こんな消費者金融は危ない | 債務整理体験談-500万円の借金を抱えた主婦の多重債務物語

債務整理体験代-500万の借金をかかえて
多重債務に陥っている方に。債務整理した体験談を交えながら、クレジットカードや債務整理全般、債務整理後の借り入れの方法などについて書いています。
こんな消費者金融は危ない | 債務整理体験談-500万円の借金を抱えた主婦の多重債務物語 記事一覧

お金を借りるための裏情報は信じられるの?

JUGEMテーマ:借金返済

ブラックでもお金を借りるための裏情報」なるものは、ネットにはたくさんあります。

中には、個人間での融資が受けられるサイトも。

まあ、これはすべてがいかがわしいわけではないのでしょうが、「個人です」という大義名分で、巧みにヤミ金と思われる金融業者も入り込んでいることが考えられますので、参考にする程度に留めておいた方が良いかもしれません。

そんな中、「どうしてもお金を借りたいので、ブラックでもお金を借りる裏技を教えてください」という方がいらっしゃいます。

何でも、お子さんがご病気だとのこと。

ご主人は失業中で、ご自身もお子さんが居るので働けないという。

しかも、債務整理をしたばかりだそうです。

身につまされる話ですよね。

だけど、私もそうでしたから言えるのですが、やはり、そんな究極に切羽詰った状態の時に、またお金を借りてしまったら、どうしようもなくなります。

「今はお金がないけど、これから一生懸命働けば、返せるようになるんだ」という希望を持つことは悪いことではありません。

だけど、「生活を立て直す」前に、また借金をしてしまっては、元も子もないんです。

確かに、「明日食べるものを買うお金もない」なんていう時には、「返済できるかどうか」なんていうことをあまり考えずに「お金を借りる」という行動を取ってしまいます。

お金がなければ、生きていけませんからね。

まあ、本当は生活保護を受ける状態だとは思うのですが、なかなか相談に行く勇気がなかったり、「全く働けないわけではないから」という理由で、行くことをためらいます。

スポンサードリンク


それはそれで、「お金がない」→「じゃあ、生活保護の申請をしよう」なんて安易に国に頼ってしまうよりも賢明なのだと思います。

生活保護のことは、今社会的な問題にもなっていますから。

ほとんどの方は、こう思うでしょう。「とにかく、今少しでもお金を貸してくれたらなんとかなる」と。

ただ・・・

実際問題として、今、民間の金融業者で「債務整理してブラックになっている人」にお金を貸してくれるところは、ほとんどないと言っていいと思います。

少し前まではあったようですが、今やほとんど姿を消していますから。

積極的に「ブラックの方にもお金を貸します」なんて言っているところは、残念ながらヤミ金融か、繋がっている金融業者でしょう。

だから、1年くらいの猶予期間を設けた、「お金に困っている人向け」の貸付があれば良いと思うんですよ。

本当にお金が無いかどうか見極めるのが大変なのかな、とも思いますが、「返す気があるかどうか?」を判定することができれば、業者も貸してくれるのではないかな?

結局債務整理した人は、財産まで調べられるわけだから、司法書士や弁護士の方が書いた書類を持っていくとか。

債務整理した人は、結局は自業自得という考えが世間一般の方々の根底にある限りは、実現しないでしょうね。
 

ただ、「一生懸命働いていても、最低限生活に必要なお金すら手に入らない」という人が現実に居るということが問題なんですよね。


こんな記事も読まれています
2018.10.01 Monday|-|-|-|-

街金で即日融資は難しい?実際に借りた人は居る?

JUGEMテーマ:借金返済

 

「中小の消費者金融で即日融資は難しい」という記事を書いたのですが、そもそも街金との違いは?というところからわからなくなってきます。

 

一般的には、街金=中小規模の消費者金融という認識になっているようですね。

 

なので、その解釈に沿って書いていきたいと思います。

 

「なんで街金にこだわるのか?」と言えば、債務整理をしたり多重債務でもうどこからもお金を借りられない状況になった場合、唯一頼れる民間の貸金業者が、この中小規模の消費者金融になるからです。

 

誰だって、名の知れたところから借りたいですし、できれば消費者金融からは借りたくないのです。

 

あっ、今は銀行と提携しているところもあるし、カードローン展開をしているところもあるので、そんなにこだわらないという方も増えているとは思いますが。

 

あとは、総量規制の施行で、消費者金融からの借り入れは、世帯年収の1/3と決まっているので、銀行系カードローンを選ぶという方も居るでしょう。

 

とは言え、大手消費者金融ならまだしも、街金から積極的にお金を借りたいという方は、あまり居ないと思います。

 

街金でお金を借りるかどうか悩む

 

「ここしか貸してくれそうに無いから」という理由で借りるのでしょうが、街金にたどり着くまでに、他で断られたりしていますから、相当切羽詰まっている状況というのは、安易に想像できます。

 

だから、「街金で即日融資してくれるところ」を探すでしょう。

 

実際にはどうなんでしょうか?

 

審査が緩いとされている中小の消費者金融なら、すぐにお金を振り込んでくれるのでは?と淡い期待を抱いてしまいます。

 

即日融資してくれるところはほとんど無いとは言いませんが、なかなか難しいようですよ。

 

スポンサーリンク

 

 

特に新規で申し込む場合、老舗で信用できると評判の消費者金融であればあるほど、審査には慎重で時間がかかると言われています。

 

長いところで2週間もかかるそうですから、「どうしても明日までに現金が必要」という時には使えませんね。

 

それに、スマホでも簡単に申し込みができる反面、入力項目が多いのも特徴です。

 

実際に借りた人の話によると、本人の勤め先の住所や電話番号、また在籍確認できる電話や、同居している家族の生年月日まで求められることも。

 

お給料に関しても、年収の他手取り収入やお給料日など、かなり細かな情報を入力するとなると、「ここまで個人情報をさらしてしまって、審査に落ちたら?」なんて考えてしまいます。

 

貸す側から見れば、他で借りられない訳ありの人が来る確率が高いわけですから、「取りはぐれは無いか?」「この人と突然連絡が取れなくなっても、身内から取れるか?」ということを、まず知りたいのでしょうね。

 

まあ、正規の消費者金融なら、個人情報が漏れることは無いのでしょうが、あまりにも根掘り葉掘り聞かれると、うんざりしてしまいます。

 

ただ、「過去に自己破産などの債務整理はしていますか?」という質問があって、その欄をyesにしても、収入などに問題がなければ受かる可能性が高い、というのは助かりますが。

 

その辺は、貸す側と借りる方とのせめぎあいと言いますか、「楽にすぐにお金を借りたい」私達との間の温度差とも言えるでしょう。

 

逆に言うと、入力項目も少なくて、審査もおざなりな感じで、すぐにお金が振り込まれる金融業者は危ない、すなわち闇金融であることが多いということにも繋がります。

 

もっとも、悪徳業者の中にも、個人情報を聞くだけ聞いておいて、「結局審査に通りませんでした」と言われ、気が付かないうちに個人情報が他社に売られていた、なんていう怖いこともあるので、一概には言えません。

 

結論としては、「ブラックでお金を借りようと思ったら、ある程度の煩雑さには耐える必要がある。」ということ。

 

お金が借りられるだけでもラッキーと思わないといけない、んですよね。


こんな記事も読まれています
2018.09.13 Thursday|-|-|-|-

車担保融資(車乗ったまま融資)の落とし穴とは?

JUGEMテーマ:借金返済

 

すぐにお金を作ろうと思ったら、手っ取り早いのが自分の持っている物を売ること。

 

だけど、金目のものはすべて手放してしまったし、だいたい生活するお金にもこと欠くくらいなのに、そうそうお金になるものも無いのです。

 

私も多重債務だった時はそうでした。

 

唯一お金になりそうな車を手放そうかと思いましたが、仕事に使っているものだからそうも行かず。

 

そんな時に車に乗ったままお金を貸してくれるところがあるらしい」と聞いたのですが・・・

 

車乗ったまま融資の落とし穴

 

車乗ったまま融資」という融資方法は、車を所有している方はすでにご存知ではないでしょうか?

 

ローンやクレジットを組み過ぎて多重債務気味になり、もうどこからも借りられなくなった方にとって気になるのが「車担保融資」かもしれません。

 

ある程度の価値のある車に乗っていらっしゃる場合は、結構たくさん貸してくれるかもしれませんよね。

 

車を預けてお金を借りる方法」と「車に乗ったままでお金を借りる方法」という2種類の借り方があるのですが、後者が多いことから車乗ったまま融資とも言われています。

 

ただし車を預けた場合には「預かり料」がかかりますし、車に乗ったままの場合は「利用料」がかかるというシステムになっていますので、いずれにしても利息以外のお金を取られるのです。

 

預かってもらている間はもちろん車は利用できないのに、駐車料並の金額を支払ったり、自分の車に乗っているのに、利用料を支払わなくてはならないというのは、なんだか理不尽な気がします。

 

スポンサーリンク

 

 

しかも、借りたお金を返せない場合は、担保となっている車は失ってしまうわけです。 「

 

車を取られても仕方がない」くらいの覚悟で借りるか、「絶対に借金の返済が出来る」という自信がある場合のみ、利用された方が良いかと思います。

 

いずれにしても、高金利のところが多いですし(金利が低い場合は手数料が高い)、中には悪徳業者と言われるところも参入していますので、「どこからも借りられない場合の、最後の手段」と考えた方が良さそうですね。

 

もし、どうしてもお金が足りなくて「車しか価値のある物は残っていない」ということであれば、思い切って中古車店に持ち込んだ方が良いと思いますよ。

 

車は失ってしまいますが、それ相当の金額で買取ってくれますし、高価な車を手放して、この際リーズナブルな車に買い換えるということもできますから。

 

また、車が無くても何とか生活できるのであれば、維持費もかかるので、この際手放してして車の無い生活を送る、というのもひとつの手段ですね。

 

とにかく、「車を失わずにお金が借りられる」と単純に考えない方が良いということ。

 

少なくとも「車が無ければ生活できない」という地域に住んでいる場合は、「家を担保にお金を借りているのと一緒」ととらえた方が良いでしょう。

 

まあ、不動産担保ローンとは、ちょっと毛色が違いますが。

 

いずれにしても、「車に乗ったままで融資を受けられるのなら便利」とばかりに、気軽に利用するものでは無い、というのが正直なところです。

 


こんな記事も読まれています
2018.09.08 Saturday|-|-|-|-
Copyright © こんな消費者金融は危ない | 債務整理体験談-500万円の借金を抱えた主婦の多重債務物語 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます