スポンサーリンク
Home >> すぐにお金を作る方法 >> 今日中にどうしても3万円必要なんです!
Page: 2/9  << >>

今日中にどうしても3万円必要なんです!

今日中にお金が必要なんです。3万円でいいんです。どなたか貸してくださらないでしょうか?」という悲痛な質問がとある掲示板にありました。

 

3万円なんて、今すぐキャッシングしに行けばいいじゃん。 なんて思われるでしょう。

 

だけど、一度ローン地獄に陥って債務整理まで経験している身としては、この方がもうどこからもお金を借りられない状態なんだ、ということはすぐに察しが付きます。

 

ブラックではなくても、もうすでに多重債務で、クレジットカード枠も限度いっぱいまで借りていて、消費者金融もすでに片っ端から借りている状態で。

 

もしかしたら、闇金にまで手を出しているかもしれません。

 

そんな状態になっても、「お金を借りたい」というのは、よっぽど切羽詰っているのでしょう。

 

しかも、3万円

 

普通に暮らしている方達にとっては、大金であることには代わりはないけれど、無理すればなんとかすぐに出せる金額だと思います。

 

そんな金額でさえ、すぐには何とかできない惨めさは、経験したことのない方にはわからないでしょう。

 

なんて、自分が悪いんですけどね。

 

で、その掲示板なのですが、お金が無い人やお金に困った経験がある人が集まって、誰かが抱えている金銭的な問題に対して答えを出すというもの。

 

もともと、経済的にゆとりのない方達ですから、すぐに解決策というものはなかなか出てこないのですが、人に聞いてもらっただけでも気持ちが落ち着く、ということはあります。

 

普通、こういった金融関係の掲示板というのはものすごく荒れていて。

 

例えば、「どうしてもお金を借りたいんです」と相談していても、「闇で借りれば」とか「こんなところに書き込みしてる暇があったら働けば」というような返事が多いです。

 

それでも、まだ返答しているだけでも良い方で、あからさまに怪しそうな金融業者の宣伝を書き込んでいたり、まったく関係ないいかがわしい広告URLを貼ったり・・・と。

 

そんな中では、この金融関係の掲示板はまともでした。

 

割りと親身になって考えてくれる人が多く、この時も「3万円くらいだったら、借りるよりも日雇いなどで働く方がいいですよ。日雇いと言っても肉体労働ばかりじゃないから」とか。

 

日雇いのバイト

 

「オークションで、ちょっとコレクターが好きそうなものを出品したら数万で売れました。もしかしたら、不要品がお金になるかもしれませんよ。」とか。 また、もしかしたらまだお金が借りられるかもしれないという意見もあって。

 

「◯◯という消費者金融なら、対面に限りだけど、ブラックと言われる人でも貸してくれることがありますよ。

 

3万円ならなんとかなるかも」という人も居たり。

 

スポンサーリンク

 

もしかしたらそこでは借りられない無いかもしれないけど、困っている時に一緒になって解決策を考えてくれるだけでもありがたい気持ちになれると思います。

 

実際、中小の消費者金融や街金と呼ばれるところでは、ブラックでもお金を貸してくれるところもあるみたいですから。

 

ただ、結局は、数万なら自分でお金を作るという方法が、一番良いのかもしれませんね。

 

ただ「今日中に」となると、やっぱり身近な人に頭を下げて貸してもらう、という方法しかないのかな?

 

あまりにもオーソドックス過ぎる方法ですが、身近であればあるほど、「どうしてもお金を返さなきゃ」という気持ちにもなりますから。

 

親戚や友達関係などなど。

 

人間関係にヒビが入る可能性を考えると、最後の手段ともいえますけど。

 

あとは、いつも書いているし、先ほどの掲示板にも書いてあったネットオークションですね。

 

即金性があって、ある程度まとまったお金になるということを考えれば、一番良いのかもしれません。

 



lalaco257 | - | - | pookmark | category:すぐにお金を作る方法
Home >> すぐにお金を作る方法 >> 250億円ものお金が入ってきても不幸になる?

250億円ものお金が入ってきても不幸になる?

JUGEMテーマ:借金返済

 

借金返済とか多重債務の記事を書いていると、ついつい目に行ってしまうのが「宝くじ高額当選者のその後」なんていう記事。

 

こういうのって、「あぶく銭を手にしても幸せにはなれませんよ。」「他人のお金を当てにするより、堅実に働きましょう。」という意味合いを込めてか、不幸になるケースが圧倒的に多いですよね。

 

この記事も、「ロトくじで30億円当選したけど、その後失踪。数年後には変わり果てた姿で発見されました。」なんて悲惨なものばかり。

 

中でも、250億円もの大金をジャックポットで当てた人の「その後」は、まさに波乱万丈そのもの。

 

建設会社の社長をされていたそうなので、もしかしたら、高額当選しなくても、それなりに余裕のある生活ができていたのでは?と思うのですが・・・

 

建設会社社長が250億円の高額当選

 

高額当選と言っても、日本の宝くじで5億当選というのとは桁が違いますからね。

 

そりゃあ、生活は変わるし、お金の使い方だって派手になるというもの。

 

これだけあればたいていのものは買えてしまいますから。

 

今までやりたいことも我慢して、一代で社長まで上り詰めたのだったら、タガが外れるように遊び回ってしまうのもわかります。

 

ただ、飲酒運転や脅迫容疑で逮捕までされるとなると、もういくらお金があっても人生破滅ですよね。

 

その上、奥さんには愛想を尽かされて離婚し、毎日のように数十万単位でお小遣いをあげていた孫娘は、薬物に溺れてしまった、という。

 

ご本人は?と言えば、その孫娘の恋人宅で亡くなっていたそうです。

 

なんだか悲しいですよね。

 

多少脚色はしてあるとしても、ここまで不幸になるというのは。

この方も、宝くじを購入する時は、無欲だったのかもしれませんよ。

お金お金・・・」とガツガツしていたら、こんな大金は舞い込んでこないでしょうから。

なにげなく購入した宝くじが、とんでもない大金を連れてきたということですね。

多分、今までもちゃんとした暮らしをされていた方なんだろうなーという気もします。

だからこそ、使いみちを間違ってしまい、人に道に外れるようなことをしてしまったのかな?と。

 

まあ、25億円でもピンと来ないし、2億5千万でも使い道に困ってしまう私にとっては、「じゃあどんな使い方をすればよかったの?」と言われても途方にくれてしまいます。

 

スポンサーリンク

 


金額が金額だけに、もし多額な借金でもあれば別だけど、使い道は本当に悩みますよね。

借金返済と言っても、個人が抱える金額としては、まあ億単位が限度でしょう。

万が一数億円の借金があったとしても、あと数百億残るわけですものね。

こうなると、親戚や知人、はたまた一度も会ったことの無いような人まで、お金目当てで集まってきてしまった可能性があります。

 

それで人間不信におちいったというのも、十分に考えられますよね。

お金って、無くては生活していけないし精神的にも追い詰められるけど、反対にあり過ぎても困るもの。

 

ほどほどがいいのかな?

 

今の私には、「ほどほど」という生活にさえ手が届いていないのですが、精神が壊れてしまわない程度の大金は、一度でいいから手にしてみたいものです。



lalaco257 | - | - | pookmark | category:すぐにお金を作る方法
Home >> すぐにお金を作る方法 >> たった1日で5,000万円手に入れるには?

たった1日で5,000万円手に入れるには?

JUGEMテーマ:借金返済

 

借金返済に追われていると、どうしても一攫千金ばかり求めてしまいます。

 

だいたい、欲しいものというのは、手に入れようと追いかければ追いかけるほど逃げてしまうもので、借金まみれになって「どこかでお金を貸してくれないか?」とか「宝くじで高額当選しないものか?」なんて思ってるうちは、一銭だって手に入らないものです。

 

なんて、悟ったことを言っていますが、少し生活に余裕ができたら、「この売場で一等出ました!」なんていうところを探して、せっとし宝くじを買ったりしてるんですけどね。

 

まあ、これはもはや「夢を買う」ということで、趣味みたいなものです。

 

本当に100万円でも当選した日には、喜ぶより先に「大丈夫か?何か悪いことが起きるのではないか?」と心配になるでしょう。

 

宝くじで大金を当てる-債務整理体験談

 

それが、1億円ともなれば、もう怖くて思考能力が無くなってしまいそう。

 

そう言えば、10年以上前のテレビドラマで、南野陽子さん出演の「一攫千金夢家族」というのがありました。

 

なかなか面白かったですよ。

 

普通の主婦3人組が、宝くじを集団購入するのですが、それがなんと、見事に一等1億円当選してしまうのです!

 

南野陽子さんの家族は割りと普通の家庭で、子供一人にサラリーマンの夫、生活にはそんなに不自由はしていない感じだけど、やっぱり不満はあるし、自由にできるお金は欲しいと思っている。

 

だけど、竹内郁子さん演じる主婦の家庭は、夫がギャンブル好きで日々の生活費にも苦労しているんですよね。

 

で、少し年の離れた若い主婦役の阿部美穂子さん宅は、エリートサラリーマンの夫と二人暮らしなんだけど、夫の潔癖症が嫌で嫌で、常々離婚したいと言っている。

 

そんな3人に降ってわいたような1億円というお金を、一体どうするのか?

 

お金をどうやって分けるのか?

 

コメディータッチなので、そんなに生々しい感じは無かったですが、大金を目の前にすると、やっぱり人間の本質というものが浮き彫りになるんですよね。

 

お金が無いと困るけど、大金が入っただけでは問題は解決しない。」ということがよーくわかります。

 

面白かったのは、食べるものを買うにも困っていた竹内都子さん宅が、大金を手にして買ったものの中に、豪華な噴水(だったかな?)があったこと。

 

結局は、あまり必要としないようなものを買ってしまう、というのはよくありそうで・・・

 

とは言え、3人で割ってもひとり3,333万円というのは、非常に羨ましい限りです。

 

スポンサーリンク

 

 

このドラマでは、さまざまな障害があって、なかなか換金できなかったけど、普通は、当選者発表の日から、一夜にして大金が手に入るわけですから。

 

まあ、そうそうないことなので、ドラマになるんですけどね。

 

一夜にして大金が・・・と言えば、外国の話ですが、「フリマで買った安物の指輪が本物のダイヤで、しかも19世紀の貴重な宝石ということで、5,000万円の価値があった」ということも。

 

このダイヤ、昔のものなので色がくすんでいて、いかにもおもちゃのダイヤという感じだったのだそうですが、たまたま宝石商が見て、価値に気がついたのだとか。

 

すぐにオークションに出品したら、約5,000万円で売れたそうですよ。

 

うーん、こんな棚ぼたならぬ「ガラクタだと思ったらすごいお宝だった」ということもあるんですね。

 

なんて、書いていたら、「明日までに2万円どうしても必要」ということが未だにある私にしたら、羨ましいを通り越して虚しくなってきました。

 

だけど、上を見たらキリがないし、毎日一生懸命生きていれば、もしかしたら、この数百分の一くらいでも良いことがあるはず。

 

そう思って生きていきたいですね。



lalaco257 | - | - | pookmark | category:すぐにお金を作る方法