スポンサーリンク
Home >> こんな消費者金融は危ない >> 実は自己破産した後が一番貧しく危険?
Page: 2/31  << >>

実は自己破産した後が一番貧しく危険?

JUGEMテーマ:借金地獄


多重債務で借金地獄を経験して、それでも「自分の借金は自分で返す」なんて息巻いて・・・

結局はなんともならなくて、自己破産にというパターンは多いです。

自分自身は自己破産こそ逃れたものの、債務整理をしたということでは変わりはないと思います。

だから、どんなに借金にまみれてしまっても「何が何でも返すんだ」という気持ちだけは曲げたくない、という気持ちはわかります。

ファイトポーズの男性-債務整理日記

ただ、やはり世の中どうにもならないことというのはあって、お金のこともそのひとつ。

たいていは、弱り目にたたり目で、どうしてもお金が無い時に限って良くないことが起きたり、お金が必要なことが発生したりするのです。

だから、安易な気持ちで破産するのはお勧めできませんが、もうどうしようも無くなったら、債務整理、中でも自己破産を選ぶのは仕方のないことかもしれません。

そんな葛藤の末に選ぶのですから、その後の生活は貧しくても安定した穏やかなものにしたいのは誰しも考える事。

だけど、そんな本人や家族の気持ちとは裏腹に、自己破産した後に潜む闇と言いますか、悪からの誘惑とも言うべく罠がたくさん待ち構えているのです。

破産の手続き中は、まだ債権者から裁判を起こされたりする可能性もありますから、免責が下りるまでは書類をそろえることも含めて、何かと落ち着かない日々が続きます。

当たり前ですが、何から何まで初めての事だらけで、あたふたする場面も。

そんな中でも生活は続いていますし、借金の取り立てはストップしても、月々支払わなければならないお金や生活費は必要になります。

破産と同時に職を無くす場合もありますから、職探しと当座のお金の工面なども同時に行わなくてはならず、考えてみたら、一番苦しい時期なのかもしれません。

とは言え、借金の取り立てがストップすることで、気分的には相当楽にはなります。

そして、晴れて免責がおりたら、生活の苦しさよりも借金から逃れられた気持ちの方が強くなり、「さあこれから生活の立て直しを頑張ろう!」と気持ちも新たにするのではないでしょうか?

ただ、頑張ろうという気持ちと裏腹に、今まで多重債務生活でピンと張っていた緊張の糸が、少し緩む時期でもあるのです。

そんな気持ちの隙につけ込んで狙ってくる悪徳業者がヤミ金融ということ。

よく聞くのが「破産すると、ヤミ金業者からDMや電話がいっぱい来るよ」という忠告です。

ハガキや封書、中には電話までかけてくる業者がいるのは確かで、「一体どこから情報を仕入れるの?」と思いますよね。

スポンサードリンク


自己破産すると官報に載りますから、こういった悪徳業者は、隅から隅までチェックして破産者の住所や名前など個人情報を入手しているのです。

官報は公に出ることはほとんど無いけれど、見ようと思えば誰でも見られるようにはなっています。

だからこれ自体は違法とは言えないんですね。

要するに「ブラックでも100%お金貸します」とか「すぐに現金をご用意できます」なんていう言葉に騙されなきゃいいことなのですが。

破産した直後はどうしても生活がまだ不安定で、お金が無いことが多いですから、「もうどこからも借りられない」と思えば、すーっと寄ってきて甘い言葉をささやかれた時のように、ついふらふらっと誘惑に乗ってしまいそうになります。

でも、ここが踏ん張りどころです。

ここで危ない橋を渡ってしまったら、たどり着くのは、多重債務時代よりも悪い場所であるのは確か。

最悪の場合は、もう二度と立ち上がれないようなダメージを負うことも考えられるので、絶対に手を出さないようにしましょう。
 


lalaco257 | - | - | pookmark | category:こんな消費者金融は危ない
Home >> こんな消費者金融は危ない >> ヤミ金の広告に簡単に騙される人が多いのはなぜ?

ヤミ金の広告に簡単に騙される人が多いのはなぜ?

JUGEMテーマ:借金返済

 

ヤミ金の広告に騙されるなんてあり得ない?

 

「なぜヤミ金の広告に簡単に騙されるのか?」と考えると、騙されるだけの理由はあるのです。

 

だって、普通に考えたら、他でお金が借りられないような人に甘い言葉ですり寄ってきて、「お金貸しますよ」なんてあり得ないと思うでしょう?

 

自分が「ブラックである」と認識してしまったら、本当は借り入れはしてはいけないし、「お金を借りよう」と思うだけでも罪、というのはわかっているのです。

それでも「ブラックでも借りられます」「即融資可能」という言葉は、お金に困っている方には「救世主」のように響くのは事実です。

多分、多重債務になっていなかったとしたら、「どうしてこんな文句に騙されてしまうのか?」と思います。

だけど・・・

多重債務に陥ってしまった時点で、もうお金に対して冷静な判断が出来なくなっています。

特に、インターネットでお金を借りたり返したりしていると、実際に自分の手元に現金がないわけですから、ほとんどバーチャルの世界での話になってしまうのです。

バーチャルでの株取引-債務整理体験談

これが本当に怖いですよ。

借金の額が大きくなると、どうしても「借りては返す」の繰り返しになりますから。

お金を借りることに慣れてしまうのが多重債務のはじまり


例えば、A社の今月の支払いが12,000円だったとします。

手元には2,000円しかない。

で、B社には数日前に借金の返済をしたので、その分の10,000円の枠がまだある。

となると、ちゅうちょ無く、その1万円を借りてしまうのです。

どちらもインターネットで出し入れ可能にしていれば、それこそ、ワンクリックで借りたり返したりできますから。

それで返した気になっていたのですが、今考えるとゾッとします。

だけど、その時はそれしか考えられなかった。

考えてみたら、FXとか株のバーチャル取引と同じ感覚ですよね。

スポンサードリンク

 


その場合は、実際には現金は動かないので良いのですが。

多分、銀行に行って、お金をおろして、また入れて・・・という作業を実際にしていたら、もう少し早くに債務整理という判断をしていたかもしれません。

インターネットのせいにするわけではなく、借入れをする場合は、「なるべく不便な方法」を選択した方が良かったとは思います。

今や、携帯やスマホひとつで借り入れができる時代ですから。

ただ、総量規制以降、急にこういった技が使えなくなっていますから、困っている方はかなりいらっしゃるでしょうね。

「新たに借入れができなくて、返すだけになっている」という方も多いでしょう。

「お金を安易に借りてしまう」のは本人の責任能力の欠如というのはわかっているのですが、やはり急にこういった状況になると、「闇金」に走る人が増えても仕方がないのかもしれません。

ただ、冒頭でも書いたように「ブラックでも借りられます」という文章を見たら、「危ないな」と思って間違いは無いです。

そこまで来てしまったら、債務整理をして「再生への道」を目指しましょう。

ヤミ金で実際に借りた人の体験談

追記:ただ、「闇金融は危ない」という認識はあったとしても、「金利は高いかもしれないけど、返済さえしていれば大丈夫では?」と思っている人も多いのではないでしょうか?

 

相手は「闇」ですから、どんな手段を取っても、一度かかった獲物からは、お金を吸い上げようとします。

 

実際に借りてしまった方の体験談を見ても、「5万円しか借りてないのに、10日もしないうちに15万円になっていた」なんていうことも。

 

こんなあり得ないことがまかり通るんですよ。

 

金利なんて、200%というところまであるくらいですから。

 

ことの大変さに気がついて、全額返済しようと連絡しても、免許証のコピーなど個人情報を握っていることを盾に、「もう10万借りることを条件に」なんて言ってきたりするのです。

 

もう、ここまで来たら、素人では太刀打ちできませんから、「法テラス」などで相談するか、直接弁護士に間に入ってもらうなりするしかないです。

 

そう、ここまでこじれてしまうので、ヤミ金から借りたらいけない、ということ。

 

今流行りの個人間融資(ひととき融資で問題になっている)についても、同じようなことが言えるでしょう。


lalaco257 | - | - | pookmark | category:こんな消費者金融は危ない
Home >> こんな消費者金融は危ない >> 保証人紹介サービスは使っても大丈夫?

保証人紹介サービスは使っても大丈夫?

JUGEMテーマ:借金返済

 

保証人紹介ビジネスとは違う?

 

 

保証人紹介ビジネスは、一時ネットビジネスの商材などでもよく登場したものです。

何もしないで稼げる」とか「楽に儲かる」とかの類の情報の中には、この「保証人になって設けるビジネス」のことが書いてあることが多かったんですね。

最近は影を潜めているようですが・・・

やはり、借金で保証人が立てられなくてお金を借りられない人が、こういったサービスを利用してしまうのでしょう。

すべてが悪質というわけではありませんが、ほとんどの場合が、最初に保証金と称してお金を振り込むと、何人かの保証人候補者の方を紹介してくれます。

 

元気な中年男性-債務整理体験談

そして、その中から選ぶのですが、「すでに他の方の保証人に決まってしまった」とか「これこれの理由で、あなた様の保証人にはなれない」など理由を付け、ことごとく断られてしまうのです。

「何度でも紹介します」という契約通りに、何回か紹介はしてくれるのですが、成立はせず、挙句の果てには「こちらが悪いのではないか」と思うようになり、自然消滅。

多分、それを狙っているのでしょうね。

保証人として登録した人が借金を負わされる場合も?


保証人として名義登録した人が、多額の債務を負わされてしまった」なんていうケースもあるみたいですから、まだましな方かもしれません。

一応、ちゃんと保証人が紹介されるケースは、「賃貸物件」の方のみと考えた方がいいかもしれませんね。

 

 

ただ、賃貸保証の場合でも、契約する段になって、「保証人様の確認ができませんでした。」と言って断られるケースがあるそうです。

 

スポンサードリンク

 

 

架空の人物を紹介されたのでしょうか?

 

確かに、ネットで住所と名前、年齢だけ知らされても、その人が実際に存在するかどうかを確認することは困難ですよね。

 

あまりに執拗に調べると、今度はストーカー扱いされてしまいかねませんから。

通常だったら騙されないのかもしれませんが、どこからもお金を貸してもらえなくなって、唯一貸してくれそうな消費者金融が「保証人をつけてくれたらお貸しします」なんて言われたら、引っかかってしまうかもしれません。

くれぐれも気をつけてくださいね。

 

一応、概要を書きますと。

 

賃貸契約時の保証人サービスは信じられる?

 

アパートやマンションなどの賃貸物件を借りる時に、どうしても保証人が必要になることが多いです。

 

高校進学や就職の際にも必要なことも。

 

古くからその土地に住んでいるとか知り合いが多ければ、まだ頼めるのでしょうが、それでも、このご時世保証人に進んでなりたがる人は少ないです。

 

ましてや、借金の保証人ともなると皆無ですよね。

 

そこに目をつけたビジネスが保証人紹介ビジネスというわけです。

 

100%詐欺とは言えないのでしょうが、国民生活センターに寄せられる悪質なトラブルは減らないようです。

 

ということです。 特に、一度借金で失敗しているわれわれにとっては、「触らぬ神に祟りなし」で、近づかない方が良いでしょう。

 

追記:最近は、トラブルを避けるために、最初から「保証会社と保証契約を結んでください」と言われるケースも多いということ。

 

契約時に家賃の数%お金を預けることになりますが、貸す方にとっても借りるほうにとっても、安心できるサービスということになるでしょう。


lalaco257 | - | - | pookmark | category:こんな消費者金融は危ない