スポンサーリンク
Home >> 公共料金の滞納 >> お金が無くて公共料金を支払わないとどれくらいで止められる?
Page: 2/4  << >>

お金が無くて公共料金を支払わないとどれくらいで止められる?

JUGEMテーマ:借金返済

多重債務時代や債務整理直後の生活が苦しい時、公共料金もかなりの間滞納していたことがあります。

本当に、「衣・食・住」に加えて、電機、ガス、水道はライフラインを守るためにも必要不可欠なものなのですが、それすら支払えない状況にあったのです。

この中でも、衣に関しては、必要最低限の着るものがあれば、あとは我慢できるでしょう。

ただ、あとはそういうわけにはいかないですよね。

でも、生活費に困ってくると、家賃滞納、公共料金不払い、ということに陥ってくるのです。

どうしても食べないと生きていけませんから、買い物には行く。

買い物と言っても、「生命を維持していけるかどうか」のぎりぎりの食料しか買いに行けませんが、とにかく「食べる」が優先されます。

お金が無いので、小銭まで数えて、とにかく1円単位で計算してスーパーのかごに入れるというスリリングな買い物でしたが・・・



そうすると、公共料金や税金の支払いが滞ってしまう、ということに。

その中でも、電気は止められると辛いです。

 

ここからは実体験ですが・・・
 

続きを読む >>
スポンサーリンク

lalaco257 | - | - | pookmark | category:公共料金の滞納
Home >> 公共料金の滞納 >> 公共料金を滞納するとある日突然止められることも?

公共料金を滞納するとある日突然止められることも?

JUGEMテーマ:借金返済


多重債務に陥って、もうどうしようもなくなって債務整理へ、というのはある意味自然な流れなのですが、なかなか気持ちの整理が付きません。

特に自己破産しか選ぶ方法がない場合、どうしても躊躇してしまいます。

まあ、家中にべたべた「差し押さえ」の紙が貼られるというのは、一昔も二昔も前の話ですが、やはり世間に顔向けできないという気持ちがあります。

 

借金の督促に怯える男性

家族が居れば、家族に迷惑がかかることも恐れてしまいますよね。

夫や妻など配偶者は言うに及ばず、親や子ども、親戚にまで迷惑をかけてしまうのでは?と私もかなり悩みました。

実際には、家族はおろか親戚にまで迷惑をかける、というようなことはほとんどないんですが・・・

同居している家族にはやはり知られてしまうことになりますが、それでも、夫や妻に内緒で債務整理をする人もいらっしゃるくらいですから。

自分で言わなければ、あまり世間にバレることはないのでしょうが、気持ちの上でかなりの「負い目」になるのは事実です。

「そこで人生終わってしまった」と思ってしまう方が多いのも頷けます。

ただ、その後も生きていかなければならないのであれば、「借金を踏み倒した」と言われようが、前向きに生きていくしかないですよね。

だいたい、公共料金や家賃が払えなくなったら、債務整理を考える時かな、と思います。

公共料金は、督促状が来てしまうと、割合すぐに「電気を止める」「ガスを止める」「水道を止める」という期日が決められてしまうので、要注意です。

スポンサードリンク



督促状が来てからゆっくり考えようなんて思っていると、ある日突然電気が点かなくなりますよ。

これは経験上言っているので。

 

電気代はいつまでなら待ってくれる?

 

まあ、電気が止まりますよ、という通知は来るので、実際には「ある日突然」ということは無いですけど。

それでも、電気・ガス・水道、どれをとっても、ライフラインに直結していますからね。

「明日生きること」にも関係してきます。

事情をあらかじめ話しておけば、担当者の方によっては待ってくれたりするかもしれませんが、数ヶ月分貯めてしまうと、結局は自分の首をしめてしまうことになりかねません。

この不況で公共料金を滞納する人が増えたらしく、最近はもっと厳しくなっているようです。

支払日から2日たっただけなのに、ガス代の集金人が突然やってきた」なんていう事例もあるみたいなので、支払いが遅くなる場合は、速めに連絡しておく方が良いですね。


スポンサーリンク

lalaco257 | - | - | pookmark | category:公共料金の滞納
Home >> 公共料金の滞納 >> 自己破産の債権者にNHKを入れれば滞納金も免除される?

自己破産の債権者にNHKを入れれば滞納金も免除される?

JUGEMテーマ:借金返済
 
債務整理しても、借金は無くなりますが税金は残ります、という話を書きましたが・・・

もうひとつ残るのが、NHK受信料の滞納金です。

NHK受信料に関しては、多重債務とか債務整理者でなくても、お金に困っていなくても滞納している方も多いことから、結構積極的に、「取りに」来られます。

まあ、NHK受信料に関しては、いろいろと言われていますからね。

実際にテレビを観ていない家庭もありますし・・・

債務整理してもNHK受信料は支払う?

それでもまあ、百歩譲って、「最初に受信料の契約をしたのだから、支払いの義務がある」と言われれば、仕方のないこと。

だけど、多重債務者にとって、また債務整理した後の生活に困っている状態の中で、なかなか「NHK受信料」まで支払えないのが本当のところです。

特に多重債務時代は、「明日食べる物も買えない」なんていう状態も続いていましたから、公共料金でさえ後回し、その次に税金・・・となると、とても受信料の入る枠はないのです。

せめて、税金と同じように、「低所得者は支払いを免除する」あるいは「減額する」という処置でもあれば良いのですが。

だいたい、お金が無くて食べるものも食べられない状態の時には「テレビどころではない」んですよ。

それでも「テレビを見ていない」とか「NHKは見てない」と言っても、「物理的に見られる状態にあるはず」と言われれば、証明する術もなく、ということ。

とにかく、今のところは、債務整理をしても自己破産をしても、HNK受信料の支払い義務は付いて回ります。

集金人の方が取りに来られますので、最低でも2か月分づつは支払っていかないと、ということになりますね。

まあ、「滞納しているお金を一括で支払え」というような無茶なことは、さすがに言われませんが・・・

唯一、債務整理後に滞納分の支払い義務が無くなるとすれば。

スポンサードリンク


それは、自己破産時に債権者の名前の中にNHKを入れること、だそうです。

弁護士の方がお答えになっていたので、確かだと思いますが、「そんなところまで考えが及ばない」という方が多いのでは?

債務整理で、特に自己破産だと、もう生活がむちゃくちゃになっていると思うんです。

もう、借金の返済日でさえ、あまりにもたくさんあって把握できていないとか。

公共料金も、支払わないと止まるから、あちこちからお金をかき集めて支払う感じですよね。

となると、すでにNHK受信料のことは頭から飛んでいて当然です。

だけど、たまると大きい金額になるので、頭の片隅にでも居れておいた方が良さそうですね。
 

スポンサーリンク

lalaco257 | - | - | pookmark | category:公共料金の滞納