クレジットカードの審査 | 債務整理体験談-500万円の借金を抱えた主婦の多重債務物語

債務整理体験代-500万の借金をかかえて
多重債務に陥っている方に。債務整理した体験談を交えながら、クレジットカードや債務整理全般、債務整理後の借り入れの方法などについて書いています。

フリーローンの審査基準ってどうなってるの?喪明け後は?

JUGEMテーマ:日記・一般

 

フリーローンに何度申し込んでも審査に落ちてしまう」という話を聞きました。

 

フリーローンというのは、住宅ローンや教育ローンなど目的がはっきりしているローンに対して、「何に使っても良い」というローンのことです。

 

だから、見積書や証明書なども要らずに気軽に借りられる分、利率は高くなります。

 

まあ、一般的に「お金を借りる」と言うと、キャッシングなども含めて、ほとんどの方がフリーローンを思い浮かべるでしょうが。

 

このフリーローンの審査基準というのはどうなっているのでしょうか?

 

いろいろな条件がありますし、各金融業社や信販会社によって基準は違うようです。

 

例えば、現住所に住んでいる年数がどれくらいかによって、キャッシング審査の通りやすさに差が出るという説で言うと、居住年数が1年未満の場合は、フリーローンの審査に通るのは非常に難しいということ。

 

また、その家に誰と一緒に暮らしていいるかも審査時にはチェックされます。

 

フリーローンの審査基準は?-家族団らん

 

1人で住んでいたり家族と別に住んでいるひとは雲隠れのリスクが高い客と金融会社側は認識しているため、審査が厳しくなりがちです。

 

フリーローンの審査には電話番号も関係していると言われています。

 

最近は、固定電話を使わないで、すべて携帯やスマホで済ませる方も多いと思いますが、フリーローンの審査においては自宅に電話がないと通りにくくなります。  

 

返済トラブルが起きた時などに連絡が可能な電話番号が確保されているかどうかが重要視されるのです。

 

それから重要なポイントは、他に何社から借り入れているかという点です。

 

一定期間内に立て続けにフリーローンの申し込むをすると、別の規定が適用され、それ以降一切借入が出来なくなる事もあるようです。

 

いわゆる「申し込みブラック」になるということですね。

 

スポンサーリンク

 

 

あらゆる金融機関は個人信用機関から顧客のデータを取得する為に、取引内容を個人信用機関に報告する事になっています。

 

返済の遅れや破産状態、現時点の借入額などが金融会社によって伝えられ、情報として登録されているのです。

 

返済が3ヶ月以上遅延したり、債務整理したりすると、「金融事故情報」として残りますので、抹消されるまで数年あるいは10年以上は借入れができない状態になります。

 

何度フリーローンに申し込んでも断られる」という場合は、もう一度条件など見直した方がいいですね。

 

また、申込時の書類の書き方が雑だったなどという理由で、審査落ちする場合もありますので、注意が必要です。

 

確かに、走り書きのような読みにくい字で書かれていたら、「信頼に欠ける人」と判断されても仕方がないですから。

 

もちろん、申込者の年収や勤続年数、職種、持ち家の有無など、基本的な項目は基準以上である場合、という注釈付きです。

 

いずれにしても、債務整理経験者がフリーローンの審査に受かるのは、喪明け後になりますね。

 

しかも、それ相応の努力と段取りが必要になるでしょう。

 

ちなみに、段取りというのは、「最初にどこのローンに申し込めば受かりやすいか?」「申込みの時期は?」などよく考えて、という意味です。

 

裏技のようなものは無く、王道で勝負するのですが、それでも「上手な方法」というのは存在しますから。


こんな記事も読まれています
2018.08.28 Tuesday|-|-|-|-

主婦が審査に通りやすいクレジットカードは?セディナカードは?

JUGEMテーマ:クレジットカード

 

主婦が審査に通りやすいクレジットカードはどれですか? と聞かれました。

 

それだけ主婦の方もクレジットカードの審査に通りにくくなっているということなんですね。

 

少し前には考えられなかったことですが、ご主人の収入が結構良くても、「専業主婦である」というだけで断られるケースもあるみたいです。

 

まあ、その場合はご主人の収入証明書を提出すればOKという金融業者がほとんどなんですが。

 

その収入証明書を提出するのは面倒なんですよ。

 

いや、面倒というより、いちいち自分のクレジットカードを作るのに旦那さんの手を煩わせたくない。

 

もっと言えば、夫には内緒でクレジットカードを作りたいということもあります。

 

夫に内緒でクレジットカードを作り喧嘩になる

 

一家の家計は主婦が握っていることが多いし、今では、専業主婦と言っても、内職などちょっとしたお小遣い稼ぎはしている人も多いです。

 

となると、自分のお小遣いの範囲でなら何を買おうと勝手でしょ、ということ。

 

毎日のお買い物についても、生活費の中で考えに考えてやり繰りしているわけで、イチイチ買い物にいくら使ったか?明細書を見られるのって嫌ですよね。

 

だから、主婦にとっては、夫の収入証明書が不要で、しかも専業主婦でも比較的申し込みやすいクレジットカードが良いと思います。

 

人気のあるのはここかな?

 

[楽天カード]

 

それでも、申し込みやすい=審査に通りやすいということではないので、審査は通常通り行われます。

 

銀行系列の中では、比較的審査に通りやすいとは言われていますが・・・

 

最近は、全体的にクレジットカードの審査が厳しくなったので、審査に通りやすいクレジットカードというのがとても少なくなったということです。

 

だから、「主婦でも審査に通りやすいクレジットカード」とか「クレジットカード審査に通る裏技」なんて検索する人が多いんですよね。

 

スポンサーリンク

 

 

結論から言えば、ある程度の収入があり社会保険で、持ち家で居住年数も数年以上なんていう世帯なら、問題なく審査に通ることがほとんどでしょう。

 

とは言え、いくら夫に内緒でクレジットカードが作れたとしても、好き勝手に使っていてはすぐに足が出てしまいます。

 

特に分割払いだと、総額がいくらになるか?把握しないで買ってしまうなんていうことも。

 

クレジットカードが原因で夫婦喧嘩なんてしたくないですから。

 

利用する時には、きちんと計画を立てて使うということですね。

 

ちなみに、2018年現在、専業主婦の方でも比較的取得しやすいクレジットカードとして人気があるのは

 

セディナカードJiyu!da!

 

このカードは、私も持っていたオーエムシーカードが前身なのですが、確かにその時は「審査が甘い?」と感じていました。

 

今は、そこそこ厳しいのではないかと思うのですが、やはり主婦層やフリーターでも比較的審査に通りやすい、とは言われています。

 

カードを取得するだけで6,000ポイント付与される、というキャンペーンも行っているので(時期については調べてくださいね)、どうせならキャンペーン実施中に申し込みたいところ。

 

使い勝手も良いということなので、主婦としては狙い目カードでしょう。


こんな記事も読まれています
2018.08.21 Tuesday|-|-|-|-

カードローンの審査はクレジットカードより緩い?審査通過率は?

JUGEMテーマ:借金地獄

 

クレジットカードとカードローンは違うの?

どちらの審査が緩いの?

ということですが、クレジットカードとカードローンの違いは、そのカードで品物を購入できるかどうか?という点にあります。

それと、クレジットカードのキャッシング枠は、リボルディング払いにすれば分割できますが、もともとは一括返済が原則で利息もカードローンに比べたら高いです。

ただ、カード一枚でお金を借りることができるので便利ですよね。

クレジットカードにもカードローンをあとから付けることが可能な場合もあるのですが、再審査が必要になり、カードも別のものが送られてくることになります。

ですから、クレジットカードとカードローンではどちらの審査が緩いのか?と考えれば、クレジットカードの審査の方が緩いとも言えるでしょう。

とは言え、世間的には「カードローンの審査の方が緩い」という意見も多く聞かれます。

どっちなの?



となってしまいますよね。

実は、今積極的にカードローンの宣伝を行っているのが、消費者金融系であることから、銀行系や信販系クレジットカードの審査に落ちた方でもカードローンの審査には受かる、というケースが増えているからなんです。

具体的には、アコムのカードローンは、金利が4.7%〜18.0%で、融資限度額が500万円、審査も原則即日ということになっています。

クレジットカードのキャッシング枠だと、一番敷居の高いプラチナ会員であっても、300万円のキャッシング枠が限度であろうと言われているので、限度額だけでも魅力があるのは確か。

その上審査が緩いのなら、と飛びついてしまいそうになりますが、上限の500万円まで行かなくても、100万円以上の融資となれば、審査もかなり厳しくなるでしょう。

スポンサーリンク

 


結局、大手信販会社や銀行の審査に受からない場合は、カードローンでも小額の融資しか望めないということ。

100万円以上の融資は不可能ということではないですが、そういうことでしょう。

救いは、信販会社と消費者金融では、参照する信用情報機関や審査基準が違うというところでしょうか。

と言っても、審査基準は会社によってさまざまですから、一概には言えません。

例えば、私のような一度ブラックになってしまったような場合は、消費者金融系と言えどもカードローンの利用は難しいのでは?と思います。

少額融資でもかまわない、ということであれば、アコムやアイフルの例だと、審査通過率が50%近いという数字も出ていますので、可能性は高いと言えるでしょう。

キャッシング目的でクレジットカードを持つのなら、カードローンに申し込んだほうが無駄が無いという考え方もありますね。

 

総量規制の面から考えると、消費者金融では、「世帯収入の1/3まで」というはっきりとした線引きがあるので、年収が低ければまとまったお金を借りることは難しいです。

 

銀行系のカードローンなら、そういった成約が無いので、100万円単位の融資を受けるのも不可能ではありません。

 

「余裕を持って返済できる」場合に限ってですけどね。
 

いずれにしても、どちらの審査が緩いのか?より、どういう目的で利用するのか?で決めた方が良いでしょう。


こんな記事も読まれています
2018.08.20 Monday|-|-|-|-
Copyright © クレジットカードの審査 | 債務整理体験談-500万円の借金を抱えた主婦の多重債務物語 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます