スポンサーリンク
Home >> 任意整理の体験談など >> 任意整理中支払いが苦しくなったら、早めに弁護士に相談しましょう
Page: 2/7  << >>

任意整理中支払いが苦しくなったら、早めに弁護士に相談しましょう

JUGEMテーマ:借金返済

多重債務生活からようやく抜けだして債務整理をしたとしても、生活が苦しいのはあまり変わらないことが多いです。

これは何度も書いていることですが、特に自営業の方の場合だと、だんだん業績が悪化して生活費がままならずに借金を繰り返すことから始まるケースがほとんどです。

自営業の他にアルバイトなど掛け持ちしたとしても、すべて借金に消えていく状態ですから、貯金なんてものはなく、いつもギリギリの生活で。

多分、債務整理をようやく決心する頃には、相当な生活苦を強いられていると思います。

そんな中でも、やはり自己破産だけは避けたいところ。

特に自宅兼仕事場になっている場合は、家を手放す=廃業になってしまいます。

どんなに追い込まれていても廃業だけはしたくない、または家だけは失いたくないということもあるでしょう。

私もそうでしたから、少しづつでも返していく債務整理の方法を選びました。

それでも、副業が軌道に乗るまでは、月々の弁護士費用に加え、税金の滞納分の分納料金などもありましたから、返済は困難を極めました。

「こんなことなら、多重債務の時の方がまだまし」とさえ思ったことも。

弁護士

その時お世話になっていた弁護士さんに相談すると、「任意整理中でも自己破産の申し立てをすることは可能です」と言われました。

「ただし、今まで返済された金額については、無駄になるというこです」とも。

まあ、仕方のない事ですけどね。

「無駄になったとしても債権者の手には渡っているわけだから、こちらの気持ちとしては、返さないよりは気持ちは楽」なんて自分で自分を慰めたりしていました。

結局は、なんとか支払い続けることができたわけですが、多分にラッキーな部分もありました。

だから、任意整理で和解が成立し、返済に入ったものの、このまま支払いを続けることは困難だという状況になることはよーくわかります。

スポンサードリンク



もしそうなってしまったら、任意整理を依頼した弁護士や司法書士の方に相談しましょう

ただ、任意整理の和解が成立した時点で契約終了してしまう、というケースもあるので、確認してみる必要があります。

引き続き依頼することが難しいようなら、また別の弁護士や司法書士の方に依頼するということになりますね。

 

そうなると、また一からやり直しということのなってしまうのですが、任意整理中に生活に困り、闇金融のようなところからお金を借りることになれば、全て台無しになってしまいますから。

とにかく、「もう支払えない」と思ったら、早めに相談されると良いでしょう。

無理して支払いを続けていて、生活自体が成り立たなくなってしまったら、元も子もありません。

例え自己破産してしまったとしても、やり直せる道はたくさんあるのです。


スポンサーリンク

lalaco257 | - | - | pookmark | category:任意整理の体験談など
Home >> 任意整理の体験談など >> 債務整理が終わるまでどれくらいかかるの?

債務整理が終わるまでどれくらいかかるの?

JUGEMテーマ:借金返済

 

債務整理を決心しても、「いったいどれくらいかかるんだろう?」というのが不安ですよね。

 

「どれくらいかかるの?」の中には費用も含まれますが、期間も気になります。

 

「とうせなら早くすっきりしたい」という気持ちがあるのが正直なところ。

 

それでも、その後の生活のことを考えれば、任意整理の返済が始まるまでに余裕があった方が助かる、という考え方もあります。

 

ただ、借りた金融機関や数などによって個人差がありますし、業者の対応によってもかなり違いがあり、一概には言えません。

 

私の場合は、家を所有していたので、任意売却をしたということもあり、とても時間がかかりました。

 

家を売る-債務整理体験談

 

任意売却だけで、約1年。

 

その後1年というところでしょうか。

 

もし、サラリーマンの方で、家は賃貸で家族も居ないということになると、話は簡単で、多分必要な書類さえ揃えば、数ヶ月で決着がつく場合もあるそうです。

 

債務整理が始まっても、弁護士さんに頼んでしまえば、こちらは、何もすることがないのですが、金融業者の対応が遅くてなかなか進まないとか、何かトラブルがある度に、ヒヤヒヤしていましたが・・・

 

念のため、債務整理を依頼した後にすることは、とりあえずは、書類に必要事項を書くこと。

 

と、書いてしまえば簡単なようですが、これが結構大変なのです。

 

何ページにも渡る「本」のような分厚い書類に書き込んでいかなくてはならなかったり、証明書の類を揃えなければいけなかったり。

 

ただ、この作業で、自分が何年の何月からお金を借り始め、どんな経緯で借金が増えていったのか?を正確に把握することができます。

 

傷口に塩を塗る」ような作業ではありますが、ここを通り抜けないと、生活の立て直しはできないですから。

 

スポンサードリンク

 

 

直接消費者金融や信販会社など債権者の方と向き合うわけではないので、そのくらいはしないと、という気持ちもあります。

 

最終的には、いくらまで借金が減るかですね。

 

過払いはもちろんありますから、それがどのくらいになるかによって決まってきます。

 

最近は、過払い請求をする人が急増していて、それが原因の一端となって破綻する消費者金融とかも多いですから、過払い請求にも時間がかかるようです。

 

そして、残った分は、5年以内に返さなくてはいけません。

 

プレッシャーと言えばプレッシャーですが、普通に返していたのでは、何十年かかっても「利息だけ」みたいな感じになるような金額を、5年頑張れば返せると思えば気持ちが楽になります。

 

幸いネットでの副収入がありますから、少しは安心できますが、この時代、普通に暮らしてこられた人も、ある日突然生活に困ることもありますから、安心はできません。

 

債務整理を決心したら、あとは地道に働きながら、少しでも副収入で「何かあった時の突然の出費」に備えるようにした方がいいですね。


スポンサーリンク

lalaco257 | - | - | pookmark | category:任意整理の体験談など
Home >> 任意整理の体験談など >> 任意整理中に失業してしまったらどうなる?

任意整理中に失業してしまったらどうなる?

JUGEMテーマ:借金地獄


債務整理をようやく決心しても、途中でつまづくことはよくあります。

任意整理については、私も弁護士の方に「途中で支払いが滞ってしまうと、今までの努力が水の泡になりますよ。」と口が酸っぱくなるほど言われたので、覚悟はしていました。

まあ、私の場合は副業がうまくいったりと、ラッキーなことが重なったので何とか返済できたのですが、任意整理中に失業して無収入になる、ということは一番考えられることです。

そんな時はどうすればいいのか?

髪をかきむしって悩む若い女性

まずは、今お願いしている司法書士や弁護士の方に相談するのが一番なのですが、失業したと言っても、いろいろな状況が考えられます。

◯突然首を切られて、貯金もなく再就職先も決まりそうにない

◯前々からなんとなく勤めている会社の経営状況が良くないことは感じていて、他の就職先を探していた

◯急に解雇されたが、貯金は数ヶ月任意整理の月々支払額を支払えるくらいは余裕である


と、お金に特化して考えても、それぞれ状況は違うと思います。

まず、一番最初のパターンだと、相談しても、自己破産への切り替えをすすめられるでしょう。

任意整理の場合、債権者が話し合いに応じてくれて、必要最低限の支払額で同意するということになりますので、減額をお願いしても、突っぱねられることの方が多いです。

相手からしてみたら、「ここまで譲歩したのに、減額して弁済期間が長くなるのは困る」ということ。

考えてみたら、普通のローンやクレジットカードの分割払いだと、利息が付きますから、長く借りてくれればそれだけ総支払額は増えるわけです。

それが、任意整理では総支払額は実際に借りた金額よりも大幅に少なく、しかも期限内に返せなければ、完済時期が遅くなるだけですから、債権者側にしたら何もメリットは無いということでしょう。

それよりも、自己破産に切り替えてもらって、事務処理が完結する方が望ましいと考えたとしてもおかしくはないです。

スポンサードリンク

 


ただ、債務整理する側から考えると、「自己破産だけはしたくない。例え少しでも自分が借りたお金は返すんだ」という気持ちが大きいですから、その辺にズレが生ずるのは仕方のないこと。

もし、あなたが2番目か3番目の状況であるなら、減額の交渉をしてもらうか?あるいは、多少無理をしてもそのまま支払い続けるのか?という判断をしても良いでしょう。

その上で、債権者から減額を断られてしまったら、多少の貯えは今後の資金に取っておいて、自己破産を選ぶという道もあります。

だけど、その場合、債務整理費用はどうなるの?二重に取られるの?という不安も出てきますよね。

任意整理から自己破産に切り替えた場合、結局は別の事件ということで処理されるので、当然新たな費用は出てきます。

ただし、弁護士事務所によっては、任意整理で積み立てたお金や着手金を自己破産の費用に流用するケースがあります。

簡単に言うと、変更した場合の差額だけ請求されるということですね。

すべての司法書士や弁護士事務所に当てはまることではないのですが、そういったところが多いということなので、切り替えをお願いする前に確認しておいた方が良いと思いますよ。

 


スポンサーリンク

lalaco257 | - | - | pookmark | category:任意整理の体験談など