかく審査だけでも、という言葉に背中を押されるように、必要書類を用意しました。

結果は「残念ながら当社の審査基準にお客様の条件が合わなかったので、当社ではお貸しすることはできません。だけど、当社と懇意にしている金融業者での借り入れはできると思います。」という返事。

がっかりでした。

スポンサードリンク

 


最初は怪しいし、ヤミ金融なのではないか?

借りていいものか?なんてものすごく疑っていたのに、「審査に落ちた」と言われた時点で、「どうしてもお金を借りたい」という気持ちに変わっていたのです。

不思議なもんですね。

 

今考えれば、紹介屋の戦略にハマってしまったのでしょう。

で、その時点で「どうしてもお金を借りたい」という気持ちになっていますから、さらに怪しい金融業者を紹介すると言われても、警戒心は当初ほど無かったような気がします。

それで、つい「お願いします」と言ってしまったのですが、結局保証人を立てるところで、お願いする人が見つからず断念しました。

向こうは、「定年退職した親御さんでも大丈夫ですよ」なんて半ば強引に契約させようとしましたけど、さすがにそれだけはできません。

 

人としてしてはいけないことなのです。

後で冷静になって考えると、紹介屋というシステムで、自分のところで貸せない相手だと判断すると、紹介料を取ってヤミ金融に客を紹介する手口そのものでした。

その後顧客がどうなろうが知ったこっちゃない、ということですね。

すんでのところで借りなかったのですが、本当に危ないところでした。

 

「あの時、保証人になってくれる人が見つからなくて良かった」と後になって断ってくれた方に感謝したものです。

 

保証人を立てて借りてしまっていたら、その方も巻き添えにしてしまったのですから。

 

温情を踏みにじることになり、それこそ二度と立ち直れないほど後悔することになるでしょう。

こんな感じで、悪徳業者は多重債務者の心理までついてきます。

研究していると言っても過言ではないと思います。

甘い言葉にはくれぐれも用心してくださいね。

ここまで来てしまったら、債務整理を考える潮時なのかもしれません。

 



スポンサーリンク
lalaco257 | - | - | pookmark | category:こんな消費者金融は危ない
Home >> こんな消費者金融は危ない >> ブラックでも借りられるという街金を利用した人の体験談

ブラックでも借りられるという街金を利用した人の体験談

JUGEMテーマ:借金地獄

 

ブラックでも作れるクレジットカード」とか「債務整理後に借りられる消費者金融」について調べている方が、やはりとても多くなってきています。

 

多分、今までの「性懲りもなく借りる」というようなことより、本当に生活に困ってという方が増えているのだと思います。

 

それが証拠に「なんとかして」とか「借りられないものか」とかという言葉を使っている方が目立つんですよ。

 

私も稼いでだお金がほとんど借金の返済に消えてしまっていたことがありますから、苦しいのはよーくわかります。

 

お財布空っぽ-債務整理体験談

 

多重債務になったのだから、新たに借入れをしてしまうととんでもないことになるのはわかってはいるのですが、どうしようもないのです。

 

特に、この不況で、安定している会社に勤めていたってリストラされる方も居るのです。

 

だから、真剣に借入先を探すんですよね。

 

ただ、ブラックと言っても、債務整理後数年経っていて、返せる当てがある方だったら問題がないのでしょうが・・・

 

それでも、一度ブラックになってしまうと、借り入れは難しいのが現状でしょうね。

 

調べてみると、実際にブラックでも借入れができる消費者金融もあるようです。

 

でも、やはり名の知れたところは無理なので、「街金」と言われるところになるんですね。

 

ちなみに、このブログでも何度か名前が出てきている「街金」ですが、やはりピンからキリまであるようです。

 

もともとは、大手金融業者と区別するために、地域限定で展開している消費者金融などのことを「街なかで営業している金貸業」ということで街金と呼ばれるようになったそうですが、中には実態がつかめないところも。

 

逆に、創業何十年という老舗の街金だと、それなりに対応もきちんとしていて、利息も法外でないところもあるようですが、その分、審査にも受かりにくいです。

 

スポンサードリンク

 

 

「ブラックである」ということだけで断られることもあるし、自己破産していても、今の属性(収入や勤務先、信用情報など)次第では貸してくれるところもあるそうです。

 

街金から借りた体験談」というのを読むと、「3万円の融資を受けただけなのに、結局7万円返すはめになりました。支払日に少しでも遅れると、会社にまで何度も電話がかかってきました。」というものも。

 

ここまで来ると、もう闇金融との区別が付かないくらいですよね。

 

借りられた人が居るから、ということで安易に借りてしまうと、実は闇だったということもあるのです。

 

また、入り口は正規の消費者金融でも、審査の結果断られ、「ここなら貸してくれる」と紹介された金融業者に行ってみたら闇金融だった、という話もよく聞きます。

 

いわゆる「紹介屋」だったわけです。

 

こういった状態になると、普段なら引っかからないような悪徳業者の口車にも乗りやすくなる、ということ。

 

一度冷静になって考える必要があります。

 

オークションや短期バイトでしのぐなど、とにかく「借りないでなんとかお金を作れないか」ということをもう一度考えてからにした方が良いでしょう。



スポンサーリンク
lalaco257 | - | - | pookmark | category:こんな消費者金融は危ない
Home >> こんな消費者金融は危ない >> 闇金融からのDMを見て電話をかけてしまったら?

闇金融からのDMを見て電話をかけてしまったら?

JUGEMテーマ:借金返済

 

債務整理後の生活については、やはり「まだ苦しい」という方がほとんどでしょう。

 

調べてみると、やはり「債務整理したけれど、生活して行けない」とか「債務整理後にお金を借りられるところはどこかにないか知りたい」というような方が多いですね。

 

実際に債務整理後の生活というのは、そんなに余裕のある物ではありません。

 

ただ、多重債務の時は、「生活苦+借金返済」というダブルパンチでしたが、債務整理後は、とりあえず「何とか生活をして行ければ良い」ということで、少しは精神的に楽になったような気はします。

 

生活苦と借金返済のダブルパンチ

 

それでも、生活はなかなか楽にはならないですね。

 

結局、分割はできるにせよ、債務整理するには費用がかかりますから、債務整理費用と任意整理だと残債を支払わなくてはなりません。

 

また、多重債務の時に、国民健康保険などの税金を滞納していた方は、その残債も支払わなくてはならないんですよね。

 

私も、しっかりと税金の滞納分も支払っていました。

 

債務整理をしたからと言って、急に収入が増えるわけではありませんから、苦しい生活費の中から、やはり毎月の生活費+アルファの支出が増えるわけです。

 

しかも、当たり前ですが、もうローンは組めないので、何か突発的な支出があれば、すべて即金で支払わなくてはならない。

 

これが結構キツイですね。

 

債務整理をすると次々と送られてくる闇金からのDM葉書に、ついフラフラっと借りてしまいそうになったりするのもこの頃です。

 

即日50万円ご融資します」とか「ブラックでも無審査でOK」なんて、あり得ない条件で、しかも金利が8%とか。

 

怪しいことこの上ないと言うか、小学生だってだまされないでしょ、というようなデタラメな内容なのですが、お金が無くて思考回路が壊れている時には、「もしかしたら本当に貸してくれるかも」なんて思うんです。

 

スポンサーリンク

 

 

うちの場合は、債務整理前に、一度「紹介屋」と思われるおまとめローン取扱の金融業者に引っかかりそうになったことがあるので、それ以来頻繁に電話やDMが来るようになりました。

 

一度でも、そういった悪徳業者に連絡を取ると、「良いカモ」ということで、名簿業者に個人情報を売られたりするのです。

 

そうなると、携帯電話や固定電話にひっきりなしに電話がかかってきたり、DMハガキが送られてくるんですよね。

 

中には半分おどしのような電話で、「すでに申し込みされているからキャンセルできない」なんていう、借金の押し売りみたいなものまであったりするのですから、もうそこまで行けば立派な犯罪ですよ。

 

ここまで来れば、訴えてもいいレベルですから、おどしが怖くてついお金を借りてしまった、なんていうことの無いように。

 

ほんの数万円というつもりでも、一度借りてしまえば、次は10万、20万とエスカレートし、金利も法外に高く、その上月払いの約束がいつの間にか7日や10日で金利が付いてしまっていたとか(いわゆるトイチですね)。

 

気がついたら、もう抜け出せないほどの借金を抱えることになってしまい、闇金融業者の思う壺にはまってしまうのです。

 

万が一借りてしまったとしても、相手が法律に違反しているわけなので、本来ならば返す必要さえ無いということを、頭に入れておけば、「怖い」という気持ちも、少しは和らぐのではないでしょうか?

 

とにかく、相手にしなければ良いのですから、毅然とした態度で接しましょう。

 

少しでも心が揺れ動いていると、見透かされて、どんどん付け込まれてしまいますから。



スポンサーリンク
lalaco257 | - | - | pookmark | category:こんな消費者金融は危ない