スポンサーリンク
Home >> 求職者支援制度の利用の仕方 >> 借金で生活が破綻した後に突然失業したら?
Page: 2/7  << >>

借金で生活が破綻した後に突然失業したら?

JUGEMテーマ:借金返済

多重債務に陥っている時や債務整理中に、突然失業したら、本当に困りますよね。

それじゃなくても、多重債務に陥り、借金返済の日々に明け暮れて心身共にボロボロになっているのに、その上仕事まで失ったりしたら・・・

また、債務整理中の方や債務整理後の方でも、「借金返済」という重い糧は無くなりますが、「生活が苦しい」のに変わりはありません。

一旦生活が破綻しているのですから、無理はありません。

サラリーマンの方が、ギャンブルや投資などで借金を重ねそのまま債務整理へ、と言う場合は自己破産の免責がおりないことが多いです。



だから、少しづつでも借金は返していかなくてはならないんですよね。

そうなると、いくらお給料が毎月入ると言っても、最低でも数万円は残債の返済に当てなければならないので、やはり生活は苦しいと思います。

これが、自営業の場合だと、もっと苦しいです。

債務整理の前後も、自営の仕事はできますが、もともと経営が悪化して利益が激減していることがほとんど。

生活は苦しいどころか、自営業の再建費用なども考えると、「やっていけない」ことが多いでしょう。

とは言え、サラリーマンの方も「突然の失業」というケースもありますよね。

そうなると、例え任意整理で決着が付いたとしても、返済が困難になってしまうということも考えられます。

ある程度大きな会社にお勤めなら、失業保険が下りるでしょうから、当座の生活費は何とかなるかと思いますが、すぐに仕事が見つかる保証が無いので、精神的には辛いですよね。

失業しても、失業保険も下りない方もいらっしゃるでしょう。

その場合は、ハローワークの窓口に相談して、求職者支援制度が受けられないか聞いてみることをお勧めします。

職業訓練を受けることになりますが、現在のキャリアに役立つような職業訓練を選べば、将来就職する時にも有利になります。

スポンサードリンク


ただ、一部の職業訓練校は、「給付金目当てで、訓練内容があまり充実していない」なんていう噂もありますので、自分できちんと内容を確かめてから申し込むことが大切です。

そして、失業しただけでなく、なんらかの事情で働けなくなった場合は、「生活保護」という方法もあります。

生活保護は医療費も全額公費負担になりますので、一時的な「セーフティ制度」として利用することを考慮しても良いかもしれません。

難点としては、一度受けてしまうとなかなか抜け出せないことが挙げられますが。

アルバイトしてでもお金は返せる」という方は、「生活福祉資金」の貸付申し込みがあります。

ただ、この資金に関しては、現在受け付けていない自治体もあるようなので、確かめてからにした方がいいですね。

スポンサーリンク

lalaco257 | - | - | pookmark | category:求職者支援制度の利用の仕方
Home >> 求職者支援制度の利用の仕方 >> 任意整理中に突然の失業!アルバイトで生計を立てる日々

任意整理中に突然の失業!アルバイトで生計を立てる日々

JUGEMテーマ:借金返済

任意整理中に限らず、債務整理中に失業することだってありますよね。

まさに弱り目に祟り目、非常に困窮してしまいます。

たとえ、借金の返済を伴わない自己破産になったとしても、その前に生活破綻していますから、急な失業は生活そのものの基盤を狂わせてしまいます。

また、任意整理などの場合は、債権者との話し合いが終われば、月々いくらかづつのお金を返していかなければならないので、余計途方に暮れてしまいますよね。

それでも、ご家族のため、またご自身のためにも、何とか前進していかなければならないのです。

失業保険が下りる方は、すぐにハローワークに足を運ぶことをおすすめします。

スポンサードリンク


今、ハローワークに行くと、ビックリするくらい若い方の姿も目立つようになりました。

それだけ仕事がないんですよね。

私の住んでいるところは小さな地方都市なので、余計働き口がなく、仕方なくアルバイトで生計を立てていらっしゃる方も多いです。

だから、ハローワークに行ったところで、すぐに希望する仕事が見つかる、なんていうことは考えられないのですが、それでも「探す」努力はしたいところ。

多重債務から債務整理、そして失業なんて経験すると、「もうダメだ」と人生を諦めてしまいそうになりますが、「一度リセットしてやり直す」と考えると、少しは気持ちが楽になります。

ハローワークで仕事を探す-債務整理体験談

実際に行動を起こさなければ、何も始まらないということ。

私も、いつも書いているように、似たような経験をしています。

当時は、そんなに前向きな気持ちにてなれず、お金が足りないと「ブラックでも貸してくれる金融業者」とかを常に探していたくらいですから、あまりえらそうなことは言えません。

それでも、気持ちを前向きに切り替えただけで、なんとか死なないで生きて来られましたから。

話をハローワークに戻しますと、失業保険がもらえない場合でも、給付金がもらえる方法もあります。

夫の失業と求職者支援制度

一度制度が見直されたのですが、基本的な内容は変わりは無いけれど、少し失業者に対して厳しくなった感はありますね。

ただ、専業主婦の方でも受けやすくなっていますので、「債務整理中に夫が失業してしまって」という方には使いやすくなっていると思います。

あまりにも、悪いことが次々と起こると、もう何も考えられなくなりますが、結局は自分でなんとかするしかないんですよね。 

スポンサーリンク

lalaco257 | - | - | pookmark | category:求職者支援制度の利用の仕方
Home >> 求職者支援制度の利用の仕方 >> 債務整理してもお金を借りる方法と求職者支援制度

債務整理してもお金を借りる方法と求職者支援制度

JUGEMテーマ:借金返済

債務整理後にお金を借りる、ということについては、否定的な意見の方がほとんどでしょうが、

どうしてもお金が借りたい
どうしても、お金を借りたいんじゃー!

という方が多いのも事実です。

債務整理するということは、「借金を整理する」ということなので、新たにまた借金を作ることなどもってのほかと思ってしまうのですが、生活して行く中でどうしても「お金が必要」になることもあります。

一番良いのは、「なんとしてでもお金を作る」ということなのですが、もし運良く働き口がすぐに決まったとしても、手元にお金が入るのは最低でも1ヵ月後ということになりますよね。

だけど、「明日食べるものが無い」「明日までに公共料金を支払わないと止められてしまう」「明日までに家賃を払わないと、追い出されてしまう」などなど・・・

債務整理をしても、生活して行く中では、「お金が必要」なことばかり。

中には、急に病気になったり、勤めていた会社が倒産してしまったりという方もいらっしゃいます。

債務整理をすると2度とお金は借りられないのか?と言えば、そうではないですが、最低でも5年は経たないと新たな借り入れは出来ないことになっています。

そうなると、「お金を借りる選択肢」としては、「ヤミ金融」しかないのか?ということになりますよね。

スポンサードリンク


実際には、公的資金である「生活福祉資金」などから借りる方法などもありますから、「ブラックだからどこからも借りられない」とすぐに悲観する必要はありません。

ただ、どちらも条件がある程度揃わないと厳しいという現状もあります。

だから、このブログでは、失業中の方の対策制度として国が設定している求職者支援制度をご紹介しています。

現在「職を探している最中で、失業保険はが下りない人」ということが前提となっていますが、ハローワークの窓口で手続きをすれば、職業訓練が無料で受けられて、給付金が月々支給されるかもしれないのです。

職業訓練は、さまざまなものがありますが、「ネットで仕事をしよう」と思っている方なら、パソコン技能を教えてくれるところも良いかもしれません。

私自身、債務整理後のお金の無い時期に、何とか生活ができていたのも「パソコンのスキル」が少しでも身に付いていたから、だと思います。



「ブラックだから」と諦めてしまったら何もできませんから、この求職者支援制度をもし受けられなかったとしても、「最低限ホームページが作れる」くらいの、パソコンのスキルは、持っていた方が良いかと思いますよ。

ただし、この制度も今後見直されるという噂もあり、登録している訓練校が増えすぎて、質の差が出ているという話も耳にします。

職業訓練とは名ばかりの、生徒が集まらないようなパソコン教室で、古いテキストを使ったその場しのぎの授業だった、なんていう話もありますので、見極めは大切ですね。

多分、そんなところは稀なのでしょうが・・・

実際の授業風景がyoutubeにありました↓


スポンサーリンク

lalaco257 | - | - | pookmark | category:求職者支援制度の利用の仕方