スポンサーリンク
Home >> 不動産担保ローン >> 住宅ローンが残っていても不動産担保ローン審査に通る?
Page: 2/5  << >>

住宅ローンが残っていても不動産担保ローン審査に通る?

JUGEMテーマ:借金地獄

 

借金返済地獄と同じくらい苦しいのが、住宅ローン返済地獄だと言われています。

実際、バブルの頃に1億はくだらない家をローンで買う人というのは、ゴロゴロいらっしゃいましたから。

中にはキャッシュで買う人も。

まあ、1億は無理でも3,000万円から6,000万円の住宅を、中堅サラリーマンが購入するというのは、ごく普通の情景だったんですよ。

豪邸

そのまま景気の良い状態が続くわけはなく、少しづつ景気が悪くなったとしても、このまま会社勤めをしていれば、途中で住宅ローンの返済ができなくなることは無いだろう、という気持ちだったんですよね。

それが、あれよあれよという間に、坂道を転がるように景気が悪くなり、一部の企業に勤めている人を除けば、住宅ローンの返済がきつくなっていることが考えられます。

このブログに来てくださっている方は、多重債務や債務整理後が多いと思いますが、「他ではお金を借りられないけど、不動産担保ローンなら借りられるのでは?」と淡い期待を持たれたこともあるでしょう。

結論から言うと、債務整理後、いわゆるブラックとなってしまっては、例え価値の高い不動産をお持ちでも、審査に受かるのはかなり難しいと思います。

ただ、調べたところ、100%断られるか?と言われれば、そうでもないんですね。

例えば、一等地と言われる場所に土地付き一戸建てを所有している場合で、債務整理後数年経っていれば、資産価値を優先させてくれるなんていうこともあり得ます。

 

住宅を担保にすればブラックでもお金を貸してくれる?

不動産担保ローンは、ご存知のように、無担保融資と違って不動産を担保にして融資を受けるわけですから、たとえ返済が滞っても最後には魅力的な担保が手に入るということ。

もちろん、審査の際には今の属性も重要になりますが、債務整理後2年も経たないのに不動産担保ローンが借りられたというケースがあるのは確かです。

これは、多重債務の方にもいえることですけど。

問題は、現在住宅ローンを返済中でも融資は受けられるのか?ということです。

たいていの人は銀行や住宅金融支援機構を利用して住宅ローンを組んでいますから、名義は自分のものでも返済中はまだすべて自分のものになったわけではないからです。

特に、ローンを組んでから数年しか経っていない場合、ローンの残高もかなり残っていることから、融資自体を断られるケースも。

とは言え、不動産担保ローンを申し込む方のほとんどがローン返済中なわけではから、返済中という理由で融資を断られることはありません。

スポンサードリンク

 


通常、担保として預ける不動産の価値から残っているローン支払い金額を引いた額から融資額が決まります。

実際には、不動産評価額の60%から80%くらいの融資が受けられるということですが、その金額から残債分を差し引いた金額が、融資金額となるわけです。

評価額って誰が出すの?ということですが、不動産を所持している人はすべて固定資産税が課税されていると思いますが、その固定資産税の評価額を元に計算されるのです。

例えば、不動産評価額が1,000万円で住宅ローンが500万円残っている場合、融資可能金額は60%なら600万円で、そこから500万円を引いた100万円が融資金額となるということ。

もちろん、これ以外にも手数料やらいろいろ引かれるので、本当に借りられるのはもっと少なくなりますね。

固定資産税を支払った方ならわかると思いますが、評価額って実際に買った金額よりはかなり低いですから、結構頑張って建てた家でも「これだけ?」ということになるかもしれません。

逆に、税金を支払う時には、「こんなに高いの?」と思うわけですが。

不動産担保ローンは、汗水たらして働いたお金で手に入れた大切な財産を担保にするということですから、慎重に考えたいものです。


lalaco257 | - | - | pookmark | category:不動産担保ローン
Home >> 不動産担保ローン >> 家を担保にすれば無職でもお金は借りられる?

家を担保にすれば無職でもお金は借りられる?

JUGEMテーマ:借金返済

 

新元号が「令和」と決まり、世の中が湧いていますが、年度末が終わり、値上がりラッシュがやってくる時期です。

 

まだまだ自転車操業の我が家にとっては、頭の痛いことばかり。

ましてやブラックや無職だったりすると、お金を借りることが困難になります。

おまとめローンのところでも触れましたが、無担保ローンでお金が借りられなくなったら「不動産担保ローン」という方法もあります。

ただ、不動産という、今まで汗水たらして築き上げた財産をフイにしてしまう危険性もあることを充分に考えるべきです。

よく、「ブラックになっても、たとえ無職でも担保となる不動産があれば借りられます」なんてことを聞きますが、本当にそうでしょうか?

確かに、持っている不動産の価値が高ければ「自己破産して間もないのにお金が借りられた」なんていう方もいらっしゃるようです。

それでも、その方に「今後お金を貸しても返してもらえる」という信用が無ければ貸さないでしょう。

例えば、自己破産や他の債務整理をしていても、もともとの収入が高い人や安定した収入が得られる人。

「そんな人が自己破産することはないよ」と思われるかもしれませんが、何も生活費が足りなくて借金する人ばかりではないのです。

スポンサーリンク

 


投資やギャンブルで一度に大金を失ってしまう人も多いです。

また、予期せぬ出来事に巻き込まれたり、という。

結局は、ここでも属性が重要になってくるんですよね。

 

要するに、職業や年収、勤続年数やクレジットカードとかローン履歴などが問題になると言うこと。

無職では審査に通る可能性は、非常に薄いでしょう。

いくら「支払いが滞ってしまったら、不動産を取り上げられる」とは言っても、「車乗ったまま融資」のように、即車を取り上げてしまうということとは違うのです。

だから、「もうどこからもお金を貸してもらえないから、仕方なく不動産担保ローンを借りよう」という考え方では、融資してもらうことは難しいと思います。

あちこちの消費者金融から借入をしていて、利息もそれなりに支払っているという方が、「ひとつにまとめられないだろうか?」ということで選ぶのならアリかもしれません。

「おまとめローン」は金利が安くなったり、支払日が1回になるので資金繰りがしやすいなどのメリットがありますが、審査が厳しくなりますよね。

そこで、ある程度価値のある資産をお待ちなら、不動産担保ローンにすれば審査に通りやすくなることも多いのです。



結局、「きちんと返せるあてがある」ということが前提ですから、「最悪不動産を取り上げられるだけで済む」なんて思っているとしたら大間違い。

不動産を取り上げられる=住むところが無くなるわけですから。

自分一人のことならば自業自得で済むかもしれませんが、巻き込まれるご家族のことを思うと、そんなに軽はずみなことはできませんよね。

他のローンやキャッシングの契約以上に真剣に考えて行動すべきでしょう。

 


lalaco257 | - | - | pookmark | category:不動産担保ローン
Home >> 不動産担保ローン >> 不動産担保ローンを組んでいると債務整理しずらくなる?

不動産担保ローンを組んでいると債務整理しずらくなる?

JUGEMテーマ:借金返済

 

ブラックでも不動産担保ローンは利用できる?」ということについては書きましたが、それでは、債務整理する前に不動産担保ローンを組んでいた場合はどうなるのでしょうか?

 

多重債務で借金でがんじがらめになってしまい、「もうこれ以上お金は借りられない」となった時に、すぐに「では債務整理を検討しよう」ということにはならないと思うんです。

 

その前に何か手立てはないか?

 

そこで考えるのが、「借金をまとめられないか?」ということ。

 

だけど、まとめるとなると借りる金額も大きくなりますし、保証人が必要になることもあり、なかなか審査に受からないんですよね。

 

持ち家に住んでいる人は、「この家や土地を担保にしてお金を借りられるんじゃない?」と最後の望みのように思いつきますが、資産価値が無いと借りるのは難しいものなんです。

 

不動産担保ローン-債務整理体験談

 

だけど、たまたま人気のある沿線の土地を所有していて、思った以上の条件でお金を貸してくれることになったら?

 

すぐに借りてしまうでしょう。

 

私の場合も、持ち家だったのですが、ここでつまずいてしまいお金が借りられなかったので、あの時審査に通っていたら、間違いなく不動産担保ローンでお金を借りていたと思うんです。

 

今思うと、その時に借りられていたとしても、債務整理はしていただろうなという確信がありますし、「あれ以上借金を増やさないで良かった」という気持ちは大きいです。

 

まあ、人によっては、不動産担保ローンである程度まとまったお金が借りられたお陰で、借金を全額返済することができた、というケースもありますから、一概には言えませんが・・・

 

で、この不動産担保ローンを借りている方が、「やっぱりダメだ。借金返済が不能になったから債務整理をしよう」となった時、ちょっと困ったことになるんですね。

 

特に任意整理をする場合、それぞれの債権者と話し合って、借入金額を少なくしてもらったり利息を引き直してもらったりするわけなのですが・・・

 

スポンサーリンク

 

 

不動産担保ローンの場合、債権者は支払不能になれば家や土地は取り上げられる権利を持っているわけですから、競売にかけて現金にしてしまえばその分は独り占めできるものなので、任意整理の話し合いに同意する可能性は極めて低くなるということ。

 

せっかく自己破産を避けて任意整理にしたのに、家は取られるは、話し合いには同意してくれないは、ではどうしようもないですから。

 

となると、任意整理をする場合は、不動産担保ローンだけを除外し、そのまま支払いを続け、その他の借金だけを整理するという方法を取ることが多くなります。

 

あるいは、もう腹をくくって「自己破産」してしまうか?ですね。

 

自己破産する場合は、結局家は競売にかけられるか任意売却で手放すことになるので、失うことには変わりない、という考え方です。

 

※自己破産しても、任意売却で先に家を売ることは可能で、最近では、個人の場合、競売よりも任意売却を選択する人の方が多いくらいです。

 

このように、債務整理を回避するために借りたつもりの不動産担保ローンが、結局は足かせになることも考えられるので、おまとめローンもそうですが、「多額の借金をする」デメリットについても、借りる前にしっかりと考える必要があります。

 

「もうどこからもお金が借りられない」という時には、とても魅力的に映る不動産担保ローンですが、「支払いができなくなったら?」ということを念頭に入れておくべきですね。


lalaco257 | - | - | pookmark | category:不動産担保ローン