スポンサーリンク
Home >> 不動産担保ローン >> 高齢でもうどこからもお金が借りられない人が借りるただひとつの方法とは?
Page: 2/5  << >>

高齢でもうどこからもお金が借りられない人が借りるただひとつの方法とは?

JUGEMテーマ:借金地獄

 

子どもの貧困が増えている、いや、若年層の方が、と討論されていますが、実は一番問題なのが、高齢者の貧困なのではないでしょうか?

いや、若者が仕事にあぶれ、子どもが十分に食事も与えられていないということももちろん問題なのですが、社会問題としても取り上げられやすい気がします。

でも、高齢者に関しては、「お金を持っている」というイメージがあったりしますよね。

今は、そのイメージも崩れつつあるということです。

実際、地域によっても差がありますが、70代前半の10人に1人が生活保護を受けていると言われています。

70代と言えば、若いころ必死で働き、子どもを成人させ孫もある程度大きくなり、やっと自分だけのために生きられる世代です。

それなのにお金が無くては、暮らしを楽しむどころか、病気になってもお医者さんにも通えません。



ちょうど、債務整理後の生活がまだ破綻している状況のようです。

年金がもらえる、と言っても、たくさん貰える人は限られていますから。

「お金が足りない」と思っても、若い人たちのように気軽にのキャッシングすることなんてできないです。

ましてや、長いローンを組むことも。

唯一利用できるとしたら、不動産担保ローンでしょうか?

ある程度資産価値のある不動産を持っていれば、お金を借りることは可能でしょう。

ただし、返済が滞ると、土地も家も取り上げられてしまうリスクはあるので、よく考えた方がいいですよ。

 

年を取ってから、賃貸物件を探すのは結構大変で、私の両親が訳あって賃貸物件に住む事になった時、年齢がネックになって、何軒も断られた経験がありますから。

 

結局、「何かあったら、こちらで責任を取るから」ということで、やっと入居できたのです。

不動産担保ローンの他、あまり聞き慣れない方法としては、年金担保融資というものもあります。

文字通り、年金を担保にしてお金を借りる方法ですが、取り扱っているのは、独立行政法人福祉医療機構と、日本政策金融公庫の恩給・共済年金担保融資だけだということ。

つまり、よく新聞のチラシ広告などでみかける「年金を担保してお金を貸します」という金融業者は信用してはならないということです。

不況になると、お年寄りの懐を狙う悪質業者が増えてきますので、用心に用心を重ねることが大切です。

振込詐欺だけでも年々悪質になっていますから、お金を借りるとなると、余計注意が必要になるわけです。

スポンサードリンク

 


このサイトに来てくださる方の中には、高齢になってから債務整理をして全財産を失われた方もいらっしゃるでしょう。

ただでさえ、ローンを組むのは難しい年齢ですから、ブラックになってしまってはどこからもお金を借りることはできません。

そんな時、ある程度の年金を受け取っている場合、この年金担保ローンを利用するという方法もあるのです。

もちろん、年金受給者なら誰でも借りられるということではないですが、この年金担保ローンはそんなに難しい審査があるわけでもなく利用することができるのです。

ただし、融資金をギャンブルや投資などに使ったり、現在生活保護を受けている場合や受給後5年以内の場合は審査に受からないということ。

連帯保証人が必要で、現在受けている年金額の1.0倍以内しか借りられないという制限もあります。

まあ、返済方法として、支給される年金から引き落とされるということなので、そのくらいの金額が妥当ということなのでしょう。

結局は少ない年金をさらに少なくすることにもなるので、本当にお金に困ってどうしようもない場合、また年金金額には余裕があるけれど、少しまとまったお金が必要という時以外はおすすめできない方法ではあります。

 



こんな記事も読まれています
lalaco257 | - | - | pookmark | category:不動産担保ローン
Home >> 不動産担保ローン >> 不動産担保ローンの審査は住宅ローン返済中でも通るの?

不動産担保ローンの審査は住宅ローン返済中でも通るの?

JUGEMテーマ:借金地獄

 

借金返済地獄と同じくらい苦しいのが、住宅ローン返済地獄だと言われています。

実際、バブルの頃に1億はくだらない家をローンで買う人というのは、ゴロゴロいらっしゃいましたから。

中にはキャッシュで買う人も。

まあ、1億は無理でも3,000万円から6,000万円の住宅を、中堅サラリーマンが購入するというのは、ごく普通の情景だったんですよ。

豪邸

そのまま景気の良い状態が続くわけはなく、少しづつ景気が悪くなったとしても、このまま会社勤めをしていれば、途中で住宅ローンの返済ができなくなることは無いだろう、という気持ちだったんですよね。

それが、あれよあれよという間に、坂道を転がるように景気が悪くなり、一部の企業に勤めている人を除けば、住宅ローンの返済がきつくなっていることが考えられます。

このブログに来てくださっている方は、多重債務や債務整理後が多いと思いますが、「他ではお金を借りられないけど、不動産担保ローンなら借りられるのでは?」と淡い期待を持たれたこともあるでしょう。

結論から言うと、債務整理後、いわゆるブラックとなってしまっては、例え価値の高い不動産をお持ちでも、審査に受かるのはかなり難しいと思います。

ただ、調べたところ、100%断られるか?と言われれば、そうでもないんですね。

例えば、一等地と言われる場所に土地付き一戸建てを所有している場合で、債務整理後数年経っていれば、資産価値を優先させてくれるなんていうこともあり得ます。

不動産担保ローンは、ご存知のように、無担保融資と違って不動産を担保にして融資を受けるわけですから、たとえ返済が滞っても最後には魅力的な担保が手に入るということ。

もちろん、審査の際には今の属性も重要になりますが、債務整理後2年も経たないのに不動産担保ローンが借りられたというケースがあるのは確かです。

これは、多重債務の方にもいえることですけど。

問題は、現在住宅ローンを返済中でも融資は受けられるのか?ということです。

たいていの人は銀行や住宅金融支援機構を利用して住宅ローンを組んでいますから、名義は自分のものでも返済中はまだすべて自分のものになったわけではないからです。

特に、ローンを組んでから数年しか経っていない場合、ローンの残高もかなり残っていることから、融資自体を断られるケースも。

とは言え、不動産担保ローンを申し込む方のほとんどがローン返済中なわけではから、返済中という理由で融資を断られることはありません。

スポンサードリンク

 


通常、担保として預ける不動産の価値から残っているローン支払い金額を引いた額から融資額が決まります。

実際には、不動産評価額の60%から80%くらいの融資が受けられるということですが、その金額から残債分を差し引いた金額が、融資金額となるわけです。

評価額って誰が出すの?ということですが、不動産を所持している人はすべて固定資産税が課税されていると思いますが、その固定資産税の評価額を元に計算されるのです。

例えば、不動産評価額が1,000万円で住宅ローンが500万円残っている場合、融資可能金額は60%なら600万円で、そこから500万円を引いた100万円が融資金額となるということ。

もちろん、これ以外にも手数料やらいろいろ引かれるので、本当に借りられるのはもっと少なくなりますね。

固定資産税を支払った方ならわかると思いますが、評価額って実際に買った金額よりはかなり低いですから、結構頑張って建てた家でも「これだけ?」ということになるかもしれません。

まあ、税金を支払う時には、「こんなに高いの?」と思うわけですが。

不動産担保ローンは、汗水たらして働いたお金で手に入れた大切な財産を担保にするということですから、慎重に考えたいものです。



こんな記事も読まれています
lalaco257 | - | - | pookmark | category:不動産担保ローン
Home >> 不動産担保ローン >> 無職なのに不動産担保ローンが通った人は居るの?

無職なのに不動産担保ローンが通った人は居るの?

JUGEMテーマ:借金返済

 

無職になってしまうと、「もうこの土地と家を担保にしてお金を借りないと、やっていけない」とまで思いつめることがあります。

 

ただ、今の不動産担保ローンは、もうちょっと気軽に借りられるイメージがありますが、どうなんでしょうか?

 

確かに、不動産担保ローンを組んでも借りたお金を返せないと取られてしまう、というリスクがあるのですが、「現在無職である」という方にとっては、お金を借りるための最後の砦なのです。

 

では、実際に無職なのに審査に通った人は居るのでしょうか?

 

ネットで検索すると、皆無というわけではないのですが、「無職ではほぼ通らない」というのが、一般的な意見です。

 

銀行や消費者金融などの金融機関も、不動産を買取るのが仕事ではなく、お金を貸すわけですから、返済できるという確証が無いと、いくら資産価値が高いものを持っていても、「貸したくない」のが本音でしょう。

 

家探しをする大家さん-債務整理体験談

 

ただし、無職でもあちこちに不動産を取得していて、土地の賃料やアパートやマンションなどの家賃が毎月振り込まれている、なんていう場合は例外となります。

 

まあ、「大家さん」となれば、無職ではなくなりますけどね。

 

それに、家賃収入がたくさん入っていれば、そもそもお金を借りることも無いでしょうし。

 

スポンサーリンク

 

 

ある消費者金融の不動産担保ローンを担当されている方の話では、「大事な不動産を担保にしてまでお金を借りたい、という方はよっぽど資金繰りに困っている人とみなされます。」ということ。

 

そうなると、普通のローンやキャッシングよりも慎重に審査を重ねるのは当然のことですし、実際に法務局にまで足を運んで、抵当権が付いてないか、調べることまですることもあるとか。

 

お客様にお金の使用目的を聞くことは無いのだそうですが、貸す側としても大金を用意するというリスクがあるので、「現在借りている借金をまとめたい」とか「新規に事業を展開したい」などの目的がはっきりしている方が貸しやすい、という意見も。

 

とは言え、金融業者にしてみても、無担保ローンで貸し倒れになるよりも担保がある方が有利なのは間違いないことなので、資産価値の高い物件になればなるほど、契約を結ぶ確率は高くなる、というのもわかります。

 

特に、「相続で手に入れた不動産を担保にしてお金を借りたい」なんていう人は、どれくらいの価値があるのかさえわかっていないことも多いので、あまり良くない業者に当たると、足元を見られて安く評価されるなんていうこともあるとか。

 

そうじゃなくても、貸す側と借りる側では、どうしても貸す側が有利になる金融商品ではあるので、契約の際には、「どうしても不動産を担保にする必要があるのか?」をもう一度考えてみる必要があります。

 

そして、「最悪の場合は、取られても仕方がない」と結論が出たのなら、任意売却などで売ってしまう方が良いかもしれません。

 

今住んでいる土地や家が、突然他人名義になってしまう」なんていう状況を想像すれば、最初からやり直すつもりで、家も土地も手放して売却したお金を事業資金にするなり、生活資金にした方が、前に進みやすいこともあるのですから。

 

要するに、いくら担保があったとしても、「返せる可能性が低いのなら、また一か八かで勝負するのなら、最初から手放した方が良いのでは?」ということです。



こんな記事も読まれています
lalaco257 | - | - | pookmark | category:不動産担保ローン