スポンサーリンク
Home >> クレジットカードの審査 >> キャッシング枠をゼロにして申し込むとクレジットカードの審査に通りやすい?
Page: 2/7  << >>

キャッシング枠をゼロにして申し込むとクレジットカードの審査に通りやすい?

JUGEMテーマ:借金返済
 

キャッシング枠をゼロにして申し込むとクレジットカードの審査に通りやすいって本当ですか?」っていう質問をいただきました。

もしかしたら、クレジットカードを始めて持つ人だと、キャッシング枠という言葉自体耳慣れないのではないでしょうか?

キャッシング枠というのは、そのカードでお金の借り入れができる枠のことです。

例えば20万円の枠があったとすれば、20万円になるまでは何度でも借り入れができるのです。

もちろん利息は付きますので、自分のお金をおろすように使っていたのでは、利息だけでものすごい金額になってしまいますが。



総量規制以前のクレジットカードでは、おそらく最初からキャッシング枠に10〜30万円くらいは付いていたのが当たり前だったでしょう。

だから、お金が借りられること自体あまり知らなくて、クレジットカードを利用していたなんていう方も居たほどです。

中には、銀行のキャッシュカードと間違えてATMで使ってしまい、気が付かないうちに借金してたなんて、笑えないようなことになってしまった方も。

まあ、それだけ皆さんキャッシングに対して知らないことが多かったということです。

それが、今やキャッシング枠という言葉も割合知られるようになり、クレジットカードの審査になかなか受からない人が、キャッシング枠ゼロにしたら受かったという話までのぼっているのです。

時代が変わったと言えばそれまでですが、クレジットカードを持つのも一苦労という時代に突入したのかもしれません。

このブログでも、キャッシング枠をゼロにした方が審査に受かりやすいのか?ということについて何度か書いています。

私が聞いた体験談によると、やはりその方が受かりやすいということはあるようです。

確かに、クレジットカードを発行する側から見ても、ショッピング枠のみの方が返済の遅延は少なそうですから。

スポンサードリンク

 


ただ、最初からキャッシング枠が付いているクレジットカードというのも少なからずあります。

逆に言えば、クレジットカードの審査に受かる自信のない方は、こういったカードを選ばない方が良いとも言えます。

もともとキャッシング枠が設定されているクレジットカードには、大々的に書かれていなくても、すでに年収300万円以下はお断りのような暗黙のルールがあることが多いです。

年収が少なかったり、非正規雇用だったり、自営業者やアルバイト、主婦、などの方にとっては、審査が甘いとされるショッピング系やコンビニ系のカードにしておいた方が良いでしょう。

その方が使い勝手もいいですし。

 

最近では、消費者金融系カードも、限度額を極力少なくして発行数を増やす傾向にあるようです。

 

審査に通過するか心配なら、こういったカードを取得する、という方法もありますね。

でも、いくらキャッシング枠ゼロにすると審査に受かりやすいと言っても、通常の審査が行われることには変わりありません。

だから、クレジットカード会社が求める一定の収入に達していなかったり、無職という方にとっては、あまり関係が無いこと。

もちろん、多重債務に陥っている、あるいは債務整理中の方にとっては、クレジットカードの取得そのものが難しいということになります。

債務整理後5年から10年経って、個人信用情報の事故情報が消えてからなら(いわゆる喪中)、この方法は効果があると言われています。

 



スポンサーリンク
lalaco257 | - | - | pookmark | category:クレジットカードの審査
Home >> クレジットカードの審査 >> 自営業者はサラリーマンよりクレジットカードが作りにくい?

自営業者はサラリーマンよりクレジットカードが作りにくい?

JUGEMテーマ:クレジットカード


自営業者って、本当にピンからキリまで。

中小企業の社長さんやベンチャー会社の代表とかなら良いのだけれど、うちのように夫婦二人でやっている仕事は、なかなか日の目を見ないですね。

売上も多い時は結構になるけど、悪い時には「こんなに少なくて暮らしていけるの?」レベル。

それでも、サービス業だったから、商品の仕入先はとことんこだわっていましたし、お客様に対しても、販売時の説明やアフターケアは欠かしませんでした。

お客様から相談の電話をいただくことも多かったのですが、真摯に対応していましたね。

夫婦で働く

どんなに時間がかかっても、納得していただけるように説明したり、疑問点はわかっていただけるまで丁寧にお答えしたり。

そのおかげで、商品を買っていただいたお客様とは、何年経ってもお付き合いさせていただいているくらいです。

それでも、理想と現実はなかなか一致せず、結局は店を畳むことになったのですが・・・

債務整理後はどんなに頑張ってもクレジットカードの申請はできないのですが、開業している時も、作りにくかった覚えはあります。

特に、自営業をはじめて3年くらいまでは、申し込むことすらできなかったような。

今はまた厳しくなっているようです。

なぜか?というと、無職の方でも一応何かしらの収入がある場合、「自営業」としてクレジットカードの申し込みをするからです。

少しでも収入があれば嘘ではないですからね。

オークションでお小遣い稼ぎをしている方でも、開業届さえ出せば立派な自営業者です。

そのままオークションで生計を立てる方までいるくらい。

スポンサードリンク

 


それでも、「安定性」ということから考えると、クレジットカード会社からすればお断りしたい業種でしょうから、そういった方たちと区別するためにも、開業年数が3年以上経っていないと申し込めないところがほとんどです。

収入証明が必要な会社だと、どうしたって、2年目にならないと確定申告できませんから収入証明が出ません。

そういった意味からも、自営業は不利ということは言えます。

サラリーマンっていうか、会社勤めであれば、仮にアルバイトであったとしても、ある程度安定した収入は見込めますから、最初の年から申し込めますものね。

 

まあ、収入証明書が不要なクレジットカードなどだと、初年度からでも申し込めるので、「絶対にダメ」ということではありませんが。

一時期、起業することがもてはやされたことがあり、次々に会社や個人事業主が誕生しました。

パソコンの普及により、PC1台あれば気軽に起業できる時代になりましたから。

結果、1年以内に生き残れるのは40%で5年になるとなんと20%しか無いという悲惨なことに。

たいていの会社は5年以内に潰れていることになります。

 

不況も重なって、おいそれとは、新参者が幅を利かせることはできなくなってしまいました。

金融業者の方でも、予防線を張ってしまうことは十分考えられますね。

ただし、楽天カードやイオンカードなど、あくまでも日常の生活で利用することが目的のカードについては、自営業者や主婦でも受かりやすいと言われています。

国民健康保険料もそうですが、なにかと自営業者は生きにくい社会なのかな?という気はします。

 

なんて、悲観的なことばかり書いてしまいましたが、小さな町工場でも、利益がうなぎのぼりというところもあるのです。

 

アイデアと頑張り次第では、まだまだ夢を叶えることはできるのではないでしょうか?

 



スポンサーリンク
lalaco257 | - | - | pookmark | category:クレジットカードの審査
Home >> クレジットカードの審査 >> 審査が甘いと言われるクレジットカードほど厳しいこととは?

審査が甘いと言われるクレジットカードほど厳しいこととは?

JUGEMテーマ:借金地獄

 

審査が甘いと言われるクレジットカードは楽天カードをはじめ、ショッピング系のクレジットカードが多いです。

ネット通販でも使えることから、ある程度収入の低い層も利用するということが考えられているからでしょう。

ただ、審査が甘いと言っても、誰でも審査に通るということではありません。

「この人ならカードを頻繁に利用するであろう」ということを見極めているということ。

つまり、属性が高くても、他にもクレジットカードを何枚も持っていて利用頻度が少ないと思われれば、属性が高くても審査に落ちることもあるということなんですね。

それと、最初の敷居が低ければ、入ってからが大変になるという大学の進学制度と同じように、途中で審査が入り、利用頻度や利用状況によっては、利用停止になる可能性も高いとか。

よくあるクレジットカード関連の掲示板でも、「突然クレジットカードの利用ができなくなった」なんていう書き込みも増えてきたような気がします。



これは、もともと途中での審査が厳しかったということもあるのでしょうが、無職でもアルバイトでもバンバンクレジットカードを発行して、とにかく持っていてくれるだけでいいから、という時代ではなくなったということと関係するのだと思います。

クレジットカードって年会費無料のところがほとんどですし、キャンペーン中に取得すればポイントが付くことも。

 

特に楽天カードは、キャンペーン中だと、入会時に8,000ポイントとか付くことがありますから。

顧客から年会費を取らなくても、金融機関に支払う手数料は各顧客ごとにかかるわけですから、利用してもらわないと損をしてしまう。

それこそ、バブルの頃なら、その損を他の利益で十分に補える、あるいは大口の利用客がほとんど使わない顧客の分まで補っていたのでしょうが、今は消費底冷えの時代ですから、そうは行きません。

スポンサードリンク

 


クレジットカード利用料の滞納についても、数日遅れただけではブラックリストに載ることは無いし、すぐに支払えば大丈夫という認識があります。

多重債務生活を経験された方なら、「このクレジットカード会社は、支払期日に引き落としできなくても、2回目に間に合えば大丈夫」なんて変な知識が付いていることでしょう。

そして、そのうち2回目までに入金しておけば良いと、勝手に安心してしまう、という。

まあ、多重債務になってしまえば、それでもまだ支払えないことが多いのですが・・・

今は、一度でも支払いを滞納してしまうとブラックリストに載るというか、「個人信用情報」に「延滞」マークが付いていまう可能性もあると言います。

さすがに、すぐにそこまでするクレジットカード会社は少ないでしょうが、権限的には許されているのです。

特に喪明けでやっと取得したクレジットカードなのに、取得してあまり経っていないうちに利用停止になってしまったら、目も当てられません。

借金体質」とともに「延滞グセ」も直さないと、新しくクレジットカードライフは送れないということですね。

厳しくなってきたというよりも、本来あるべき姿に戻ってきたと思うべきでしょう。



スポンサーリンク
lalaco257 | - | - | pookmark | category:クレジットカードの審査