スポンサーリンク
Home >> ブラックでも稼ぐ方法 >> 手っ取り早く稼げるのはクリスマスのバイト?裏の問題も。
Page: 2/4  << >>

手っ取り早く稼げるのはクリスマスのバイト?裏の問題も。

JUGEMテーマ:借金返済

 

お金が無い」というのは、もうこのブログでは聞き飽きた台詞。

 

だけど、これから年末にかけては、本当にお金が無いことのみじめさが身に染みる時期ですね。

 

とは言え、イベントもひしめき合っているこの時期ですから、期間限定のバイトも探せば結構あります。

 

多重債務になって自営業との両立ができて稼げるもの、となると、この短期バイトしか無かったですから。

 

私が経験したのは、配送業者の下請けに当たる会社から仕事を受けて、お中元やお歳暮の商品を配達する仕事

 

また、宅配業者の倉庫で荷物の整理や持ち出しをする仕事。

 

宅配のアルバイト-債務整理体験談

 

などでしたが、もっと若い方なら、「イベントスタッフ」も人気があるようです。

 

1日から1週間くらいのイベントが多いので、きつくても「1日頑張れば」という気にもなります。

 

バイトの日は、それこそ1日クタクタになるまで働かなければなりませんが、1日1万円くらいはもらえるし、たいていはその日に手渡しということが多いので、助かりますよね。

 

イベント関係では、警備員の募集も多く出るそうですが、あまりにもたくさんの人が集まるイベントだと、それこそ体力勝負でしょう。

 

引越し業者のバイトも、繁忙期には日給も破格だったりしますから、短期で稼ぎたい人には良いのですが、1日に何軒も入ることもあるみたいなので、重い荷物を運んだことの無い人には辛すぎると思いますよ。

 

あと、接客業では、日本の一大イベントとも言えるクリスマス関連の仕事です。

 

一番手軽なのが、「ビラ配り」かな?

 

そんなにお金にはならないけれど、気負わないでできそう。

 

寒い時期だと、外に立っている仕事はそれなりに辛いですけど。

 

アパレル関係の売り子さんも、クリスマス時期はバイトを動員するので、もし好きなブランドの店員になれれば、多少きつくてもやりがいはありますよね。

 

商品知識も、そこそこあるでしょうし。

 

で、やっぱりクリスマスと言えばケーキでしょ、ということで、すでに予約が始まっているところもあります。

 

「子どもの頃の夢はケーキ屋さんだった」なんていう女性には、うってつけのバイトだと思うのですが、現実はそう甘いものではないようです。

 

スポンサーリンク

 

 

そもそも、今は、昔ながらのケーキ店が姿を消して、ごく一部の有名店にしかお客が集まらない時代です。

 

ケーキ販売は、コンビニや通販が主流なのかな?

 

あっ、デパ地下はまた話は別ですけど。

 

コンビニでも、有名パティシエとのコラボ商品として、結構なお値段のクリスマスケーキが売れているとか。

 

クリスマスケーキ-債務整理体験談

 

ただ、裏では、ノルマとして、店員にクリスマスケーキの予約を強制したりということもあるようです。

 

コンビニもそうですが、売れないケーキ店なら、もっと必死かもしれませんね。

 

中には「ひとり2個以上予約してください」なんていうノルマがあるところも、なんていう話もありますので、バイトを探す時には、そんなことも頭に入れておいたほうがいいでしょう。

 

とは言え、クリスマスから年末年始というのは、いくら不況とは言っても、人々の購買欲は高まる時期ですから、バイトの仕事も増えるということなんです。

 

手っ取り早く稼ぎたい」というニーズにはピッタリだと思います。

 

「もっと早く楽にお金を手に入れたい」という場合には、不用品を売るという選択肢もありますけどね。



こんな記事も読まれています
lalaco257 | - | - | pookmark | category:ブラックでも稼ぐ方法
Home >> ブラックでも稼ぐ方法 >> お金が借りられなくてあちこち探し回り迷子のようになってしまったら?

お金が借りられなくてあちこち探し回り迷子のようになってしまったら?

JUGEMテーマ:借金返済

 

自己破産していても融資可能な消費者金融」とか「多重債務でも貸してくれる審査の甘い消費者金融」などの情報を求めている方がたくさんいらっしゃいます。

 

もうすぐGWですが、「どこに遊びに行こう?」なんて考えている余裕は無く、「お金を借りたいけど借りられない」という「金融業者を探して迷子になっている人」が増えているはず。

 

迷子-債務整理体験談

 

だから、メルカリで現金を高く購入するなんて、どんでも無い現象が起きるんですよね。

 

まあ、出品する方も信じられませんが・・・

 

それでも、多重債務とおぼしき人が居なければ、こんな騒動は起きないでしょう。

 

私も、多重債務時代には、GWの休みももちろん無かったですし、年末年始も地獄でしたね。

 

街にはジングルベルが鳴り、スーパーや商店街にはお正月用品が並び、人々の足取りも慌しくなる。

 

本来ならば、自分も慌しく年末の大掃除やお正月を迎える用意をしなければならないのですが、そんな気にもなれず。


というより、そんなことをしている場合ではなく、「とにかくどこかお金を貸してくれるところ」を探し回る日々でした。

 

もちろん、収入を増やすために副業もはじめ、少しは軌道に乗り始めていたのですが、借金の返済額がとにかく半端じゃなかったので、稼いでも稼いでも無くなってしまいます。

 

明日の食べるものもないのに、どうやって年を越せば・・・」という思いで頭がいっぱいで。

 

子供のことを思うと、なんとかお正月らしいことのカケラでも味あわせてあげたい、と思うのですが、それも叶わず。

 

「お年玉」もあげられなかった覚えがあります。

 

子供心に「言ってはいけない」と思ったのか、子供達から催促されることはありませんでしたが・・・

 

本当に惨めな年の暮れ。

 

それに追い討ちをかけるように、税金の督促や公共料金の督促など。

 

電話がかかってくると、まず「何日までに支払う?」ということを問われるのですが、そんなことわかるわけないのです。

 

期限を切られたって、無いものは無いのですから。

 

それでも、ライフラインを切られたら生きていけませんから、必死で「とにかくもう少し待ってください」と頼み込む毎日。

 

途方に暮れるとはこのことで、すっかり「生きる望み」すら無くしていました。

 

スポンサーリンク

 


「あー、宝くじが当たったら」とか思いながらも、必死になって「ブラックでも貸してくれる消費者金融」を探し回っていましたね。

 

結局あるにはあったのですが、保証人を立てることが条件でした。

 

だけど、多重債務者が保証人をさがせるはずもなく、保証人紹介ビジネスに騙されたり・・・と。

 

やはり、債務整理をして一度リセットしてからなんとか生活を立て直そうと決心したのも、こんなことが続いたからなんです。

 

お金がないのに、お金をだまし取られるという経験も何度もしていますから。

 

お恥ずかしい話ですが、本当にお金が無いと思考回路も壊れてしまいます。

 

そんな時にはだまされやすいので注意したほうがいいですよ。



こんな記事も読まれています
lalaco257 | - | - | pookmark | category:ブラックでも稼ぐ方法
Home >> ブラックでも稼ぐ方法 >> どうしてもお金を借りたい時の裏技は?ある破産した夫婦の話

どうしてもお金を借りたい時の裏技は?ある破産した夫婦の話

JUGEMテーマ:借金地獄

 

年度末ですが、「春が待ち遠しい」なんていう気持ちにはなりませんね。

 

年末もそうですが、3月末日までに入金しなければいけないところとか、支払いを済ませないといけないことが目白押しで。

 

春が待ち遠しい?-債務整理体験談

 

ただ、お金が無いのはあまり変わっていませんが、それでも多重債務時代の年度末に比べたら、まだ余裕はあります。

 

多重債務時代や債務整理直後には「どうやって乗り越えよう?」ということしか考えていなかったですから。

 

もう「焦り」というよりも「悲壮感」でいっぱいでした。

 

だから「ブラックでもお金を貸してくれるところ」ばかり探していましたね。

 

通常は、「また性懲りもなく」とか「ブラックになったのにどうして、まだお金を借りようとするのか?」と理解できないことでしょう。

 

だって、お金を借りて返せなかった人が、また借金をしたいなんて、普通は「あり得ない話」ですよね。

 

だけど、ブラックになった途端、世間から仲間はずれになったような疎外感と、お金がないことの辛さをしみじみ味わうことになるのです。

 

まあ、自業自得と言われてしまえば、それまでですが・・・

 

一度生活が破綻する」ということは、その世帯にとっては、「企業が破産すること」と同じくらい深刻なことなのです。

 

昔、近所に「自己破産したご夫婦」が住んでおられましたが、もともとはある程度資産家のお宅だったそうです。

 

それが、知り合いの保証人になって、その人が雲隠れしてしまい、多額の借金がご夫婦の肩にずっしりとのしかかることに。

 

家や財産をすべて売り払っても、まだ足りないほどの金額だったので、その後破産宣告をされました。

 

やむなく、汚いボロアパートに住むことを余儀なくされましたが、奥様はいつも暗い顔をされていました。

 

昔のことだから、ご近所にも破産したことが知れて、四面楚歌のような状態だったのでしょう。

 

見た目は、とても品の良い老夫婦という感じでしたが・・・

 

お金にも困っていらしたようですが、今のように「キャッシング」なんてできるわけもなく、その後は姿さえお見かけしなったような気がします。

 

スポンサーリンク

 

 

今は自己破産をしても、ほとんど周りの人に知られることはありませんが、気分的にはやはり「疎外感」はあると思います。

 

私は、自己破産ではありませんが、やはり債務整理したことで疎外感はありましたから。

 

で、「お金が無い」ということに戻りますが、債務整理した後は、本当に「お金に困っている」状態が続きます。

 

「借金が無くなって、さあ生活の建て直しをするぞ」と意気込むのですが、早い話が「先立つもの」がないのです。

 

それでやむなく「ブラックでも借りられる金融業者」とかを探すわけですが、正規の金融業者で貸してくれるところはまずないでしょう。

 

私も一時は「闇でもいいからお金を貸してくれないか?」とまで思いつめたことがありますが、今では借りなくて良かった、と思います。

 

せっかく債務整理をしたのに、それでは元の木阿弥どころか、もっと悪い場所に行ってしまいます。

 

「ブラックでもお金を貸してくれるところ」を必死で探す気持ちはわかりますが、やはりいつも書いているように、「少しでもいいから稼ぐ」ということを先に考えるべきでしょう。

 

さっき書いた破産したご夫婦の時代と決定的に違うのは、「立ち直るチャンスは今の方がつかみやすい」ということ。

 

不況で、ブラックじゃなくても生きにくい社会になってきましたが、それでも頑張ればまだ何とかなるのです。



こんな記事も読まれています
lalaco257 | - | - | pookmark | category:ブラックでも稼ぐ方法