スポンサーリンク
Home >> クレジットカードの審査 >> 他社借入れ件数を偽って申告すると大変なことになる?
Page: 2/7  << >>

他社借入れ件数を偽って申告すると大変なことになる?

JUGEMテーマ:クレジットカード

 

クレジットカードの取得やローンの申し込みなど、他社借入れ件数が多くなればなるほど断られるケースが増えてきます。

 

まあ、当たり前なのですが・・・

 

いったいどれくらいの件数借りていると、断わられてしまうのでしょうか?

 

これは、件数だけの問題ではなく、例えば同じ50万円借りていたとして、50万円を1社から借りている人と20万1社と10万3社で借りている人とはまったく違う扱いになります。

 

同じ金額を借入れしているなら、件数が多い方が断然不利です。

 

大きい金額が借りられないから、あちこちから借金をしていると見られるからなんですね。

 

だから、できれば1つの金融業者から20万借りていて、新規でまた借入れをしなければならなくなった時には、その同じ会社に増資を頼む方が良いのです。

 

ネットで増資を依頼する

 

まあ、そんなことができるくらいなら、最初から大きい金額の借入れができているわけです。

 

そうなると、以前も書いたように「では、他社借入れ金額を偽って申告すれば貸してくれるの?」という発想になると思います。

 

だけど、これ、全部筒抜けですから。

 

ブラックの説明の時にも書きましたが、「個人信用情報機関」には、「金融事故」の記載の他にも、どこの金融業者でいついくら借りた、なんていうことが丸見えなんです。

 

しかも、実際に借入れをしなくても、割合短い期間に消費者金融などの申し込みを繰り返していると・・・

 

スポンサードリンク

 

 

その情報すら登録されてしまうことがあるので、いわゆる「申し込みブラック」ということで、審査に落ちてしまいます。

 

怖いですね〜

 

だから、「クレジットカードの審査に受かる抜け道」として嘘の申告をする、というのは、何も良いことがないと言えるでしょう。

 

何度クレジットカードや借り入れの申し込みをしてもいつも断られる、となると、ついつい「1社や2社少なく申告してもバレないのでは?」と思ってしまいがちです。

 

あとは、所得証明書が不要なことを逆手に取って、所得を水増しして申告するとか。

 

結局、変な小細工をしてもバレるのは時間の問題ですし、何度も繰り返していると悪意があるとみなされて、最悪詐欺罪で訴えられることもあるそうですよ。

 

そうならないためも、いや、自分自身の将来のためにも、嘘は付かないことが鉄則です。

 

そもそも、クレジットカードも信用でお金を貸してもらうことですから、申請時には事実のみを書くというのは、当たり前のことなのですが。

 


スポンサーリンク

lalaco257 | - | - | pookmark | category:クレジットカードの審査
Home >> クレジットカードの審査 >> 審査の甘いクレジットカードはショッピング系?コンビニやガソリンスタンドは?

審査の甘いクレジットカードはショッピング系?コンビニやガソリンスタンドは?

JUGEMテーマ:借金返済


クレジットカードの審査に何度か落ちてしまうと、「審査の甘い」とか「審査が緩い」などの言葉に引き寄せられるように食いついてしまいます。

ネットで検索しても、よく出てきますよね。

で、ある一定の法則があることがわかります。

ショッピング系やコンビニ、ガソリンスタンド系のクレジットカードは審査が緩いということ。

逆に、銀行が発行しているクレジットカードは難易度が高いということ。

一般的にも認められているような気もします。

では実際にはどうなんでしょうか?

カード会社で働いていた方の話では、「審査が緩いカードというよりも、一般的な審査をする会社とさらに厳しい審査をする会社に分かれていると言うべきでしょう」だそうです。

要するに、クレジットカード会社の方針によって審査も違ってくるので、審査に受かるギリギリの状態に居る人を通すか通さないか?という問題。

ギリギリの人でも通す会社は、一応審査は通して限度額を最低金額に設定しておくのですが、その後の経過を重要視するのです。

すなわち「利用状況は?」とか「支払いに滞りはないか?」「カードを作っただけで放置していないか?」「無理なローンの組み方をしていないか?」など、監視されていると言えば語弊がありますが、そんな感じと思っても良いでしょう。

経過観察次第で、ようやく一般の顧客と同等の限度額が使えるようになる、ということなんです。

ちょうどロールプレイングゲームみたいなもので、クレジットカードをうまく利用すれば、次のランクに上がれるし、失敗すればカード返上ということにもなりかねません。



その点、「審査が厳しい」と言われている会社では、最初から顧客を振り分けていますから、クレジットカード取得後は安泰なのかもしれないですね。

いずれにしても、今はどこも生き残りが厳しい時代。

顧客を選ぶことに慎重になるのはどこも同じと考えるべきなのかもしれません。

では、クレジットカード審査時に問題になるのはどんなことでしょうか?

スポンサードリンク

 


やはり、第一は信用情報機関を確認した時にわかる「延滞情報は無いか?」「今までの申込状況や返済状況は?」
ということ。

また、申込内容と個人信用情報に記載されている内容とが合っているかどうか?のチェックも行われますので、「ついうっかり間違えてしまった」というような時でも審査に落ちることがあるのです。

多重債務で「他社借入れ件数を偽って書いた」なんていう場合にも一目瞭然なわけです。

あとは、他社からの借入金額の残高が多かったり、ローンやリボ払いの残高が一定以上の場合なども審査に引っかかるケースが多いとのこと。

もはや「なんでもお見通し」と考えたほうがいいですね。

となれば、債務整理後の「喪明け」でクレジットカードの審査に通ることが、どれだけハードルの高いことなのか?と思ってしまいます。

救いを見出すとすれば、以前よりも年収に対する評価が下がり、「申込状況」や「利用状況」を重視するところが増えているということです。

ある程度の収入があって、クレジットカードを正しく利用していれば、審査が厳しいと言われているカードを取得することも夢ではないとも言えるのです。

 


スポンサーリンク

lalaco257 | - | - | pookmark | category:クレジットカードの審査
Home >> クレジットカードの審査 >> 借金滞納などの事故情報が載るのは個人信用情報だけではない?すべて筒抜け?

借金滞納などの事故情報が載るのは個人信用情報だけではない?すべて筒抜け?

JUGEMテーマ:クレジットカード


借金の事故情報と聞くだけで、債務整理をした人や多重債務で借金の支払いが滞っていた人にとっては、耳をふさぎたくなるような言葉です。

だけど、事実は事実。

一度載ってしまえば消すことはできないのです。

あ、いや、消すことはできないけど消えることはあります。

そう。

債務整理後5年から10年経てば、信用履歴自体が真っ白になりますから、事故情報も消えます。

ホワイトになるということですね。


これは白クマ

債務整理をした方にとっては、この喪明けがどんなに待ち遠しいことか。

ここで、もう一度整理するために、個人信用情報について書きますが、機関としては現在三ヶ所あります。

消費者金融系のJICC、信販のCIC、それに銀行系のKSCです。

すでにブラック歴が長い方たちにとっては、おなじみの情報機関ということになりますでしょうか。

債務整理をしてブラックになったり借金返済が滞ってしまった場合に、このどれかに事故情報が載るため、新たにローンやクレジットカードの申請をしても、審査に通らないのです。

この個人信用情報のデータというのは、一般の人が自分以外のデータを見ることはもちろんできませんが、金融機関には許されているんですね。

細かく言うと、許されているというか、クレジットカードやローン審査をする時に、信用情報を参照する旨が書かれていますから、承諾したことになるのです。

で、この信用情報ですが、時々「信販会社からのみ借りていてブラックになった場合、消費者金融からは借りられることがある」という情報を耳にすることがあります。

消費者金融はJICCのみを参照する場合が多いので、CICに事故情報が載っていてもわからない場合がある、ということなんです。

もしかしたら実際に借りられたというケースがあるのでしょうが、かなりのレアケースと言わざるを得ません。

なぜなら?

スポンサードリンク

 


実際には、この3つの個人信用情報以外に、CRIN(クリン)と呼ばれる相互ネットワークシステムが存在するからです。

CRINでは、免許証や身分証明書を紛失したなどの届け出情報や滞納・債務整理などの事故情報が流れていて、金融機関が共有していますから、これを見れば一目瞭然ということ。

結局、逃げも隠れもできないということですね。

あっ、ひとつだけ救いなのは、例えば、自己破産した場合、JICCとCICでは5年、KSCでは10年事故情報が記載されているのですが、CRINでは5年経過すれば共有されることはないそうです。

まあ、だからといって、自己破産しても5年経てばすぐにクレジットカードが取得できるということにはならないのですが、可能性はあるということになります。

結局、さまざまなところで金融事故情報は管理されているということを、肝に銘じておかなければならないでしょう。

 


スポンサーリンク

lalaco257 | - | - | pookmark | category:クレジットカードの審査