スポンサーリンク
Home >> こんな消費者金融は危ない >> クレジットカードの現金化は危ない?
Page: 2/24  << >>

クレジットカードの現金化は危ない?

JUGEMテーマ:借金返済

 

 

クレジットカードの現金化は危険です

 

クレジットカードを現金化する方法があるようですが、利用するには注意が必要です。

 

なぜなら、クレジットカードのショッピング枠利用して商品を購入した場合、支払いが終了するまで所有権は利用者にはありません。

 

完済までは商品の持ち主はクレジットカード会社となり、全額払い終わると所有の権利が移行するという仕組みだからです。

 

クレジットカード会社は、ショッピング枠で購入した商品の支払いが完全に済むまでは転売などを禁じているので、クレジットカードで商品を買っておいて、それを売却することは、許されないのです。

 

カード払いで発生した商品の払い込みが完全に終わっていないのに、手に入れた商品を質屋に持ち込んだり誰かに売ったりという現金化は、カードに定められている規約に反します。

 

質屋-ショッピング枠の現金化は危ない

 

もしこの方法を使ってクレジットカードのショッピング枠を現金化した方がいたとしても、その後の完済まで問題なくできるならぱ、トラブルに発展することなく話はこれで終わるのかもれしまん。

 

けれども、クレジットカードを現金化するほどの経済状況にあるという方が、借り入れたお金を確実に返しきれるのでしょうか?

 

最悪な場合には、自己破産などで返済ができなくなることも考えられます。

 

毎月の返済ができなくなった場合、クレジットカード会社から、支払いが完全に済んでいない商品については返却を求められる可能性もあるのです。

 

また、クレジットカードの現金化のような行為が、自己破産の手続き直前に行われていた場合には、詐欺罪として告発される可能性もありますから。

 

現金化することでクレジットカードを有効利用することは不可能ではないでしょうが、リスクも把握しておくべきです。

 

それに、業者によっては、「現金化」とうたっておいて、実際には、闇金融に個人情報を売るだけが目的の悪徳業者も居ます。

 

その上、法外な手数料を請求されて、拒否すると脅される、なんていうことも。

 

単純に、顧客にクレジットカード決済だけさせて、キャッシュバックはしないで、そのまま連絡がつかなくなる、なんていう体験談もあるようです。

 

最悪の場合、犯罪に加担させられるケースもあるので、気軽に手を出すことだけは止めましょう。

 

多重債務になって、お金が借りられなくなると、どうしても「このクレジットカードのショッピング枠をなんとか現金にできないか?」と思ってしまいますが、規約に反することだと言うことを、肝に銘じておきましょう。

 

よく、自己破産する前に、ショッピング枠でブランド物を買いあさり、片っ端から売って現金にする、という話を聞きますが、絶対にしてはいけません。

 

自己破産手続きをすれば、すぐに間近に大きな買い物をしたことはバレますし、信販会社から商品を返却してくれと言われることも多いです。

 

その時手元に無かったら?

 

自己破産できなくなるばかりか、裁判を起こされることだってあるのです。

 

お金が必要な時に借りられないと、焦ってろくでもないことを考えてしまいますが、一度冷静になってみましょう。


lalaco257 | - | - | pookmark | category:こんな消費者金融は危ない
Home >> こんな消費者金融は危ない >> ブラックでも作れるカードはデビットカードだけ?デポジット型ライフカードも?

ブラックでも作れるカードはデビットカードだけ?デポジット型ライフカードも?

JUGEMテーマ:借金返済
 

ブラックでも作れるクレジットカード」なんて無い、というのが世間の常識ですよね。

だけどこういった情報というのは、ネット中に溢れています。

私も、債務整理をした直後にはよく探したものです。

パソコンで調べる

債務整理をする前には「もうお金を借りるのはコリゴリ」と思ったにも関わらず、生活の苦しさから「ブラックでもお金を貸してくれるところ」や「ブラックでも作れるクレジットカード」の情報を求めてしまったんですね。

今となっては、恥ずかしい気もします。

ブラックでも作れるカードの所得方法教えます」というようなタイトルで、まことしやかな情報を販売しているところがあります。

中には、「VISAデビッドカードを所得すること」と書いてあるだけのひどいものもあるみたいですよ。

これは、わざわざ情報を買わなくても、今ではほとんどの人が知っていることです。

 

念の為、デビットカードについて書いておくと。

SURUGA銀行と楽天銀行、ジャパンネット銀行、りそな銀行や、三菱UFJ銀行などで作ることができます。

VISAということで、債務整理時にVISAカードが含まれていたり、楽天銀行に負債があった場合「デビットカードと言えども作れないのではないか?」と心配になる方もいらっしゃいますが、問題なく作れます。

 

※現在、VISA,JCB,Mastercardが付いたデビットカードが発行されています。

「デビットカード」なので当然ながらお金は借りられませんが、ショッピング一括払いの時だけはクレジットカードと同じように使うことが出来ます。

お店に「VISA」と書いてあるところなら、普通に「VISAカードでお願いします」と言えば、利用できますから、その辺はとても便利ですよね。

でも、やっぱりローン機能付きのクレジットカードが欲しいんですよ。

借金を背負っているのに、まだ懲りずに借りるのかと思われても仕方がないのですが、欲しいという気持ちはわかります。

贅沢品ではなく、ある程度値段が張るものを買い換えなければならない時に、ローンが組めないととても困るんですよね。

貯金をすれば良いのですが、貯まるのを待たずに突然壊れてしまうものもありますから。

「突然の出費」はどこの家庭にでもあるでしょう。

まあ、そういった気持ちを逆手にとって、こういう商材を販売するんですが・・・

スポンサーリンク



デビットカードじゃなければ、海外に銀行口座を作って、クレジットカードを発行してもらうという方法もあります。

でも、この場合は、デポジットであらかじめ、ある程度まとまった金額を入れておく必要があるんですよね。

それに国際送金になるので、自分の口座にお金を入れたり出したりするのにも、いちいちかなりの手数料がかかってしまいます

だから、お金に余裕がある人じゃないと利用できないかもしれません。

ただ、一定の期間デビットカードで実績を作れば、正式にクレジットカードが取得できる可能性が高いということ。

ここは、少し惹かれてしまいます。

まあ、国内でも、これと同じような制度ができて欲しいというのは虫が良すぎますかね。

クレジットカード専用の口座を作っておいて、そこに貯金しておく。

その貯金の範囲内だったら、ローンでの買い物も出来ると言うようなシステムがあればいいですよね。

そもそも「信用を無くした人」のために、そこまでしてくれるのか?と問われれば黙るしか無いんですけど。

ブラックになっても、債務整理後5年から10年くらい経てば、国内でもクレジットカードの取得はできる可能性があるので、それまで待つのが一番良いのかもしれません。

長い道のりになりますが、これも「借金を返せなかった」罰と思って諦めるしかないですね。

永久にクレジットカードが持てなくなるわけではない、と思うと少しは気が楽になります。

「明けない夜はない」ということでしょうか。

 

追記:そんな、クレジットカード難民に最適なのが、デポジット型ライフカード

 

年会費5,000円(税抜)と10万円以上の保証預り金(ゴールドカードだと年会費1万円で保証金20万円から190万円まで)で、同額まで利用できるという、まさに「待ち焦がれていた」カードです。

 

しかも、今まで審査に落ち続けていた人でも、デポジットすれば、ほぼ審査に受かるというのが、嬉しいですよね。

 

ただ、ブラックでも本当に取得できるの?審査には通るの?ということが知りたいのでは?

 

やはり、過去に、ライフカードを債務整理したり、系列会社のアイフルに迷惑をかけていた場合は、審査に落ちる確率は高いようです。

 

あと、自己破産の免責を受けてから1年以内だと、取得するのは難しいということ。

 

とは言え、実際に喪明け後に「デポジット型ライフカードの審査に受かった」という方は多数いらっしゃるので、上記の項目に当てはまらない人は、クレジットカード取得のチャンスかもしれませんよ。


lalaco257 | - | - | pookmark | category:こんな消費者金融は危ない
Home >> こんな消費者金融は危ない >> 「ブラックOK即日ご融資」は信じてはいけない

「ブラックOK即日ご融資」は信じてはいけない

JUGEMテーマ:借金地獄

 

「ブラックOK即日ご融資」というDMが、いきなり送られてきたらどうしますか?

 

今はメールの方が多いですが、ハガキや封書で来ると、余計ドキッとしますね。

 

だけど、相当お金に困っている時だったら?

 

うっかり引っかかってしまうかもしれません。

 

悪徳金融業者の手口は様々です。

 

オレオレ詐欺など悪徳商法

 

特に「ブラック」と呼ばれるようになると、もうどこからもお金を借りられない悲壮感で、「どこでもいいから貸してくれ!」と半ばヤケになってしまいます。

 

そうなってしまうと、悪徳業者の思う壺ですから、気をつけないといけません。

 

ブラックでも借りられる金融業者を知りませんか?」という質問をQ&Aサイトでよく見かけます。

 

気持ちはわかるのですが、なかなか無いと思いますよ。

 

それでも、インターネットで検索してみると、「ブラックでも債務整理中でも借りられる金融業者」は、割りとすぐに出てきます。

 

試しにやってみると、思った以上に金融業者の数があってビックリすることも。

 

実際、この質問者さんへの答えの中にも、「ここなら貸してくれますよ」なんていうリンクが貼ってありましたから。

 

みんなが悪徳業者というわけではないでしょうが、まともな金融業者をみつけるのは難しいでしょう。

 

数年前なら、中小の消費者金融が、こぞって「ブラックの方でもお貸しします」というようなキャンペーンらしきものをしていた時期もありました。

 

多重債務でも「他社借り入れ6社以上でも可」とか。

 

スポンサードリンク

 

 

ただ、まだグレーゾーン金利が主流の時期で、平気で年利29.9%とか取っていた時だから成り立ったのでしょうね。

 

今では、グレーゾーンは廃止されたし、消費者金融では、総量規制で世帯総所得の1/3までしか借り入れできません。

 

貸した方だって罰せられますから、そんな危険を冒してまで貸そうという業者は、ほとんどないでしょう。

 

だいたい、中小の消費者金融自体、この不況で結構経営難で姿を消しています。

 

「ブラックでも借りられる金融業者」については、ほとんどないという結論になりますね。

 

多重債務で悩んで居る方が引っかかりやすい悪徳業者のひとつに「整理屋」なんていうものもあります。

 

いかにも弁護士が間に入って債務整理の仲介をしてくれるような広告を載せ、今よりもずっと金利の安い方法での返済方法を提示してくるのです。

 

一見良い話のようですが、弁護士の紹介などはなく、必死で返済したとしても、整理屋の懐に入るだけで、ちっとも借金が減らないというのが実態のようです。

 

こうなったらもう、泥沼どころか地獄ですよね。

 

ブラックであろうがなかろうが、今の時代生活が苦しい方は多いでしょうから、どこからも借りられないというのは、とても厳しいことなのですがこれが現実です。

 

それならば、市の無料相談などで弁護士や司法書士を自分で探し、先に債務整理をしてから、公的資金である生活福祉資金貸付制度を利用するなどの方法しか、今は無いのかもしれません。

 

追記:「ブラックでも借りられる金融業者」で唯一信じられるとすれば、口コミで評判の良い街金でしょう。

 

それこそ、調べればたくさん出てきますが、セントラル、フクホー、ライフティなどは、よく耳にすると思います。

 

評判も悪くなく、正規の消費者金融ですので、騙されるということは無いでしょう。

 

ただし、滞納した時の対応は、取り立てこそ無いですが、かなり厳しいところもあるようです。

 

それと、一番注意したいのが、「評判の良い街金ほど、似たような名前の闇金融が多い」ということ。

 

中には、「名前をカタカナにしただけ」で運営しているような悪徳業者もあるので、ホームページがあるからと言っても、簡単に信用してはいけません。

 

十分に調べてから、契約するようにしましょう。


lalaco257 | - | - | pookmark | category:こんな消費者金融は危ない