スポンサーリンク
Home >> こんな消費者金融は危ない >> ヤミ金融の魔の手が知らず知らずのうちに忍び寄る?
Page: 2/23  << >>

ヤミ金融の魔の手が知らず知らずのうちに忍び寄る?

JUGEMテーマ:借金地獄

 

お金を借りるも地獄、借りられないのも地獄、という生活になってしまうのが多重債務です。

 

最初はまだ「返せる」と思っているのですが、借金は利息とともにどんどく膨れ上がるのが現実。

 

正規の消費者金融でお金を借りても、「返しても返しても、なかなか借金が減らない」と思うくらいですから、ましてやヤミ金融で借りた日には、恐ろしいことになるのは目に見えています。

 

だいぶ前のニュース記事で、年200%以上の金利で貸付業務を行っていた闇金融が摘発されたというものがありました。

 

貸す方も貸す方だけど、この条件で借りる人が居ることに驚愕します。

 

まあ、金利は知らされないで借りてしまった可能性が高いですが。

 

まず考えられるのは、「他の金融業者から断られた人」いわゆる「ブラック」と呼ばれる人ですね。

 

多重債務でも重症で、すでに数社の消費者金融から借金を重ね、街金というところからも借りてしまっている人。

 

お金を借りる-債務整理体験談

 

となると、もうどこからもお金を借りるところはなくなってしまいます。

 

何度も書いていますが、ブラックになってしまうと、負の連鎖とでも言いましょうか、借金を絶つということがなかなかできず、お金が足りないと、ついまたどこかから借りてしまうことになるのです。

 

例えば、債務整理の手続きを初めて少し経つと、とても正規の金融業者とは思えないところから、「50万円お貸しします」なんていうDMが送られてきます。

 

債務整理後は「もう二度と借金はするまい」と思っていても、お金が足りないシーンが出てきます。

 

これは、本当にどこかで誰かが見ているのでは?というくらい、今まで起きたことがないようなことが重なり、予定外の出費が連続することがあるのです。

 

家族の病気、災害、勤め先の倒産、車の事故、などなど、一生に何度も起こらないようなことが、弱り目に祟り目と言いましょうか、お金が無い時に限って次々と襲いかかることがあります。

 

スポンサーリンク

 


ただでさえ、「明日食べるものを買うお金も無い」なんていう時に、このひとつでも起こったら、もう対処できないのではないでしょうか?

 

それでも、どこにも頼れない。

 

せめてお金があればなんとかなるのに。

 

どこか貸してくれるところはないか?

 

こんな時にグッドタイミングで「ブラックでもお金をお貸しします」という金融業者が現れたら?

 

ついふらふらっと借りてしまう人も居るでしょう。

 

一度でも、こういう状況を体験した人は、借りてしまった人を笑うことなどできないのです。

 

冷静に考えたら、公的資金である生活福祉資金貸付制度を利用するなど、他にも方法が無いわけではないのですが、もう冷静に考えられなくなっているんですね。

 

そんな人間の心の隙間を付いた事件なのかな?と思います。

 

このニュース記事の闇金融も、表向きは商品販売ということなので、騙された人も多いのかもしれません。

 

古ぼけた店の片隅で、密かに営業している非正規の金融業者もあるみたいで、いわゆる「口コミ」で、高金利なのにも関わらず、店を訪ねてくる人が絶えないとか。

 

ニーズがあるということなんですよ。

 

ヤミ金融も、ソフト闇金という形であったり、常にその形態を変えて営業しているということですので、お金の無い時だからこそ、十分に気をつけたいですね。



こんな記事も読まれています
lalaco257 | - | - | pookmark | category:こんな消費者金融は危ない
Home >> こんな消費者金融は危ない >> 自動車担保ローン(車乗ったまま融資)は札幌でも借りられる?

自動車担保ローン(車乗ったまま融資)は札幌でも借りられる?

JUGEMテーマ:借金地獄

 

多重債務になると、もうどこからもお金が借りられない日々が続き、「どこでもいいからお金貸してくれるところはないか?」と非常に危険な気持ちになってしまうことがあります。

無担保ローンがダメなら不動産担保ローンは?と思うのは、流れとしては当然で、不動産担保ローンについては、大手の信販会社や金融業者も参入していることから、信じられる借り入れシステムと言えるでしょう。

ただし、多重債務になっていたり、属性が悪かったりすればまず審査に受かりません。

私も審査を受けたことがあるのですが、土地を所有している場合は、法務局に行って登記簿謄本などを取り寄せなければならないので、それなりに費用も手間もかかります。



その上で、通常よりも厳しい審査がされますので、普通のローンやクレジットカード審査に受かる自信の無い方だと、受かるのは難しいと思います。

不動産の価値が恐ろしく高いとかだと、話は別でしょうが、その場合は、思い切って売却して新しい生活を始めた方が良いかもしれませんね。

ただまあ、借りられるのであれば、不動産担保ローンの場合は通常の借り入れよりも金利も安く、おまとめローンとしても活用できそうです。

返済が滞れば、大切な不動産を取られることになりますが、きちんと返せるのであれば問題はないでしょう。

自動車担保ローンと言うと、このシステムの車版ということで信じられるのではないか?と思いがちです。

そういった気持からか「札幌で車担保ローンが借りられるところはありますか?」というご質問が。

全国主要都市なら業者はあると思いますが、よく考えてからにした方が良いでしょう。

すべての業者が危ないということではないのですが、悪徳業者がはびこりやすいローンシステムであると言われています。

車乗ったまま融資というのは聞いたことがあると思いますが、意味は同じです。

よく、電柱や古びた家の壁などに貼られた看板に書いてあることが多いですよね。

まあ、まず、この時点でちょっと怪しいなと思いますが...

それでも、お金を貸してくれるところがあればわらにもすがる気持ちの多重債務者にとっては、「車に乗ったままお金を貸してくれる」という言葉に、ついふらふらっと乗ってしまいそうになります。

車を取られること無くお金が借りられる、というのはとても魅力的に映るわけです。

さて実態は?

調べた範囲で書きますと、あまり良い評判は聞きません。

スポンサードリンク

 


車担保ローンのシステム自体は、自分の車を査定してもらって査定金額内のお金を貸してもらうということ。

車を担保に差し出すということですから、借りたお金をすべて返済するまでは、自分のものであって自分のものではなく、借金を滞納した時点で取り上げられても文句は言えないということです。

「なら何ら問題ないじゃない」となるところですが、悪徳の場合は、まず車の査定のためと言って車を預かり、1日の約束が数日になり、手続きに時間がかかっているからという理由でどんどん伸ばされ、最悪車も返ってこないなんていうことに。

この時点で怒り心頭になり、または怖くなって解約を申し出ると、法外な手数料を要求されたりするそうです。

まあ、それでも、解約できて車が戻ってくればまだ良い方だそうで、ひどい場合は、もうほとんど完済に近いくらいまできちんと支払いを続けていたのに、何かの都合で1日でも返済日が過ぎてしまったら?

即、自動車は取り上げられ売られてしまうということもあるとか。

車担保ローンのシステム自体は合法だということなので、中にはちゃんとした業者もあるのかもしれませんが、不透明な部分が多すぎます。

結局は、車でお金を借りるというよりも、中古車店に売却した方が得ではないか?ということになります。

担保にしてお金が借りられるということは、車本体の価値が結構あるということですものね。

 

もし、車を査定してもらって結構高く売れるとわかったら、思い切って手放してしまい、そのお金を頭金にして、もう少しランクの下がった車を購入する、という方法もありますから。

 

お金も無いのに、いつまでも大きな車に乗っているのが、そもそも間違いということもあるのです。(どうしても必要という理由がある時は別にして)

お金に困っていると、多少怪しいなと思っても借りてしまいそうになりますが、そんな時だからこそ、慎重に考えるべきではないでしょうか。

 



こんな記事も読まれています
lalaco257 | - | - | pookmark | category:こんな消費者金融は危ない
Home >> こんな消費者金融は危ない >> 消費者金融からお金を借りる理由は意外にも・・・

消費者金融からお金を借りる理由は意外にも・・・

JUGEMテーマ:借金返済

 

消費者金融からキャッシングしている人たちに聞いたアンケートでは、お金を借りる理由として意外な結果になったそうです。

 

○遊びやギャンブルに使うためのお金

 

○どうしても欲しいものがあるので借りた

 

○生活費が足りないため

 

の選択肢の中で、半数以上の方が「生活費が足りない」を選んだということ。

 

もっとも、私に言わせれば意外でも何でもなく、「今の世の中では当たり前じゃないの?」と思うのですが・・・

 

とは言え、消費者金融からキャッシングという時点で、すでに一般の信販会社からの借り入れができない状態なのか?と考えると、普通に生活している世帯では無い?ということも。

 

今までの常識では、消費者金融からお金を借りる時点で、ギャンブルにハマった人や低収入でお金にルーズな人を思い浮かべるのも仕方がないかもしれません。

 

ただ、今は若い人の間などでは、「スマホから借りやすいので」という理由で選ぶこともあるそうなので、消費者金融に対するイメージが変わってきた、ということも言えます。

 

私が多重債務におちいっていた時には、明らかに「消費者金融から借り入れをするようになったら危ない」という意識があったので、初めて無人契約機の前に立った時には、「ついに来るところまで来てしまったか?」と思いましたから。

 

未だにイメージ的にはあまりよろしくないところもありますが、バブル期にCMなど散々有名タレントを起用して、悪いイメージを払拭しようと努力した結果かどうか?以前よりは身近な気はします。

 

それに、大手銀行がキャッシング部門では消費者金融と提携するなどしたために、サラ金の時代よりは確実にランクアップしていますよね。

 

スポンサーリンク

 

 

結果的には良かったのかどうかわかりませんが、キャッシングが手軽になった分、ギャンブルなどに手を出さず、節約を重ねてつましく生きているような一般の人々まで、お金を借りるようになったわけです。

 

で、この「生活費が足りなくてお金を借りるようになった人たち」は、もともとお金が足りないのだから、お金を借りた時点で「借金を返す」という出費がまた増えるという悪循環に。

 

こうなると、多重債務者になるのは早いですよ。

 

経験者が語っているので、間違いありません。

 

少し前の統計ですが、複数の消費者金融からお金を借りている人たちが、国内で約107万人居るということです。

 

この数字を見ただけでも「こんなに居るの?」と思ってしまうのですが、これは、なんと、その年に生まれた赤ちゃんと同じ数なんだそうです。

 

もう、びっくりを通り越して、「日本は大丈夫なのか?」とさえ心配してしまいます。

 

まあ、自分のことは棚に上げて、ですが。

 

こんなに「生活費が足りない人たち」が多いということは、これからもますます多重債務者は増えるわけで、どこかでこの負のスパイラルを断ち切らなくてはいけません。

 

何も、消費者金融で借金をすること自体が悪いことではなく、無利息期間などを賢く利用すれば損をすることも少ないのですが、「すぐに返せるあてが無いのに借りる」のがいけないんですよね。

 

となると、やはり「お金を作る」あるいは、「お金を借りたらすぐに返す」という意識が必要なのではないか?と思うんですよ。



こんな記事も読まれています
lalaco257 | - | - | pookmark | category:こんな消費者金融は危ない