スポンサーリンク
Home >> 自己破産のメリット・デメリット >> 自己破産する人には共通する特徴がある?体験談から見えること
Page: 2/28  << >>

自己破産する人には共通する特徴がある?体験談から見えること

JUGEMテーマ:借金地獄

 

自己破産は、決して特別な人がするものでは無くなってきました。

 

もしかしたら、あなたの周りにも、過去に自己破産した人がいるかもしれないのです。

 

だからどうだって言うことではないのですが、明日は我が身と受け取って、「そうならないためにはどうすれば良いか?」考えたほうが良いと思いますよ。

 

実は、自己破産した人にはある共通点があった、ということ。

 

一般的に借金を繰り返す人の特徴というのは

 

○お金にルーズ

 

○ギャンブル好きで、損してもすぐに取り返せると思っている

 

○もともと金遣いが荒い。お金を手にしたらすぐに使ってしまう

 

○見栄っ張りで、給料が安くてもブランド品などを身に着けている

 

などでしょう。

 

当たっていないことも無いのですが、それは、生活していけるだけのお金が、庶民に行き渡っていた時代のこと。

 

今は、とにかく「生活費が足りなくて」借金する人がほとんどです。

 

生活に疲れたサラリーマン-債務整理体験談

 

では、なぜ足りなくなるのか?ですが、これに関しては、「そもそもお給料が少なすぎて、独身でも必要最低限の暮らしができない」という世帯の人たちではなく、「最初は余裕のある暮らしをしていた」という人が多いって知ってました?

 

どういうことか?と言うと、そもそも最初からお金の無い世帯は、あまり借金をしないのです。

 

というか、数年前のドラマで、嵐の二宮和也さん主演の「山田太郎ものがたり」を見ていたのですが、貧乏な主人公がセレブの学校に通う話しでしたよね。

 

その家訓のひとつに「お金は借りるな。返せない。」というのがあったんですよ。

 

「本当に、その通りだな。」と感心したのを覚えているのですが、その後、自分が「返せる」と思ってお金を借りたのに、返せなくなって任意整理をしようとは、当時は思ってもいませんでした。

 

何が言いたいのか?と言うと、私のように、借金を始めた時は比較的収入に余裕があり、「このくらい借りてもすぐに返せる」と思って借りた人の方が、のちのち借金の泥沼に、すっぽりはまってしまう可能性は高い、ということ。

 

スポンサーリンク

 

 

自己破産を経験したA子さんも

 

 贅沢はできないけど、夫の給料は家族三人暮らしていくのに十分な金額で、私は専業主婦として子育てに専念していました。

だけど、ある日、職場で夫が怪我をしたのです。

しかも、治療は長引き、会社からの労災もおりず、突然の解雇を言い渡されました。

その場しのぎでキャッシングでお金を借りた時は、まだ貯金もあり返せる状況でしたが、夫の職場復帰まで予想以上に時間がかかり、私がパートに出ることに。

 

 しかし、その時には、すでに月々の支払い金額は5万円にもなっていて、パート代はそっくりそのまま借金返済に消え、そのうち生活費も足りなくなって、その分も借金で回すようになったんです。

 

 気がついたら、借金総額は700万以上に膨れ上がり、もうどうしようも無くなった時に、自己破産する決心をしました。

 

ということ。

 

もうひとり、Bさんの場合は

 

 結婚後、ちょっと無理してマイホームを購入したのはいいけれど、月々10万円の返済は厳しかった。

それでも、夫婦とも働きでなんとか乗り切っていましたが、突然のリストラ。

転職しようにも、次の仕事がなかなか見つからず、あるのは今のお給料の半分くらいの職ばかり。

 

 「お金のために妥協したくない」とアルバイトで食いつなぎながらの職探しは続きますが、「とりあえず消費者金融から50万円借りた」のを引き金に、借りては返しの繰り返しに突入してしまいます。

 

 結局、マイホームを手放しても払いきれないほどの借金を抱え、自己破産の道を選んだそうです。

 

お二人とも、今は、生活も立て直し、裕福ではないけれど生活に余裕のある暮らしをされてるそうですが、「返せる」という気持ちがあるからこそ、借金に頼ってしまう、負のスパイラルにおちいった、ということですね。

 

決して「他人事では済まない」というのが、おわかりいただけたのではないでしょうか?



こんな記事も読まれています
lalaco257 | - | - | pookmark | category:自己破産のメリット・デメリット
Home >> 自己破産のメリット・デメリット >> 主婦が自己破産する時は女性の弁護士の方が良い?

主婦が自己破産する時は女性の弁護士の方が良い?

JUGEMテーマ:借金地獄

 

自己破産を決心する時というのは、本当に清水寺から飛び降りるくらいの覚悟が必要になります。

 

と言いますか、逆に安易に自己破産を選ぶようでは、その先も生活の立て直しは難しいでしょう。

 

特に主婦が自己破産を決心する時は、もう相当追い詰められているはず。

 

もし、夫に内緒の借金だったりしたら、もう毎日生きている心地がしないくらいだと思います。

 

借金苦に追い込まれている主婦

 

それでも、最初は生活費が足りないという理由で借りた借金が、どんどん膨らんで大きくなり、気がついた時には返せなくなったというケースは、思った以上にあるものです。

 

お金って、貯めようと思ってもなかなか貯まらないですが、出ていく時はいっぺんで、しかも待った無し。

 

一家の経済を担っているだけに、何もかも我慢し続けている主婦だからこそ、やりくりしてもどうにもならない事態におちいることは、恐怖しか無いのです。

 

たいていは、旦那さんのお給料が下がってしまったり、家族の病気が引き金となり、借金を重ねてしまうケースでしょう。

 

それでも、夫に借金のことは言えないのが辛いところ。

 

特に、毎日汗みどろになって働いてくれている旦那さんに、「生活費が足りない」とは言い出せないですよね。

 

だけど、一度借金をしてしまうと、少しくらいパートに出ても、焼け石に水となることが多いです。

 

ましてや、小さなお子さんを抱えていては、外に働きに出ることさえままならず。

 

今月だけ少しお金を借りよう」とお金を借りたはいいけれど、あてにしていたボーナスもカットされてしまい、なんて、だいたい悪い方向に向かってしまうのが常なのです。

 

そのうち、借金を返すために借金を重ねてしまうと、数百万円の借金を抱えることも珍しくは無い、ということ。

 

ここまで来れば、まず最初にすることは「誰かに相談する」です。

 

夫に相談するのが一番なのですが、「その前に専門家に相談したい」となった場合、弁護士事務所の戸を叩くのは、非常に勇気が要りますよね。

 

スポンサーリンク

 

 

今は、ネットでも匿名で相談できる弁護士事務所があるので、メール相談してみるという方法もあります。

 

話を聞いてもらうことで少しは気が楽になり、旦那さんとも話し合うことができるかもしれません。

 

その結果、自己破産を回避できたら、それはそれで良いことですから。

 

ただ、もうどうしようも無い状態で、債務整理や自己破産をするしか無いと腹をくくったら。

 

依頼するのは、女性の弁護士の方が良いのでしょうか?

 

それは、依頼する人にも依りますが、やはり女性の方が話しやすいということはあるでしょう。

 

いきなり強面の男性弁護士だったら(私がそうだったのですが)、言いたいことも言えなかったりしますので。

 

結局、私の場合は、最終的にはとても良い弁護士さんに当たったと思ったのですが、ひとりで相談に行く場合、少しでも威圧感を感じない方が、相談しやすいと思います。

 

もし、女性の弁護士さんが居ない場合は、債務整理に長けたベテラン弁護士さんに依頼するという方法も。

 

これも、その弁護士さん次第ですが、経験豊富な分、こちらの話を引き出してくれますから。

 

いずれにしても、ひとりで悩みを抱え込まないということが大切です。

 

どうしても、悪い方にばかり考えが行って、精神的なダメージを負うばかりか、家族まで不幸にしてしまうかもしれないですよね。

 

いきなり法律事務所に向かうの勇気が出ない場合は、法テラスで相談するという方法もあります。



こんな記事も読まれています
lalaco257 | - | - | pookmark | category:自己破産のメリット・デメリット
Home >> 自己破産のメリット・デメリット >> 奨学金で自己破産?教育ローンが借りられなければ奨学金という選択は・・・

奨学金で自己破産?教育ローンが借りられなければ奨学金という選択は・・・

JUGEMテーマ:借金返済

 

少し前の話ですが、奨学金が返せずに自己破産した男性の話がニュースになりました。

 

「奨学金で自己破産?」なんてびっくりしたのを覚えていますが、考えてみたら返済義務のある奨学金も借金なんですよね。

 

例え無利子で借りられたとしても、月約4万円借りていたとしたら、一年で48万円。

 

大学の4年間では192万円もの借金に膨れ上がっているということ。

 

大学生-債務整理体験談

 

家庭が貧しくて、高校時代から借りていたとしたら、300万円近い借金を新卒で会社に入った瞬間から背負うことになるのです。

 

うーん、これは大変なことですよ。

 

しかも、今は就職難で、大学で学んだ知識を十分に活かせる職場を探せず、止む無く安い賃金で働かざるをえない、なんていうこともあるのです。

 

若くても病気になることもあるでしょう。

 

借りた本人が返せなくなると、おのずと保証人である親や親戚のところに返済義務が生じますから、自己破産さえできない状況になることも。

 

いや、前途洋々な若者が自己破産しなければならなくなる、というのも、考えてみたらひどい話なんですが・・・

 

私の親戚の子も、奨学金制度を利用していて、今年から就職したのですが、「なるべく夜勤をシフトに多く入れてもらっている」ということ。

 

「夜勤はキツイんじゃないの?」と聞くと、「体はきついけど、時間外手当が付くので、それだけお給料が増えるから」と。

 

奨学金の返済額が300万くらいあるから、そのくらい働かないと返せないんだよ」と言うんですよね。

 

しかも、今は大学で学んだことを活かせる仕事には就かないで、収入重視の仕事を選び、10年ほどかけて奨学金を返済した後に、やっと自分のやりたい仕事に就けるかな?なんて言ってました。

 

スポンサーリンク

 

 

いやー、頭を何かで殴られたような気がしましたね。

 

何も悪いことをしていないばかりか、「大学に行って勉強したい」がために奨学金を利用しただけなのに、こんな目に遭うなんて。

 

まあ、この子の場合はとても前向きで、人生設計もできているみたいなのでまだ良いのですが、奨学金という借金を抱えてしまったばかりに、人生が狂ってしまうこともありますから。

 

このブログでも、ブラックでも子どもには十分な教育を受けさせてあげたいという気持ちがひしひしと伝わってくるような、ご質問をよくいただきます。

 

だけど、教育ローンが組めなくて悩んでいるのなら、奨学金を利用するという方法がありますよ、なんて書いてきましたが、一概におすすめできるかどうかも疑問に思えてきました。

 

いや、社会人になったらきっちりと返すんだ、という気持ちが強くて、「それでもどうしても大学に行きたいから利用する」という覚悟ができていればまだ良いのでしょうが・・・

 

さまざまな理由があって、奨学金が返せなくて自己破産にまで追い込まれている人が居る、という事実を目の当たりにすると、そういった考え方は安易なのかもしれない、と思ってしまいます。

 

一部で、「返済義務の無い給付型奨学金制度」を推進する動きがあるようですが(一部ではすでに始まっているようです)、もし実現するのなら、特に低所得層の子どもたちを優先して考えてほしいですね。



こんな記事も読まれています
lalaco257 | - | - | pookmark | category:自己破産のメリット・デメリット