スポンサーリンク
Home >> 任意整理の体験談 >> 任意整理後の生活は?今住んでる賃貸アパートは引越さなくてはいけない?
Page: 2/10  << >>

任意整理後の生活は?今住んでる賃貸アパートは引越さなくてはいけない?

JUGEMテーマ:借金返済

 

任意整理後の生活については、何度か書いていますが、「意外と穏やか」というのが実感としてあります。

 

ただ、自営業の場合は、多重債務時代の税金滞納分や、家賃・公共料金の支払いなど、債務返済以外の出費が多く、「もしかしたら、任意整理する前の方が良かったかも」なんて思うこともありました。

 

だけど、借金に追われることを思えばまだマシという気持ちで、なんとか乗り越えてきました。

 

ここで、任意整理のメリットとデメリットについてまとめてみましょう。
 

●任意整理のメリット

 

・単純に、毎月の支払い金額が減る


例えば、毎月の支払額が10万円だったところ、和解が成立すれば4万円またはそれ以下になることも

 

・毎月の返済額の金利が0%となる

 

金利13%〜15%で借りていた場合、またはグレーゾーン金利廃止以前に29%くらいで借りていた金利が0%になるのですから、それだけでも非常に楽になるのです。

 

任意整理で支払いが楽になった女性

 

・借金総額が減額される


借金300万円あった人が100万円に減額されたら、返済するのも早くなりますよね。

 

今まで、先が見えなかった「借金返済」が、モヤが晴れて「返せる」という気持ちにつながります。

 

・裁判所の手続きなどを利用しない方法なので、他の債務整理と比べれば簡単に行える。

 

・過去にさかのぼって利息の見直しを行うので、支払い期間が長い場合には過払い金請求で、お金が返ってくることも。


・金融業者との交渉が主な手続きとなるので、全国の弁護士や司法書士に頼むことができる。


●任意整理のデメリット

 

・任意整理と言えども、債務整理をした事実は変わらないので、ローンを組んだりお金を借り入れることは、これから5年間くらいできなくなってしまいます。
 
・クレジットカードの利用も制限される。

 

(任意整理時に整理対象としなかったカードについては、そのまま利用できることもあります。)
 

・任意整理は、借りている金融業者との話し合いにより、借金を減額する方法ですが、過払い金請求が増えたり、任意整理を選ぶ人が急増したために、和解になかなか応じない金融業者も増えてきた。

 

次に、実際に任意整理を行ったある男性の体験談を見てみましょう。

 

スポンサーリンク

 

 

29歳の会社員Aさんのケース

 

仕事のストレスをギャンブルやパチンコで解消しているあまりはまってしまい、お金が足りなくなり軽い気持ちで、消費者金融から、50万円借りたのが始まり。

 

50万円あることで気が大きくなり、ギャンブルやパチンコのみならず、ショッピングや飲食にも使い果たしてしまい、借りたお金はすぐに無くなってしまいました。

 

一度お金を借りた時の「お金に余裕がある感じ」が忘れられず、あちこちの消費者金融から借りる日々が続き、気がついたら、毎月の借金を返済するために、別の消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠を利用するまでになっていたのです。


俗に言う自転車操業ですね。

 

最終的には、消費者金融会社5社から230万円もの借金を背負うことに。

 

230万円もの借金を背負った男性

 

月々の返済金額が、6万5千円に達した時に、ようやく目が冷めたというのですが、普通に生活していても、数百万の借金って割とすぐにできあがってしまうんですよ。

 

弁護士に相談に行くと、裁判所を通さないで行える任意整理を提案されたそうです。

 

なぜかと言うと、この男性、同居しているご両親にバレるのを恐れていたので。

 

結果、めでたく、任意整理で月々の返済額が6.5万円から4.2万円にまで減額されたのですから、「弁護士の先生には本当に感謝しています。」というのもわかりますよね。

 

今は、結婚もされて、ギャンブルには一切手を出さずに地道に働いていらっしゃるということですから、この方にとっては、任意整理が救世主になったわけです。

 

このように、債務整理もメリットやデメリットがありますが、「自分にとって一番良い方法は?」と考えれば、答えは自ずと出てくると思います。

 

追記:「任意整理したら、今住んでいるアパートを引越さなきゃいけない?」という質問がありました。

 

確かに、今は家賃もクレジットカード払いのところも多く、「このカードを任意整理してしまったら、もうこのアパートには住んでいられないな」と思ってしまうでしょう。

 

ひとつの方法として、「家賃を引き落としにしているクレジットカードは、債務整理の対象からはずす」ということが考えられます。

 

そうすれば、家賃滞納していない限り、何ら問題はありません。

 

だけど、「結構メインで使っていたカードなので、債務整理の対象からはずすことはできない」という場合、信販会社が中に入っているため、任意整理した事実も知られてしまうことになります。

 

ただ、法律上は、任意整理を理由に「出ていけ」とは言えないので、他の支払方法を協議することになるでしょう。

 


lalaco257 | - | - | pookmark | category:任意整理の体験談
Home >> 任意整理の体験談 >> 任意整理中でもガソリンスタンドや高速道路でクレジットカードを利用したい

任意整理中でもガソリンスタンドや高速道路でクレジットカードを利用したい

JUGEMテーマ:クレジットカード


任意整理中でもガソリンスタンドや高速道路でクレジットカードを利用したいという質問を見つけました。

 

現在任意整理中で楽天銀行のVISA付のデビットカードを利用中ですが、高速道路やガソリンスタンドでデビットを クレジットカードのように使うことはできますか?ということ。

 

ガソリンスタンドのカード-債務整理体験談

 

要するに、VISAデビットカードをガソリンスタンドや高速道路でも利用できますか?ということなのですが、若干デビットカードとクレジットカードを混同されているようです。

 

VISAカード取扱店では、普通に「クレジットカード」として利用できるので、もちろん答えはYESなのですが、「後払いはできますか?」というご質問もされていることから、混同されていることがわかります。

 

私も最初は、「デビットカードなのだからクレジットカードとして利用できるわけがない」と思っていたので、ごっちゃになってしまうのも理解できます。

 

そこで、もう一度VISAデビットカードについてまとめてみますと。

 

◯VISAデビットカードはデビットカードであってクレジットカードではない
◯クレジットカードで無いので、原則として取得するのに審査は無い
◯「VISAカード取扱店」で商品を一括で購入する時だけ、「クレジットカード」として利用できる
◯利用料金に関しては、通常は即時引き落としされる
◯分割払いやボーナス払いはできない

 

まあ、「デビットカードである」と認識していれば「分割払いができない」ことや「原則即時引き落とし」も当たり前のことなのですが、以下のケースがあるので混乱してしまうのです。

 

◯ガソリンスタンドや高速道路での支払いなど、一部の加盟店においては、即時引き落としにならない場合がある
ということ。

 

すべてのガソリンスタンドがそうだということではなく、クレジットカードの取り扱い方法によって違います。

 

※高速道路の支払いは、システム上デビットカードではできません。

 

スポンサーリンク

 

 

※一部でこのことが話題になり、「デビットカードでも即時引き落としされない方法」とまで言われたために、裏技として悪用する人や、単純に引き落とし時に口座に残高が無かったために引き落とせない人が急増したため、今ではデビットカードを利用できないガソリンスタンドも増えています。

 

ということで、あくまでも「後払い」にこだわる場合は、「本物の」クレジットカードを作るしか無いです。

 

特に、しょっちゅう車を利用している、という方にとっては、ガソリンスタンド発行のエネオスカードのようなカードがお得なのでは?

 

他には出光カードなどもありますが、ガソリンを入れる度に1リットルあたり2〜3円引いてくれたり、中には故障した時にレッカーサービスが利用できたり、JAFのような出張サービスが受けられることも。

 

一時、ガソリンスタンド系カードやコンビニ系カードは審査が緩め、と言われていましたが、今は厳しくなっているようですし、個人信用情報は当然参照しますので、喪明けすぐの方にはハードルは高いかもしれません。

 

それでも、「ダメ元で申し込んでみる」というチャレンジ精神旺盛な方は、「キャッシング枠ゼロ」にして申し込めば、案外すんなり受かるかもしれません。

 

もちろん、属性次第でしょうけど。

 

追記:「デビットカードで後払いはできない」と書きましたが、このブログでも紹介している「イオンデビットカード」なら、残高が足りなくても、10万円までの買い物ならできる保証付きです。

 

つまり後払いできるということなのですが、立て替えてもらった分の金額は、後日登録口座から引き落とされます。

 

また、入会時に審査もあるので、任意整理中では無理なのは、残念ですが。

 

同じような仕組みの「ジャパンネット銀行VISAデビット」もあります。

 

こちらは、残高不足を補う際に、自動融資システムが使えるということなので、ジャパンネット銀行のキャッシングサービスに先に申し込んで紐付けする必要があるのです。

 

ということは、キャッシング審査に受かる人でないとダメなんですよ。

 

とは言え、デビットカードで残高不足になっても補えるシステムが増えれば、利用する選択肢も増えますよね。


lalaco257 | - | - | pookmark | category:任意整理の体験談
Home >> 任意整理の体験談 >> 任意整理手続き中に自己破産に切り替えられる?

任意整理手続き中に自己破産に切り替えられる?

JUGEMテーマ:借金返済


債務整理中にお金が足りなくなって「借りたい」という状況に陥ってしまう、ということはさんざん書いてきましたが、これは本当です。

多重債務中は、債務整理をすれば単純に借金を返済しなくても良くなるので、生活は少しは楽になるだろう、と考えます。

それが、蓋を開けてみると、多重債務時代とあまり変わらないという状況の方が多いでしょう。

一度生活が破綻する、というのはやはりそういうことなんですよね。

よく「ゼロからの出発」と言いますが、まさに「マイナスからの出発」となる債務整理。

この債務整理についても、家を手放さなくてはならない状態などだと、かなり時間がかかってしまいますので、この間に生活の立て直しができれば良いのですが・・・

結局は、家という財産も合わせて失うということになり、なかなか生活を立て直すことができない方が多いようです。

債務整理で家を失う

債務整理の中でも、比較的立ち直りしやすいと言われている任意整理でさえ、その後の状況によっては多重債務の頃よりも悪くなる可能性があります。

例えば、任意整理を依頼した時には、月々20万円くらいの収入があったとします。

そのうちの5万円を毎月返していく、という風に債務者との合意があれば、必ず毎月返していかなければならないのです。

当たり前ですが。

家賃や光熱費の他に毎月5万というのは、かなり厳しい数字ですが、それでも何事も無ければ生活を切り詰めてでも返していきますよね。

だけど、その間に家族が病気になったり、本人や家族が失業したりすると、だんだん返せなくなってくるんですよ。

任意整理中に残債を返せなくなったら、自己破産に切り替えることはできるのですが、せっかく今まで苦労して返してきたのが何もならなくなりますから。

それならば、最初から自己破産を選択した方がまし、ということになりますね。

スポンサードリンク

 


その辺の判断が難しいのですが・・・

任意整理」にこだわって、最低限の生活さえもできないのに支払い続けることは危険です。

下手したら、家族共々倒れてしまうことにもなりかねませんから。

その場合は弁護士さんとも相談の上、早めに自己破産に切り替えた方が良いでしょう。

私自身、任意整理の支払中には、夫の失業などトラブル続出で、何度めげそうになったことか。

たまたまラッキーな副収入が入ってきたこともあって、なんとか支払い続けられましたが、無理は禁物だなと何度も思いました。

今まで支払った分のお金は無駄にはなってしまいますが、「少しでも借金を返すことができた」と考えれば少しは救われます。

また、「破産は絶対に嫌だ」という場合は、毎月の支払を見直して少なくしてもらう、ということも不可能では無いと思います。

 

債権者によっては、頑として受け付けてくれないこともありますが、受け入れてくれたらありがたいですよね。

早めに気持ちを切り替えることも必要だということです。

 


lalaco257 | - | - | pookmark | category:任意整理の体験談