今日中に5万借りたい時の即日キャッシング利用方法

JUGEMテーマ:借金地獄

 

今日中に5万円必要になったら?」というのは、多重債務時代は常につきまとっていました。

 

なったら?というか、必要になる場面が多すぎるというか。

 

通常なら、即日融資を選びますよね。

 

だいたいキャッシングというのは、今すぐにでもお金を借りたいという時に利用することがほとんどなので、急を要するのは当たり前なんです。

 

ただ、普通にお金が借りられる状態であっても、申込み方法によっては、即日融資にならないことも。

 

せっかく即日融資キャッシングというサービスがあるのですから、申し込み方が悪かっただけで、翌日以降の振込になってしまうのは悲しいです。

 

今日中にお金を借りたいのに借りられない

 

今日中に5万なら5万を、確実に振り込んでもらうためにも、以下の方法が有効なのです。


○ネットで申込

今や、ネットと言っても、パソコンをわざわざ立ち上げるのではなく、スマホでという方も増えています。

 

ネットでの申込なら、審査結果→ネットで契約手続→カード発行となり、所要時間も最短30分〜1時間程度なので、審査にさえ受かれば、その日に現金が振り込まれる可能性は高いです。

 

また、ネットからキャッシング審査に申し込んで、審査に受かったら無人契約機に行ってキャッシングカードを発行。

そのままATMでお金を引き出すという形になる場合もあります。

 

スポンサーリンク

 


○無人契約機あるいは店頭で契約する

 

ネットで申込の次に早いのが無人契約機での契約なのですが、さらにスピードアップを求めるのなら、ネットで個人情報などをあらかじめ入力しておいてから、無人契約機に向かうと良いでしょう。

 

こちらも、審査でOKが出れば、その場でキャッシングカードが発行されて、お金を引き出すこともできます。

 

お金を借りたい消費者金融などが近くにある場合は、店頭で契約するのもアリです。

 

その場合も、ホームページがあるところなら、ネットで一度申し込みをしてから出向く方が、手続きが早く済みます。

 

契約時に持っていく書類ですが、本人確認書類や借入金額によっては所得証明書の提出が必要になります。

 

免許証のコピーや、所得を証明する書類など、持参するのを忘れないようにしましょう。

 

もっとも、ネットで申込をする場合は、本人確認書類なども、スマホの専用アプリなどで撮影してすぐに金融会社へ送信する事が出来るので、そういった意味でも、ネットでの申込みが楽ですね。

 

必要書類が無いばかりに、即日融資が受けられなかったら悲しいですから、基本的なことですが、気をつけたいポイントです。

 

と、ずらずらっと書いていきましたが、「お金を借りたいのは山々だけど、ブラックだからどこも貸してくれないのよ」という方も多いでしょう。

 

多重債務時代は、「どこからもお金が借りられない」ことで、右往左往していましたから。

 

5万円くらいなら、やはり手っ取り早いのは、オークションなどでお金を作ることです。

 

とは言え、「今日中に」というのは難しくなるので、リサイクルショップに行くとか、質屋さんに買い取ってもらうとか。

 

ブラックでもお金を貸してくれそうな中小の消費者金融はあるのですが、顧客もワケありな人が多いため、意外と審査に時間がかかることが多いです。

 

どうしてもお金を借りるしか無いとなれば、時間に余裕を持って申し込むことが必要です。

すぐにお金を手に入れる方法はある?

JUGEMテーマ:借金地獄

 

あー、もうダメだー。「すぐにお金を手に入れる方法」なんて考えるようになっては。

 

と以前の私なら思うでしょう。

 

それが、ローン地獄や多重債務を経験すると、「どうしてもお金が必要」しかも「すぐに」というシチュエーションに度々出くわすようになるのです。

 

つまりこうです。

 

はじまりは「お金がない」ことか「お金を借りたから無くなった」のか。

 

鶏が先が卵が先かという議論になってしまいますが、結局は両方が原因でしょう。

 

お金が無いけど、お金を借りないでギリギリの生活でなんとかしのいでいる方はたくさんいらっしゃいます。

 

お金が無くてギリギリの生活をする

 

それに、もともとお金がなくて収入も限られている場合、むしろお金を借りるという気にはならないもの。

 

だって、月々10万円の収入しかない場合、5万円の借り入れをしたとしても、月々数千円は返していかなくてはなりません。

 

そんなリスクを冒すでしょうか?

 

例外として、家族が病気になってどうしても現金が必要になった、なんていうこともあるでしょうが。

 

となると、ブラックになったり債務整理を余儀なくされる方というのは、収入にバラつきがあるケースが多いのではないかと思うんですよ。

 

うちもそうでしたが、月収50万円の時もあれば10万円のときもある、という。

 

月収50万円の時が続けば、ローンや融資の借り入れが10万円以上になっても、なんとかやっていけると思いますから。

 

それが、不況でどんどん収入が下がる一方になってくると、返済も滞り、もうどうしようもなくなってくるのです。

 

で、一度でもお金を借りることを覚えると、どうしても借金に頼ってしまう体質になってしまいます。

 

そうなると、もうどこからが自分のお金で、どこからが借りたお金という区別さえ付かなくなってしまうという恐ろしいことになるのです。

 

待っているのは、破綻という言葉だけ。

 

すぐにお金を手に入れる方法」を探す人も、多分、一度そういった経験をしていることが多いのかなと思います。

 

ネットで検索すると、それほど膨大な数の方法が見つかりますけど、中には犯罪がらみのような方法までありますから、ご用心。

 

本当にお金に困ってくると、それこそ藁をも掴む気持ちですから、引っかかってしまうんですよね。

 

危ないアルバイトなどの情報には目をくれないようにしてください。

 

中には、「危ない」と知らないで、言われたことをしていただけという人も居るでしょう。

 

だけど、犯罪に巻き込まれてからでは、すべてが「言い訳」になってしまうんです。

 

スポンサーリンク

 

 

さて、もうどこからもお金を借りられない人が素早くお金を手に入れるには?ですが、やっぱり王道は家族や親戚、知人にお金を借りることでしょうか。

 

まあ、それをしたくないからこそ、ネットで検索するんですけど。

 

いつも書いているように、ネットオークションもおすすめなのですが、最短で1日でお金が入ってくることもあれば、数日かかることもあります。

 

相手次第ですからね。

 

生命保険に加入しているのなら、契約者貸付制度を利用する方法もあります。

 

契約者貸付制度というのは、生命保険の解約返戻金の何%かを、保険会社から貸付という形で借りることです。

 

「なんだ、借金じゃん」と思うでしょうが、いわば自分が将来もらうお金を借りるわけですから、利息は低いですし、信用調査されることもありません。

 

申し込みが営業日でしたら、手続きさえその日に済めば、一日でお金を手にすることはできます

 

とは言え、将来に備えて、コツコツと支払ってきたお金が、返せなくなった場合は無くなってしまうんですよね。

 

100万円もらえるはずだったのが、気がついたら10万円くらいしか残っていなかった、なんて笑えない結果にもなるので、慎重に考えた方が良いでしょう。

 

「どうしても現金が必要」となった時の、まさしく保険と考えれば、良いのかもしれません。

すぐに20万円稼ぐのは難しいけど1週間なら大丈夫?

JUGEMテーマ:借金返済

 

多重債務になると、「すぐにお金を作る方法」に敏感になるのは確かです。

 

本当に常にお金に困っているんですよね。

 

「あーあ、宝くじにでも当たらないかな?」と思いながらも「そんなことばかり考えているからダメなんだ。目の前の仕事を頑張ろう!」と自分を戒めたり。

 

だけど、「今日中に10万円作る方法」なんていう話を目にすると、「なになに。。。」と見に行ってしまうのです。

 

で、書いてある内容と言えば、比較的まともなものもあれば、「危ないバイトに手を出す」的なものまで。

 

「なんだかなー」と思いながらも残念だったりするのです。

 

本当に情けない限り。

 

とは言え、「すぐに20万円稼がないと、自営の仕事が危なくなるんです。どうにかならないですか?」なんて言われたら、なんとかならないのだろうか?と必死になって考えますよね。

 

「今日中に」とはいかないまでも、1週間の猶予があれば、なんとかなるかもしれません。

 

バイト関連で言えば、やはり治験でしょうか?

 

そう、新薬開発のためのボランティアでお金がもらえる、というものです。

 

金額も、普通のバイト並のものもあれば、1日1万円以上になることも。

 

中には、その日に報酬がもらえるタイプの仕事もあるようなので、まさに数万円が即金で入ってくるかもしれません。

 

治験バイトは稼げる?

 

ただ、人体に危険はないというものの、体を張った仕事であることには変わりはないので、同じ姿勢で居なければならなかったり、注射を何度も受けなければいけないとか、それなりに苦痛は伴います。

 

社会貢献にもつながることを考えれば良いのでしょうが、高収入だけに目がくらんで応募すると、「話が違う」と思うかもしれませんね。

 

あとは、水商売系が考えられますが、不況の波は夜の世界にも広がっていますから、ホストやコンパニオンをしていても、よっぽど売れっ子にならない限り、破格の報酬を手にするのは無理でしょう。

 

と言っても、平均時給が3,000円くらいと言われているので、昼間のバイトに比べたら高収入ですが、精神的に強くないとできないとこもありますから。

 

一般の人が、手っ取り早く稼ぐ方法としては、やはりいつも書いているように、ネットオークションなどで手持ちのものを売る方法でしょう。

 

スポンサーリンク

 

 

実は、きのうも、片付けをして出てきた、マニアが好みそうなフィギュアをヤフオクに出品したのですが、即決価格を安くしたせいか、出品後5分も経たないうちに売れてしまいました。

 

相場よりはかなり安いとは言え、2万円で売れたので、このランクのものが10個あれば、もう20万円ですよね。

 

まあ、世の中そんなに甘くないので、あとはほぼガラクタしか出てきませんでしたが。

 

フィギュア好きが高じて、自分で好みのものを追求して作っているうちに、それが仕事になり、自営業として成功しているという男性も居ますが(なんでも年収1,000万円以上だそうです)、これこそ「好きこそものの上手なれ」ですよね。

 

他に、ネットを使った稼ぐ方法として、「人気ブロガーになる」とか「ユーチューバーになる」というのがあります。

 

確か、ユーチューバーで1億円以上稼いでいる方もいらっしゃいますが、そうなると、芸能人と同じように才能が必須なんだろうなーと。

 

人を惹き付けるオーラとか。

 

それに、一時期は良くても、継続的に稼ぎ続けることは難しい気がします。

 

いずれにしても、その場しのぎで作るお金に頼っていては、債務整理後の生活を立て直すのは困難でしょう。

 

一攫千金の夢に一縷の望みを託している私が言うのもなんですが、やっぱり最後は地道にコツコツとお金を貯める、というのが正解なのかな?

 

その貯めたお金を投資か何かで増やすことができれば、なお良いんですけど。