スポンサーリンク
Home >> クレジットカードの審査 >> 自己破産後5年でどうしてアメックスカードが作れたのか?
Page: 2/10  << >>

自己破産後5年でどうしてアメックスカードが作れたのか?

JUGEMテーマ:クレジットカード


債務整理後のクレジットカード取得は、ブラックになった人にとっては、一種の憧れでもあるのです。

だから、「自己破産後にクレジットカードが作れた」人の成功例などをみると、心底うらやましくなるのですが・・・

時々見るのが、「自己破産後5年でクレジットカードが作れた」という事例。

通常なら、最低でも免責後7年は作れないと言われているクレジットカードが、たった5年で作れたなんて。

債務整理の中でも、比較的クレジットカードが作りやすい任意整理でさえも、一番早くてそれくらいでしょう。

まあ、「急いてはことを仕損じる」ということで、「ならば、私ももう免責がおりてから5年経つから」なんて軽い気持ちでクレジットカードを申し込むと撃沈すると思いますけど。

クレジットカードの申し込みでは、申し込む会社、タイミング、個人の収入、勤めている会社、勤続年数、家族構成、持ち家か賃貸かなどなど、いろいろな要素がからんできます。

 

属性が重要になる、ということ。

免責後5年でクレジットカードが取得できた方のケースを詳しく見てみると。

クレジットカードが取得できた

取得できたのは大手のアメックスだそうです。

ただ、大手企業に7年くらいお勤めで、年収が700万円以上、持ち家ということでした。

だからといって、これだけ条件が揃えば大丈夫か、と言えばそうでもないのですよね。

実際には、もう少し収入が少なくても、クレジットカードの審査に受かっている例もあるようですが、その辺は不透明と言えるでしょう。

スポンサードリンク

 


いわゆる「ブラックリスト」が載っている期間も、「個人信用情報機関」では、だいたい5年くらいで、それ以降は「事故歴」は消えると言われています。

各金融機関に残されている「事故情報(社内ブラックリスト?)」はいつ消えるのか?もしかしたら、一生消えないのか?ということはわかっていません。

多分、大手銀行で住宅ローンを組んでいたりした場合は、一生消えないのではないかと思います。

その場合は、晴れて「喪明け」をした際にクレジットカードを申し込むなら、外資系のクレジットカードにした方が良いでしょう。

なぜ外資系か?というと、日本の大手クレジットカードよりは、過去の履歴を重要視しないと言われていますので。

 

特にアメリカでは、現大統領のトランプ氏が何度も自己破産を経験されていることからも、「過去より現在」を評価する、というのはわかります。

日本だと、大手クレジットカード会社では、いわゆる「ブラックであった」という事実だけで、審査もせずに断られるケースもあるようです。

外資系と言っても、すべてが当てはまるわけではないですけど、「頑張ればチャンスを与えてくれる」という面では、日本より作りやすいのでは?と思うんですよ。

だからと言って、手当たり次第にクレジットカードの申し込みを行っていると、審査の結果には関係なく「申し込んだ」事実が履歴に残ってしまいますから、要注意です。

債務整理後のクレジットカード取得には、細心の注意を払う必要がありますね。

 


lalaco257 | - | - | pookmark | category:クレジットカードの審査
Home >> クレジットカードの審査 >> 破産した60代でもクレジットカードは作れる?大人の休日倶楽部ジパングカードは?

破産した60代でもクレジットカードは作れる?大人の休日倶楽部ジパングカードは?

JUGEMテーマ:借金返済


債務整理後のクレジットカード作りは難しくなるということは何度も書いているのですが、この間「元ブラックで60代ともなると、ほとんどクレジットカードは作れないよね」という話になりました。

なんでも、その方の親御さんが50代で自己破産され、ようやく免責から7年が経って個人信用情報から事故情報が消えたそうなのですが、すでに60代でこれからクレジットカードを取得するのは無理なのでは?と。

考えてみたら、私もそう遠い話ではないので、いろいろ調べてみました。

そもそも、ブラックじゃなくても、60歳以上になるとクレジットカードは作りにくいと言われています。

60代以上のクレジットカード取得

特に、最近はアンダー29歳が優遇されているということで、20代なら、今は所得が低くてもこれから長く使ってもらえる、という理由からか、審査に関しても比較的緩いのではないか?と言われるほどです。

実際の審査基準は、各クレジットカード会社でかなり違ってきますので、なんとも言えませんが、噂によると、ある都市銀行では、アルバイトだったとしても定収入さえあれば、25歳以下のクレジットカード発行率は高いということ。

高齢者社会なのに、色んな意味で高齢者は締め出されているのか?なんて思ってしまいます。

ただ、捨てる神あれば拾う神ありで、シルバー限定割引カードのようなものを発行しているところでは、60歳以上で、たとえ年金収入だけだとしても審査に受かる可能性は高いのです。

例えば、イオンカードとかセディナOMCなどは、門戸を広げていると言われています。

だからと言って、審査に受かりやすいかどうかはまた別問題ですが、少なくとも年齢だけではじかれるということは少ないでしょう。

 

そうなると、現在の年収や年金金額が問題になるのかもしれません。

言ってみれば、「これから何年利用してもらえるか?」という「顧客生涯価値」を重視するか、「どれだけ頻繁に利用してもらえるか?」を一番に考えるか?の違いだと思います。

 

シルバー世代って、若い頃に我慢を強いられてきた方が多いから、歳をとってから自分の趣味にお金を使うという人もいらっしゃるでしょう。

 

あるいは、自分のものはあまり買わなくても、孫には何でも買ってあげる、とかね。

スポンサードリンク

 


中には、ビューカードが発行している「大人の休日倶楽部ジパングカード」のような、65歳以上限定のクレジットカードもあります。

新幹線などの長距離チケットが最大30%も割引になるという利点がありますから、「退職後は旅行を楽しみたい」という方にとってはお得なカードと言えるでしょう。

年会費が4,285円、夫婦で会員になると7,320円ということですから、クレジットカードの年会費としてはお高いですが、年に何度か利用すれば、十分元は取れますね。

年をとっても、お金に余裕のある方、富裕層の方をターゲットにしたクレジットカードは、これからも登場するのかな?と思います。

だけど、先ほど書いた「自己破産を経験した60代以上」になると、やはり極端に取得が難しくなるというのが現状でしょう。

人数的には圧倒的に年金だけで年収200万円以下くらいの方々が多いかと思うので、高齢者向けのカードであれば、そういった方々が使いやすい方が良いのでは?と個人的には思います。

 

若者の消費意欲の低下が問題になっていますが、その点、お年寄りは、自分のものは買わなくても、孫の物は惜しまず買うという方が多いですから。

 

また、アンチエイジングに関するものなら、特に女性は購入してしまう傾向にあるでしょう。

年会費はそこそこ高くても良いから、もう少しお年寄りにも使いやすいクレジットカードが登場してくれれば良いですね。

 

追記:政府が「70歳まで働けるように」と企業に高齢者の雇用機会を作る努力義務化を課す方針を検討しているそうです。

 

一見、歳をとってからでも働ける環境が整いそうで、朗報なのか?と思いますが、結局は年金支出を減らすための対策なのかな?と。

 

もちろん、60代や70代でも元気で勤労意欲がある方は素晴らしいし、企業側にもメリットはあると思うのですが。

 

できれば、老後の生活費は心配しないで済むくらいの年金があって、その上で働ける人は働く、というシステムが良いのかな?

 

これは、若い人でも同じなのかもしれませんね。

 


lalaco257 | - | - | pookmark | category:クレジットカードの審査
Home >> クレジットカードの審査 >> イオンデビットカードは10万円までの買い物なら立て替えてくれる?

イオンデビットカードは10万円までの買い物なら立て替えてくれる?

JUGEMテーマ:クレジットカード

 

イオンデビットカードの審査についてのご質問が増えています。

 

一番多いのが「以前、イオン系列のクレジットカードを債務整理したのですが、デビットカードの審査には受かりますか?」というもの。

 

まあ、イオンに限らずクレジットカードの審査については、巷でどんなに「審査が甘い」と言われているようなものでも、落ちる人は落ちますからね。

 

ましてや、ブラックであるというだけで、まず審査には受からないでしょう。

 

一応、イオンデビットカードは、通常のクレジットカードとは違い、VISAデビットカードと同じように、自分の銀行口座にお金を入れておいて、その預金高の範囲で買い物ができるシステムになります。

 

ATMでお金を下ろす-債務整理体験談

 

ひとつ違うのは、口座にお金が無い場合でも、10万円までの債務保証が付いているということ。

 

つまり、普通のデビットカードなら、利用したら即銀行口座から引き落としになるため、預金残高がなければ利用することはできません。

 

だから原則無審査で取得できるのです。

 

それが、イオンの場合10万円までは立替えのような形で、預金残高が無くても自動的に補填してくれる、ということ。

 

デビットカードの難点が、「口座にお金が入っていないと使えない」「分割払いができない」ということなのですが、ローン払いはできないものの、これで一歩クレジットカードに近づいた、と言えるでしょう。

 

一見ブラックの人たちにとっては朗報?と喜んでみたのですが、結局は債務保証が付いているということで、審査の際にも与信が行われるのです。

 

そう。

 

私達が恐れている「個人信用情報の参照」があるんですよ。

 

スポンサードリンク

 

 

なので、ブラックだとまず受からないでしょう。

 

ついでに、人づてに聞いたのですが、「イオンは特に社内ブラックに重視するので、喪明け過ぎても一度迷惑をかけた人は、半永久的に審査に受からないと思ったほうが良いですよ。」と。

 

イオンデビットカードの審査自体は、パートやアルバイトでも、例え勤続年数が数ヶ月でも受かった、という体験談もあるくらい、通常のクレジットカードに比べたら緩やからしいです。

 

そこは、やはりショッピング枠50万でキャッシング枠20万くらい与えてくれるようなクレジットカードと比べたら、多少は違うでしょうね。

 

だから、ブラックではないけれど、ちょっと審査に受かるかどうか心配、というような初心者さんには良いのかもしれません。

 

特に、「ザ・ビッグ」などのイオングループのスーパーでよく買い物をする方なら、利用に応じてWAONポイントが貯まるなどお得なこともあるので、持っている価値はあるかな?(一度チャージをする必要があります)

 

残念ながら、冒頭の質問をされているようなブラックの方では、持てないデビットカードということになります。

 

ただ、イオン系列の会社は債務整理の対象ではなかった、という方は、喪明け後にチャレンジしてみても良いのではないでしょうか?


lalaco257 | - | - | pookmark | category:クレジットカードの審査

Profile

Search

Entry

Category

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode