スポンサーリンク
Home >> 自己破産のメリット・デメリット >> お金の失敗はやり直せる?自己破産しても生活を立て直す方法とは?
Page: 2/26  << >>

お金の失敗はやり直せる?自己破産しても生活を立て直す方法とは?

JUGEMテーマ:借金返済

 

債務整理について調べてみると、「自己破産するともう終わりだ」という意見が目立つような気がします。

 

私も、少し前までは「自己破産するくらいなら、この世から居なくなってしまった方が・・・」と思っていました。

 

でも、実際に自己破産した人の日記などを見ると、意外と普通に生活できている方が多いようです。

 

まあ、「普通に」と言ってもさすがに借金を抱える前の状態にすんなりと戻れる、と言うことではないのですし、制約を受けることも多いのですが、とにかく思ったよりも平穏に暮らしていらっしゃるのです。

 

それでも負い目はありますし、「自分を卑下してしまう」ということもあったりしますが、他の人に知られることはあまりないため、ひっそりと暮らしていれば、特に困ることはないんですね。

 

定年後に知り合いの保証人になっていたがために多額の借金を背負い、仕方なく自己破産された方は、「孫とのんびり過ごす時間ができるなんて、夢にも思わなかった。」と言われています。

 

孫とのんびり暮らす-債務整理体験談

 

ローンを借りていた銀行とかの口座は凍結されますから、実質そちらの銀行とは取引ができなくなりますが、他の銀行に口座を開くことは可能ですから、問題ありません。

 

クレジットカードはデビットカードで何とかなるのです。

 

問題があるとすれば、精神面でしょうね。

 

どうしても「こんなことになってしまった」という気持ちが消えないので、「うつ状態」になることもあるようです。

 

真面目な方ほど失敗してしまった自分を責めるようで、うつ病を発症して、働けなくなり家から一歩も出られなくなることも。

 

私もそうなりかけたことが何度もあるのでわかるのですが、そこまで行ってしまうと、生活を立て直すこともできなくなってしまいます。

 

そのためには、考え方を変えなければならないのです。

 

【中古】お金の失敗は必ずやり直せる! 自己破産者が教える借金生活を変える法 /現代人文社/石山照太 (単行本)
 

という本があるのですが、著者は、介護や医療費のために借金をし自己破産を実際に経験した方なので、多重債務者の気持ちに寄り添って書かれています。

 

自己破産は人生の失敗と考えがちですが、「お金の失敗」と割り切れば、自分自身を全否定することにはならないのではないか?と思うんですよ。

 

確かに、会社を潰してしまったり、家計を破綻に追い込んでしまったりすることは、人生の失敗につながります。

 

それでも、「お金の失敗」と割り切って、「お金の使い方が悪かったんだ」と思えば、改善する余地は出てきます。

 

「私の今までの人生は間違っていた」とか「生まれて来なければ良かった」とまで思い詰めてしまえば、精神が病むばかり。

 

スポンサーリンク

 

 

ならば、「お金の使い方」に絞って人生をやり直せば、軌道修正もしやすいのではないでしょうか?

 

いくら悔やんでも、過去には戻れませんから。

 

多重債務から債務整理と、あまりにもお金に縛られ、お金に困った生活を続けていると、何となく人格までゆがんでしまったような気がします。

 

そして、楽しいことや嬉しいことを封印してしまう傾向にあります。

 

だけど、生活を立て直すには、精神状態も良くないと無理なんですよ。

 

これは経験上よくわかります。

 

債務整理をすると、いろいろなところに迷惑をかけるのですから、後ろめたさがあるのは仕方のないことですが、楽しい気持ちまで封印してしまっては、前に進むことなどできません。

 

とにかく笑うことを心がけると、自然と気持ちに余裕が出てくるので、騙されたと思って実践してみてください。

 

病気の治療にも「笑い」を取り入れると効果的、ということで落語家さんなどが講演会をされている、という話がありますが、進んで笑おうとする、という気持ちが大切なんだと思います。

 

それで家庭が少しでも明るくなれば、子どもたちも元気になれますから。


スポンサーリンク

lalaco257 | - | - | pookmark | category:自己破産のメリット・デメリット
Home >> 自己破産のメリット・デメリット >> ホームレスが増える?破産して路上生活者になったら?

ホームレスが増える?破産して路上生活者になったら?

JUGEMテーマ:借金地獄

 

多重債務者にとって、路上生活者というのも絵空事ではありませんね。

 

だって、そのまま借金にまみれていても、いずれは家を無くし、家賃も滞納して住むところも無くなる、なんていうことも考えられるのですから。

 

家賃滞納-債務整理体験談

 

それに、一大決心をして債務整理をしたとしても、自己破産だと家は取られてしまいます。

 

そしたらやっぱりホームレス?なんて悲観してしまいますよね。

 

自己破産してホームレスになってしまう確率が、どれくらいあるかはわかりませんが、原因が貧困であることは明らかです。

 

路上生活している人だって、みんながみんな、借金を背負ってと言うわけではないでしょうし。

 

もしかしたら、病気になって働けなくなった上での路上生活かもしれません。

 

借金をかかえている人だって、ギャンブルに使い込んだなんていう人は今は少ないでしょうから、生活のために借りるんですよね。

 

国民の大半が「生活に不安をかかえて」いて、その中の数十パーセント以上の方が最低限の生活すら送れていないというこの現状。

 

その上、この間流れてきたニュースでは、"路上生活者のための「ホームレス自立支援特別措置法」が8月に期限を迎え、延長せずに失効する公算が大きいことが分かった。"ということ。(ヤフーニュースから引用)

 

どういうことかというと、この「特別措置法」というのは、ホームレス対策事業を動かしている源とも言える存在なので、無くなると、ホームレスに仕事を世話したり、数を把握したりということができなくなるのだそうです。

 

ただでさえ、倒産する会社は増え、貧困世帯も増加しているというのに、路頭に迷ってさらにホームレスが増えてしまうことになる、というのは安易に想像できますね。

 

スポンサーリンク

 

 

まあ、ホームレスと言っても、アメリカには、「自分自身の判断で家を持たない主義」という方もいらっしゃるようで・・・

 

ドキュメンタリーにもなっているので、ご存知の方も多いでしょうが、モデルで俳優業もこなされているナイスミドルの男性が、実はホームレスだった、という。

 

朝の身だしなみは公園のトイレで済ませ、シャワーは通っているトレーニングルームで借りられるし、寝るところはビルの屋上などですって。

 

「スポーツジムに通えるくらいなんだから、アパートの一室くらい借りられるのでは?」と思うのですが、彼にとっては「住むところ」は必要無いということなんでしょう。

 

まあ、ここまで割り切ってしまえば良いのですが、普通は住むところも無くなってしまえば、絶望感にさいなまれ、「もう人生おしまいだ」と思ってしまいますよね。

 

実際に、路上生活者の健康状態や精神状態は、かなり悪いらしいです。
 

自己破産した人だけでなく、貧困で住むところも無い人が、一定期間だけでも安心して住める場所があれば良いのですが・・・

 

今はNPO団体頼り、ということでしょうか?

 

もう、自分の身は自分で守るしかない時代だ、というのがよーくわかりますね。


スポンサーリンク

lalaco257 | - | - | pookmark | category:自己破産のメリット・デメリット
Home >> 自己破産のメリット・デメリット >> 奨学金で自己破産?教育ローンが借りられなければ奨学金という選択は・・・

奨学金で自己破産?教育ローンが借りられなければ奨学金という選択は・・・

JUGEMテーマ:借金返済

 

少し前の話ですが、奨学金が返せずに自己破産した男性の話がニュースになりました。

 

「奨学金で自己破産?」なんてびっくりしたのを覚えていますが、考えてみたら返済義務のある奨学金も借金なんですよね。

 

例え無利子で借りられたとしても、月約4万円借りていたとしたら、一年で48万円。

 

大学の4年間では192万円もの借金に膨れ上がっているということ。

 

大学生-債務整理体験談

 

家庭が貧しくて、高校時代から借りていたとしたら、300万円近い借金を新卒で会社に入った瞬間から背負うことになるのです。

 

うーん、これは大変なことですよ。

 

しかも、今は就職難で、大学で学んだ知識を十分に活かせる職場を探せず、止む無く安い賃金で働かざるをえない、なんていうこともあるのです。

 

若くても病気になることもあるでしょう。

 

借りた本人が返せなくなると、おのずと保証人である親や親戚のところに返済義務が生じますから、自己破産さえできない状況になることも。

 

いや、前途洋々な若者が自己破産しなければならなくなる、というのも、考えてみたらひどい話なんですが・・・

 

私の親戚の子も、奨学金制度を利用していて、今年から就職したのですが、「なるべく夜勤をシフトに多く入れてもらっている」ということ。

 

「夜勤はキツイんじゃないの?」と聞くと、「体はきついけど、時間外手当が付くから、それだけお給料が増えるから」と。

 

奨学金を300万くらい返さなきゃいけないから、そのくらい働かないと返せないんだよ」と言うんですよね。

 

しかも、今は大学で学んだことを活かせる仕事には就かないで収入重視の仕事を選び、10年ほどかけて奨学金を返済した後に、やっと自分のやりたい仕事に就けるかな?なんて言ってました。

 

スポンサーリンク

 

 

いやー、頭を何かで殴られたような気がしましたね。

 

何も悪いことをしていないばかりか、「大学に行って勉強したい」がために奨学金を利用しただけなのに、こんな目に遭うなんて。

 

まあ、この子の場合はとても前向きで、人生設計もできているみたいなのでまだ良いのですが、奨学金という借金を抱えてしまったばかりに、人生が狂ってしまうこともありますから。

 

このブログでも、ブラックでも子どもには十分な教育を受けさせてあげたい

 

だけど、教育ローンが組めなくて悩んでいるのなら、奨学金を利用するという方法がありますよ、なんて書いてきましたが、一概におすすめできるかどうかも疑問に思えてきました。

 

いや、社会人になったらきっちりと返すんだ、という気持ちが強くて、「それでもどうしても大学に行きたいから利用する」という覚悟ができていればまだ良いのでしょうが・・・

 

さまざまな理由があって、奨学金が返せなくて自己破産にまで追い込まれている人が居る、という事実を目の当たりにすると、そういった考え方は安易なのかもしれない、と思ってしまいます。

 

一部で、「返済義務の無い給付型奨学金制度」を推進する動きがあるようですが、もし実現するのなら、特に低所得層の子どもたちを優先して考えてほしいですね。


スポンサーリンク

lalaco257 | - | - | pookmark | category:自己破産のメリット・デメリット