スポンサーリンク
Home >> 公共料金の滞納 >> 住宅ローンの支払いが厳しくなると税金滞納が始まる?
Page: 2/5  << >>

住宅ローンの支払いが厳しくなると税金滞納が始まる?

JUGEMテーマ:借金返済
 

一般的に、住宅ローンの支払が厳しくなると税金を滞納する人が多くなると言われています。

どういうこと?と思いますよね。

住宅ローンってたいていの世帯では支出の中の大きい部分を占めているのではないでしょうか?

住宅ローンの計算

何かの事情で収入が少なくなったり支出が急増したりした場合、まず、この住宅ローンの部分にしわ寄せが来ます。

それでも、どうしても支払わないと「家を取られてしまうかもしれない」し「だいたい滞納すればブラックリストに載ってしまう」という怖さがあります。

その点、税金は滞納しても、すぐに怖い人が取り立てに来たり、ブラックリストに載ることは無いですから、天秤にかけた場合、税金の方を滞納しがちだということです。

では、多重債務に陥っている人の場合はどうでしょうか?

多重債務時代は、借金返済のことばかりが頭にあって、公共料金や税金を滞納してしまったり、と言うことがよくあります。

実際に、収入の半分以上が借金返済に回ってしまうと、残りのお金で生活していくのは至難の業です。

食べていかなくてはいけませんから、どうしても他の支払いが後回しになってしまうのです。

公共料金については、生命線が途絶えてしまう恐怖があるので、何とかかき集めて払います。

でも、税金はすぐには困らないので、払わなきゃと思いながらも溜めてしまうことが・・・

私も、国民健康保険料を滞納したことがありました。

税金の中でも一番大きい金額ですから、どうしても「支払えない」月が出てくるのです。

最初は1ヵ月後くらいの督促状が来て、その後数ヵ月後に催告書が来ます。

それでも払わないと、家に市の職員さんがやって来ます

これは、払いたくても払えないのか、払えるけど払えないのかの判断をしに、生活状況を調べるためかと思われます。

たいていの方は、「払いたくても払えない」ですよね。

そのうちに、どんどん溜まって来て、手に負えなくなってくるのです。

だけど、国民健康保険料の場合、滞納してしまうと健康保険証がもらえないんですよ。

そうすると、病気になってもお医者さんにも行けません。

だから、支払いが滞った時点で早めに市町村窓口に相談に行ったほうがいいですよ。

スポンサードリンク

 


そうすれば、1ヵ月ごとの保険証になってしまいますが、一応出してはいただけます。

その後は、1ヵ月ごとに保険証をいただきに行くということになりますね。

保険証

これも仕方のないことです。

意外と、お給料差し押さえなどの処分は、早めに実行されるみたいなので、こまめに通って、今の生活状況を説明しておいた方が良いです。

職員さんの態度はいろいろです。

人を見下したような態度をする方や意外と親身になって話を聞いてくださる方など。

いずれにしても、自分が悪いのですから、感情的にならずに相談に乗ってもらいましょう。

 

時々、感情的になって、職員や周りの方々に迷惑をかけるケースがありますが、言語道断です。

あっ、そうそう。

最初に書いた住宅ローンのケースですが、何が何でも死守しようと思って仕方なく税金滞納をしたつもりでも、差し押さえまで受けてしまうと、大事な不動産が差押登記されてしまうことになります。

そうなると、最終的には任意売却さえできなくなってしまいますから。

結局、その場しのぎで、安易に支払いの優先順位を決めてしまうのが一番いけないということですね。



lalaco257 | - | - | pookmark | category:公共料金の滞納
Home >> 公共料金の滞納 >> 公共料金の支払いはいつまでなら待ってくれる?

公共料金の支払いはいつまでなら待ってくれる?

JUGEMテーマ:借金返済


債務整理後もそうですが、多重債務中も、公共料金はしばしば払えなくなりました

 

いや、お金が全く無かったわけではないけど、優先順位を考えると後になってしまうわけです。

 

あの頃は、とにかく今日食べるものを買うお金も無かったのですから。

 

とは言え、公共料金もライフラインがストップされるという危険が伴いますから、他から借りてでも払おうとするでしょう。

 

事実、消費者金融から借金をしてでも支払ってました。

 

それでも支払えない時には、電話をかけて待ってもらったりしてましたね。

 

公共料金はいつまでなら待ってくれる?

 

ライフラインという話をしましたが、ガス、電気、水道、どれが無くなっても即生活できなくなる現代社会。

 

「お金が無いんなら昔の人のような暮らしをしろ」と言われそうですが、子どもや年寄りが居ては、死活問題にもなりかねません。

 

一番困るのはやはり水でしょうか。

 

各地方自治体によって、水道料金の取り扱いは違ってきますよね。

 

たいていは市の管轄ということになっていますから、滞納に関しても税金と同じような扱いになることが多いと思います。

 

2ヶ月に一度請求書が届くので、支払いは2か月分。

 

支払期限までに支払えなければ、翌月督促状が来ます。

 

さすがに水を止められては生活できないので、それ以上支払いを伸ばしたことは無いのですが、その後10日の猶予があり、それでも支払わなければ「止めますよ」という勧告が来るらしいです。

 

そうなると、もう水道局に直接支払いに行くまで、いつ止められるかわからない状態になるので、なんとかするしか無いんですよね。

 

聞くところによると、生活保護を受けた場合、水道料金は免除になることもあるようですが。

 

スポンサーリンク

 


ガス料金はプロパンガスなら業者次第というところ。

 

私の場合は、割りと業者の方と顔見知りだったので、一番長い時で3ヶ月後に支払いに行った記憶があります。

 

通常は1ヶ月でダメでしょうね。

 

その代わり、三ヶ月分いっぺんに支払わなきゃいけないので、結局はものすごい出費になってしまい、食費まで使い込む始末でした。

 

都市ガスはあまり待ってくれないと思います。

 

電気は、支払期日から10日以上経ったところで、「◯日までに支払わないと電気を止めます」という警告を受けました。

 

まあ、これも担当者や電気会社によって違うのでしょうが・・・

 

ちょうど、債務整理後の一番お金のない時で、夫が失業中で私が寝込んでいるという最悪の時でしたので、堪えました。

 

支払わない方が全面的に悪いのはわかっていますけどね。

 

と、こんな感じで、公共料金の支払いは10日から1ヶ月過ぎくらいまではなんとかなる、ということかな?

 

何度も言いますが、住んでいる地域と担当者や業者によって違うと思うので、「すぐに止められることは無いけれど、期限が過ぎたらなるべく早く」が原則だと覚えておいてください。



lalaco257 | - | - | pookmark | category:公共料金の滞納
Home >> 公共料金の滞納 >> 多重債務で学費を滞納してしまったら。教育ローンは使えない?

多重債務で学費を滞納してしまったら。教育ローンは使えない?

JUGEMテーマ:借金返済

 

卒業のシーズンですが、喜びとは別に頭が痛いのが、教育費のこと。

 

受験勉強-ブラックでも教育ローンは借りられる?

 

「そんなことは、子どもが生まれたときからわかっているんだから、貯めるでしょ」というのは、ごもっともなんですが、多重債務におちいってしまうと、正直子どもの学資保険でさえ、借り入れに回ってしまうこともあるんです。

 

情けない話ですが。

 

数年前の出来事ですが、山口県の私立高校数校で、授業料を滞納した生徒に卒業証書を渡さないという手段に出た、というニュースがありました。

 

再三授業料納入を促したにもかかわらず、「払えない」の一点張りだったので、仕方なくした措置だということなんですね。

 

学校側の気持ちもわかるのですが、今は、高校の授業料が払えない家庭は、多分、皆が考えている以上に増えているでしょう。

 

これも、払わないというより、払いたくても払えないというのが本当のところだとは思います。

 

しかも私立ということは、入学時にはそれなりに余裕のある生活をされていたのに、突然会社が倒産の危機に直面した、とか最悪自己破産されたとか。

 

学校側としては仕方がないのでしょうが、卒業証書を渡さないというのは、一番子どもが傷つきますよね。

 

卒業証書は渡して、親御さんに催告通知を出したり、その後法的な手続きも辞さないという方向に持っていくのはどうなのでしょうか?

 

それか、やはり国が独自の教育ローンのようなものを組んでもらえるとありがたいです。

 

ブラックの方にも使えるような。

 

と言ったら虫が良すぎるかな?

 

まあ、私も、子どもが高校生だったら学費を払ってあげられなくて、滞納してしまうかもしれないので、あまり偉そうなことは言えませんけど。

 

で、卒業証書は無事にもらえたとしても、今度は大学進学に伴う、多額の出費がありますよね。

 

スポンサードリンク

 

 

 

多重債務におちいった場合もそうですが、債務整理をしてブラックになっても、教育ローンを組むことはできなくなります。

 

聞くところによると、「政策金融公庫」(旧国民生活金融公庫)は、「個人信用情報」は参照しないと言われていますが、審査は普通の教育ローンよりも厳しいと言われていますし、「ブラックであることを明かさなければ」というちょっとグレーな条件付きです。

 

嘘をつくわけではなく、あくまでも「聞かれなければわざわざこちらからは言わない」ということなのですが。

 

また、奨学金制度を利用すれば、名義はあくまでも進学する子ども自身になるので、親がブラックであっても大丈夫でしょう。

 

ろうきん(労働金庫)で預貯金を預けている方なら、教育ローンについても相談に乗ってくれるかもしれません。


民間の金融機関で、唯一多重債務者のための窓口があるので、可能性はあるのでは?


ただ、審査は普通に行われるでしょうから、すぐに融資が受けられるというわけには行かないでしょうが。

 

公的資金の生活福祉資金にも、教育支援資金として、教育支援費や修学支度金が借りられる制度もあります。


世帯収入が少なくて、子どもを学校に行かせることさえ困難ならば、頼れると思いますよ。



lalaco257 | - | - | pookmark | category:公共料金の滞納