スポンサーリンク
Home >> こんな消費者金融は危ない >> 多重債務救済広告にご用心!本当に頼れるところとは?
Page: 2/22  << >>

多重債務救済広告にご用心!本当に頼れるところとは?

JUGEMテーマ:借金返済

 

自分は多重債務?と自覚し始めると、まずどこか相談できるところは無いだろうか?と思います。

 

ですが・・・

 

借金という人に知られたくないことなので、ネットで調べるのですが、調べれば調べるほどどこに相談したらいいのかわからなくなる、という。

 

そう、情報があり過ぎるんです。

 

中でも、ひところは求人広告などでよくお目にかかっていた「多重債務救済します」の広告。

 

「何で求人広告に借金の相談しますとかってあるの?」と不思議に思っていたのですが、求人広告を見る=職を探しているということは、「お金がない人が多い」わけです。

 

求人広告を泣きそうな顔で見る女性

 

文章を読むと、「借金を抱えている方、ひとりで悩んでないでご相談ください」と書いてありますが、債務整理を取り扱う法律事務所でも無いし、NPO団体なら広告は出さないだろうと思うんですよね。(存在をPRするということはあるかも)

 

すべてが怪しいというわけではないかもしれないけど、わざわざ広告費をかけて宣伝するくらいだから、何かしら裏があると勘ぐったほうが良いでしょう。

 

ネットでも、同じような文章で多重債務者救済を全面に出した広告が目立ちます。

 

中には、そのものズバリのネーミングで「多重債務救済センター」なのですが、実は闇金融だったとか。

 

確かに、もうどこからもお金を借りられなくなった人にとっては、「すぐにお金をお貸しします」という業者は、救いの神に見えるかもしれません。

 

だけど、そんなところで借りてしまっては、もう取り返しのつかないことになりますから。

 

「なるべく目立たないように」と思う気持ちはわかりますが、ここは公的機関に頼る方が良いでしょう。

 

各市町村で催している「多重債務無料相談会」とか、「法テラス」で相談するとか。

 

すでに債務整理を決心しているのなら、債務整理費用を立て替えてもらえる「法テラス」に直接相談に行く方が良いかもしれません。

 

いずれにしても、いきなり「自己破産しか無い」と言われることも覚悟の上で望む方が良いでしょう。

 

とは言え、こちらの気持ちを無視して、いきなり債務整理手続きに入るようなことにはなりませんから。

 

で、債務整理をする方向に気持ちが固まったとしましょう。

 

スポンサーリンク

 

 

ここで問題になるのが、法テラスでの審査です。

 

お金の無い私たちにとって、債務整理費用を立て替えてくれた上に、費用そのものも安くなり、支払いは分割でできるという良いこと尽くめの制度なのですが、その分審査は厳格に行われます。

 

面談での審査になるのですが、現在の収入状況についてと、債務整理をした場合和解できる可能性は高いか?自己破産なら免責が降りるかどうか?ということを、細かいところまで聞かれるのです。

 

これは、収入制限が定められているためと、債務整理費用を貸すに当って勝算はあるのか?を確認するためなのですが、まず雰囲気が裁判所のように威圧感があります。

 

言葉遣いは丁寧て紳士的なのですが、「嘘を言ってもわかりますからね」と言わんばかりの勢いで聞かれますから、もうこうなったら正直に答えるしか無いのです。(こうならなくても正直にね!)

 

ただ、あまりに緊張し過ぎて、数字を間違えて言ってしまったりということもあるので、できれば弁護士の方に同席してもらいましょう。

 

そうすれば、「ここでこう言ってください」などのアドバイスも受けられますから。

 

そういった意味では、法テラスで弁護士を紹介してもらう方法よりも、あらかじめ提携している法律事務所を訪れ、先に相談する方が良いかもしれません。

 

とにかく、費用の心配が無くなれば、あとは債務整理手続きを進めてもらうのみなので、気分がかなり楽になるんですよ。

 

「ここを乗り越えれば」と思えば、そんなに大変なことではないですね。



こんな記事も読まれています
lalaco257 | - | - | pookmark | category:こんな消費者金融は危ない
Home >> こんな消費者金融は危ない >> 自己破産したら闇金から連絡が来る?

自己破産したら闇金から連絡が来る?

JUGEMテーマ:借金地獄

 

なんだか、「悪魔が来りて笛を吹く」みたいですが、自己破産後に闇金融からの融資お誘いDMが来る、というのは、すでに定番となっているのです。

 

封書だったり葉書だったり・・・

 

中には、PCやスマホのメールで勧誘される場合も。

 

個人情報については、官報に住所と名前はしっかりと載ってしまうので、業者にしたら「カモ」なんですよ。

 

ブラックになると闇金業者のカモになる

 

官報って、誰でも見られるって知ってました?

 

今だとネットでも検索できるくらいですが、まあ、膨大な数なので、普通の人は調べません。

 

だけど、仕事(裏稼業の?)となると話は別です。

 

目を皿のようにして調べるでしょう。

 

だから、官報に載った途端に、おびただしい量のDMが届くことになります。(今は目立つことを避けるために少なくなっているかもしれません。)

 

ほとんどは、闇金融とおぼしき悪徳業者なのですが、中には中小の消費者金融も含まれていることも。

 

正規の消費者金融かどうかは、金融庁の登録貸金業者検索サービスで調べることができるのですが、中には、その番号すら、実際に営業している消費者金融のものを、そのまま使っている場合もあるので、名前やDMに怪しいところが無いか?も調べましょう。

 

書かれている文章は、たいてい同じ様なもので「あなた様に特別なご融資枠のご愛内」であったり、「期間限定で特別ご融資できます!」または「すぐにご融資可能!50万円!」とか。

 

もう、この文章を読んだだけで、怪しいなと思うのですが・・・

 

債務整理後の生活が苦しい中で見ると、「えー?こんなに貸してくれるのか?」なんて思ってしまうのです。

 

だけど、そのまま何のためらいも無くお金を借りてはダメですよ。

 

たとえ正規の消費者金融だったとしても、自己破産の免責が下りたすぐ後でお金を借りていては、この先立ち直ることは困難でしょう。

 

スポンサーリンク

 

 

それに、他人の足元を見てDMを送ってくるのですから、正規の消費者金融であっても裏があることがほとんどです。

 

例えば、「この人はお金を返せる」と判断すれば通常の貸付をしてくれるし、審査に落ちるような人には、「良いところを紹介しますよ」と闇金融の電話番号を教える、いわゆる「紹介屋」かもしれません。

 

いずれにしても、良いことは何も無いというのがわかりますよね。

 

なので、闇金融からDMが来てもそのまま捨てる、という対処法が一番です。

 

とは言え、中には嫌がらせのような、あたかも「借りたお金を返していないので裁判沙汰にする」なんていう過激な文章が書いてあることもあるそうです。

 

ごくごく一部なのですが、これに対しても、動じず、反応せずということ。

 

なんとか詐欺と同じと考えれば、怖いという気持ちも半減するのでは無いですか?

 

一番悪質なのが、迷惑メールを送りつけてきて、その中のURLをクリックすると、お金を請求されたり、ウィルスを撒き散らされたりするケース。

 

パソコンやスマホ操作に慣れていないお年寄りなどが受け取ったら、つい引っかかってしまいそうですが、常日頃から「知らない相手からのメールは開かない」というルールを決めておいた方が良いでしょう。

 

まあ、何もしてなくても、怪しいメールやDMが送られてくる世の中ですから、「変なDMが来て当たり前」くらいに思っていた方が、慌てなくて済むかもしれません。



こんな記事も読まれています
lalaco257 | - | - | pookmark | category:こんな消費者金融は危ない
Home >> こんな消費者金融は危ない >> 中小の消費者金融で即日融資できるところは危険?

中小の消費者金融で即日融資できるところは危険?

JUGEMテーマ:借金返済


即日融資というのは、「今すぐにでもお金を借りたい」という人にとっては、とても魅力的な言葉です。

いや、もっと切羽詰まった場合だと、「今日中にお金が借りられないと非常に困る」ということにも。

大手の消費者金融では「ご融資申し込み後5秒で審査」なんていうところまであるので、半ば常識にまでなっていますよね。

すでにキャッシング=即お金が借りられる、という図式まで出来上がっています。

だけど、問題なのは、大手の消費者金融などで借りられない多重債務者や債務整理後の人たち。

頼りになるのは中小の名の知れない消費者金融のみ、ということになるのですが。

何度も書いているように、中小の消費者金融は、知名度が無い分その実態もあまり明らかにされていないことが多く、「ここは信じられるの?」という疑問が常に付きまとうのです。

いわゆる「闇金」が中に隠れていても不思議ではないということ。

というか、実際に「正規の消費者金融から借りているつもりが、実は闇金融だった」なんていう話は五万とありますから。

一番引っかかりやすいのは、表向きは正規の消費者金融なのに闇金融を紹介するパターンです。

もはや、会社ぐるみでしているのか?社員個人での紹介料目当てなのかはわかりませんが、「きちんとお金を返しそう」と判断された顧客には自分の会社で貸すけれど、「危ないな」と判断されれば、闇金融を紹介する、という。

まあ、いきなり「うちでは貸せないけど、ここなら貸してくれます。」と言って、電話番号と会社名を言われて、「保証金として先に10万円必要」なんて言われたら、普通は怪しみますけどね。

目の前のお金に目がくらむ

そういった判断力も無くなってしまっていたら、ただ目の前のお金しか見えずに借りてしまうかもしれません。

そもそも、何で騙されるのか?と考えれば「すぐにお金を手に入れたい」と思う気持ちが先走るからなんですね。

スポンサードリンク

 


中小の消費者金融で借りる事自体、あまりおすすめできることではないのですが、「どうしてもお金が必要」となったら、まだ日にち的に多少余裕がある時に情報収集することが肝心です。

というのも、小規模な金融会社では従業員の数も少ないでしょうから、すぐに審査の結果を出すということが難しいという問題があります。

どこからでも借りられるような上得意様というか、属性の良い人が来ることはまず無いので、どうしてもブラックになったとか訳ありの人が来るわけです。

となれば、「この人は本当に借りたお金を返してくれるのか?」という審査をするのには、大手の消費者金融以上に細かいところまで調査しないといけなくなります。

当然、結果が出るまで時間がかかるんですよね。

だから、「窓口での対応のみ可」のようなところも多いのです。

逆に言えば、借りる障壁が多ければ多いほど、信頼できる度合いも高くなる、ということ。

だからと言って、「即日融資」をうたっている金融業者がすべて危険と言い切ってしまうのも乱暴なのですが、ひとつの目安として考えればわかりますよね。

中小の消費者金融と言えども、今はそこそこ儲かっているような会社だと、即日融資は可能というところでしょうか?

あと、正規の金融業者かどうか見極める比較的簡単な方法として「事業者登録証を確認する」ことが挙げられます。

書いてあれば安心ということだけでなく、「本当にその番号で合っているのか?」ということを確認する必要がありますが、ネットでその番号を検索してみれば、実態があるかどうか?虚偽の番号か?ということがだいたいわかりますよ。

 

追記:中小の消費者金融で気をつけたいことが、もうひとつあります。

最近では、街金でも「ここは信頼できる」と口コミで情報が広がっているところもいくつかあるのですが・・・

その消費者金融が正規の金融業者で信頼できるという噂が立てば、今度は悪徳業者が利用しようとするのです。

どういうことかと言うと、勝手に同じ様なホームページを作って、入り口だけ本物と同じでクリックすると、借りるところは闇金融という。

ネット販売を展開している有名店でも、偽サイト詐欺については問題になっていますから、ほぼ同じ様なサイトを作ることは、今や難しくないのです。

特に、ブラックだと「どうしても今日中にお金を作らないといけない」と切羽詰まっていますので、こういった偽サイトに騙されることも。

URLを何度も確かめるなどして、容易に個人情報を書き込まないように、注意しましょう。



こんな記事も読まれています
lalaco257 | - | - | pookmark | category:こんな消費者金融は危ない