スポンサーリンク
Home >> こんな消費者金融は危ない >> ブラックでも取得できる海外クレジットカードとは?
Page: 2/21  << >>

ブラックでも取得できる海外クレジットカードとは?

JUGEMテーマ:借金返済

債務整理した人はもちろん多重債務の人などいわゆる「金融ブラック」と呼ばれると、クレジットカードはおろか、商品を購入する場合の分割払いはできなくなります。

また、携帯など月々支払うものについての契約がし辛くなることもあるとも言われています。

あとは、稀に賃貸住宅の契約で断られることも。

これは、経験してみると相当困ったことで、「自業自得」と言われればそれまでなのですが、自営業の場合は運営に支障をきたす事もしばしばです。

また、サラリーマンの方でも、クレジットカードの一枚も持っていないとなると、社会的に信用されなくなったり、周りに「ブラックである」ことがバレてしまいかねません。



だから、「お金は借りられなくても我慢するから、クレジットカードは所有したい」というのが本音なわけです。

国内でいくら「審査の甘いクレジットカード」とか「審査の緩い消費者金融」と探しても、出てくるのは「闇金融」と思わせるような業者ばかり。

唯一、日本でブラックでも取得できるカードは、VISAデビットカードのみです。

クレジットカードではありませんが、銀行口座に現金さえ預けておけば、クレジットカードとして使うことができます。

このVISAデビットカードが使えるようになったのは、本当にラッキーとしかいいようがありません。

ただ、クレジットカードとしてショッピングはできるのですが、分割払いには対応しておらず、「クレジットカードのようでクレジットカードではない」という微妙な位置づけになっています。

それで、ブラックだけど「どうしても本物のクレジットカードを所有したい」という方が、国際カードの申請をするわけですね。

国際クレジットカードの取得については、あまり知られていないようですが、たいていの場合は取得代行業者に依頼します。

そして、そのカードを使用するためには、あらかじめデポジットとしてかなりの金額の預託金が必要になります。

預託金を送金するには、送金手数料として最大で8,000円くらいかかるそうです。

となると、代行業者に支払う手数料が3万から7万ということですから、預託金数十万に送金するたびにかかる手数料も合わせると、想像以上にお金がかかると言えますね。

しかも、最初はデビットカードとして取得して3ヵ月くらい何度か国際送金を繰り返して取引実績を作った後に、晴れてクレジットカードが取得できるケースがほとんど。

となると、その間にいくらかかるかわからないくらいです。

スポンサードリンク



それだったら、債務整理して数年待ってから、国内のクレジットカードを申請した方が良いかもしれないですね。

「ブラックだけど、今は金銭的な余裕がある」という方でないと、海外クレジットカードの取得は難しいと思います。

それでも、「可能性があるんだったらチャレンジしてみたい」、という方なら大丈夫でしょうが。

日本国内でも、こういったデビットカードからクレジットカードへの昇格のようなものがあればいいですね。

デビットカードを利用していれば、信用履歴として積み重ねられていくというシステムがあれば良いと思いませんか?

 

今のところ、デビットカードをいくら利用しても、履歴が信用情報に残ることは無いですから。

まあ、そんなことよりも、ブラックから抜けられてクレジットカードが晴れて取得できる日までに、少しでも収入を増やして、今度こそ、きちん利用できるようにする準備をする方が大切でしょう。

それと、デビットカード利用者でも支払い不能になる人が増えているみたいなので、まずは、銀行口座への入金を怠らず、支払いをきちんとするという習慣を付けることが大切だと思います。

 

履歴は残らなくても、クレジットカードを持てた時の練習と考えれば、二度と無茶な使い方はしないと思うんですよ。



lalaco257 | - | - | pookmark | category:こんな消費者金融は危ない
Home >> こんな消費者金融は危ない >> 闇金融の手口はますます巧妙になっている

闇金融の手口はますます巧妙になっている

JUGEMテーマ:借金地獄

 

借金地獄と言われるくらいですから、まともな金融業者からお金を借りていても、多重債務にまでなってしまうと、もう蟻地獄に飲み込まれたかのように、身動きが取れなくなってしまいます。

 

ましてや、悪徳業者、いいわゆる闇金融やソフト闇金と呼ばれるところから借りてしまったら、それこそ身ぐるみはがされていまうのです。

 

表現がいささか古いですが・・・

 

今までは、主な広告の場として「チラシ」を利用していましたが、今やスマホやSNSまで駆使している闇金業者も多いとか。

 

SNSなどを利用した悪徳金融業者

 

知らないうちに、魔の手にかかっていた、なんていうことにならないように、気を付けたいですね。

 

考えてみたら、昔は(今でも地方では見かけますが)、電柱の広告であったり、空き家や民家の塀に目立つように貼り付けられていたサラ金の広告

 

「破産していても融資できます」とか「借金にお困りの方、ご相談ください」など、一見親切な文面の中にはも怪しさは感じるので、「わかりやくかった」のかもしれません。

 

子供心に、「こんなところに電話をするようになったらおしまいなのかな?」なんて思ってことがありましたから。

 

新聞広告や求人広告に載っていたこともありました。

 

未だにチラシ効果はあるようで、全部無くなったわけではないのですが、今は国民皆スマホを持っている時代です。

 

LINEなんてほとんどの方がしているのではないか?というくらい、広まっていますよね。

 

悪徳業者が目を付けないわけがありません。

 

LINE・Twitter・FACEBOOKで、架空の取り立て被害が増えているそうです。

 

全く身に覚えがない場合は相手にしないのでしょうが、過去に悪徳サラ金業者などからお金を借りたことがあったりした場合、「まだ返済されていないお金がある」なんて言われたら、慌てて振り込んでしまうこともあり得ます。

 

そうなったら、相手の思うつぼ。

 

スポンサーリンク

 

 

あろうことか、今度はこちらの銀行口座に逆にヤミ金融業者から振込があったケースも。

 

「借りていない」と言うと、「そちらから依頼がありました」の一点張り。

 

挙句の果てには10日で1割(トイチと呼ばれ年利365%)の利息を請求されるのですが、ようやくそのお金を返しても、許してはくれません。

 

返済先の振込口座がコロコロ代わって、「返済されていない」と返金されてきたりするのです。

 

「借りてない」「返してもらってない」のいたちごっこで、その間も容赦なく利息は増え続けている、いう地獄図。

 

また、多重債務者をターゲットにした「借金を整理します。」という広告を出し、「弁護士を紹介する」と言って安心させる手口もあります。

 

実際には新たな借入先として闇金融を紹介され、「返済額が安くなる」と言われたにも関わらず法外な利息を取られ、しかも弁護士に話を通す、と言われて待っている間も実は延滞金は発生し、整理手数料なるものまで取られることもある、ということ。

 

ここまでくると、なんとか詐欺と手口は変わりませんね。

 

というか、もともと法律に違反した悪徳業者なので、なんら変わらないと思って良いでしょう。

 

多重債務から債務整理を決心するまで、というのは、非常に精神も不安定で、こういった悪徳業者にも騙されやすい時期です。

 

常に冷静さを失わないように、注意を怠らないようにしたいものです。



lalaco257 | - | - | pookmark | category:こんな消費者金融は危ない
Home >> こんな消費者金融は危ない >> ヤミ金融からお金を借りてしまったらどうすればいい?

ヤミ金融からお金を借りてしまったらどうすればいい?

JUGEMテーマ:借金地獄


多重債務になっても、たとえ「明日食べるお金が無い」という状態になっても「ヤミ金融」でお金を借りたいと思う人はいないでしょう。

ではどうして借りてしまうのか?

悪徳な金融業者は、「どうしてもお金を借りたい」という私達の心のすきに付け込むのです。

例えば「低金利でご融資します」なんていうチラシが目に止まったとします。

「どうせ借りられないよなー」と思っても、「100%ご融資可能」とか「自己破産経験者でもOK ご相談に応じます」なんて書いてあったら?

「他社借入件数6件以上でも融資受け付けています」とか。

もう、「どこからも借りられない」と思っている人にとっては、これでもかというくらい甘い言葉を投げかけてくるのです。

ついフラフラっと電話をかけてしまっても、不思議ではありません。



通常、こういった広告を掲載しているのは、「紹介屋」と呼ばれる人たちで、ヤミ金まがいの非正規金融業者を紹介されることになります。

ですので、この時に手数料を取られるか、金融業者からお金を借りた時に、手数料も一緒に支払うようなことになっているケースが多いです。

「お客を連れてきたらいくら」と金融業者からマージンをもらっているというパターンもあるのでしょうが。

あとは、「整理屋」と言って、多重債務者をターゲットにした業者も存在するようです。

よく「あちこちから借りている借金を整理しませんか?」なんておまとめローンと間違えそうな広告を目にすることがあります。

一見弱者救済のように思えますが、悪徳弁護士が債権者との間に入って月々の返済額を少なくするというものですが、結局は返済をいくら続けても債権者には全く支払われていないのです。

それどころか、法外な手数料を借金整理手数料という名目で搾取されるケースもあり、「毎月の支払が楽になった」なんて喜んでいるのは最初のうちだけ、そのうちじわじわ苦しめられることになるというわけ。

考えただけでも怖いですよね。

とにかくさわらぬ神にたたりなしで、「あやしいな」と思ったら近づかないに越したことはないのですが、もし甘い誘惑に乗ってしまい、ヤミ金融がお金を借りてしまったら?

少し前に読んだ記事で、実際にお金を借りた方の体験談がありました。

その方は、自己破産していたので、もうどこからも借りられないと思い、正規の消費者金融ではないことを承知で借りたんですね。

恐る恐る電話をかけてみたら?

スポンサードリンク

 


ちょっとチャラい感じの若い男性が出たそうですが、普通の金融業者のような受け答えがあり、簡単な審査の後融資OKに。

利息の話になり、「今ならキャンペーン期間中で安くなります。」と言われたそうですが、それが俗にいうトイチ(10日で1割かそれ以上)だったという笑えない話も。

話が違うと思いながらも、他に借りるところもないのでそのまま借りることに。

「すぐに返せば大丈夫」と思い、なんとか返済日である10日後に間に合わせてお金を作ったのですが・・・

「返済先の口座を知らせるので事前に電話をして」と言われていた電話番号に、何度かけてもつながらないのです。

やっとつながったと思ったら、「もう遅いので返済できません」と言われた、という。

こんな感じで、ずるずる返済期間を長引かせて、利息をどんどん膨れ上がらせようという魂胆なんでしょうね。

その人は、半ば強引に振込先を聞き出し、本来の利息よりも多めに振り込むことで、なんとか難を逃れたということですが。

業者によっては、返済した後も、何度もしつこく融資を勧める電話をかけてきたり、中には勤務先にまでかけてくることもあるということなので、安心はできないですよね。

とにかく、少しでも弱みを見せれば付け入られるので、何が何でも返済する方向に持っていくのが一番です。

自分の手には負えないと思ったら、弁護士なり、誰かに相談することも考えてください。

 



lalaco257 | - | - | pookmark | category:こんな消費者金融は危ない