スポンサーリンク
Home >> 債務整理を決心したら >> 借金の悩みから逃れる方法ってある?任意売却もひとつの手段
Page: 2/13  << >>

借金の悩みから逃れる方法ってある?任意売却もひとつの手段

JUGEMテーマ:借金返済

 

借金の重圧から逃れたい、と多重債務時代は常に思っていました。

 

「借金さえなければ」「どうしてこんなにお金を借りてしまったんだろう?」と。

 

そんなことを考えつつも、「来月の借金返済のため」にまた、新たな借入先を探したりするのです。

 

より審査の甘い消費者金融」を、また「保証人なしでも貸してくれる金融業者」を。

 

そして、そんなことをしている自分が嫌になるという繰り返しです。

 

だけど、それこそ宝くじにでも当たらない限り、「借金から逃れる」術はありません。

 

もともとは自分が撒いた種ですから。

 

借金は自分の撒いた種

 

それでも、あまりにも借金の金額が多くなると、その重圧に耐えかねて、自滅しそうになってしまいます。

 

そんな弱い気持ちをねじ伏せるためにも、強い心を持つことが大切です。

 

とは言え、人間ってもともとは弱い生き物ですから、なかなか強くなれないんですよね。

 

そんな時は、やはり家族のことを思うのが一番でしょう。

 

結婚されている場合は、お互いのパートナーのため、お子さんが居る場合は、お子さん達のため。

 

また両親のためにも、何とかしてこの借金生活から抜け出さなくてはなりません。

 

それは、とてつもなく遠い遠い道のりに思えてしまいますが、ひとつづつクリアしていけば、決して不可能な道ではないんですよね。

 

ただ・・・

 

どうしても、「もうだめだ」と思ったら、債務整理を考えましょう。

 

でも、その前に、やはり準備しなくてはいけないこともあります。

 

持ち家で、住宅ローンが滞っていたりする場合は、任意売却も考えなければならないので、その準備ですね。

 

スポンサードリンク

 

 

任意売却は、競売よりは数倍良いと思いますが、売れたら割とすぐに出て行かないといけないので、早めに引っ越し先を考えておいた方がいいですよ。

 

私も任意売却を経験したのですが、なかなか売れなくてもう諦めかけた矢先、突然売れたんです。

 

「もしかしたら、このまま売れなくて、結局は競売にかけられてしまうのか?」と内心ビクビクしていたのですが・・・

 

ちょうど、我が家のような雰囲気の家とロケーションを探していた方がいらして、思ったよりも高く売れました。

 

まあ、いくら高く売れても債権者の方たちで分配されるのですが、たとえ自分の手にお金が入らなくても、債権者の方々に少しでも多く配分されればこちらとしても良いことですから。

 

だけど、喜んでいる暇はありません。

 

2週間で転居先を決めなければならないし、引越し費用も捻出する必要があったのです。

 

しかも、お金が無い状態で。

 

これは正直厳しかったですが、引越し費用の一部は債権者から出してもらえましたし、少しは貯金ができていたので、なんとかなりました。

 

立ち退き期限の一週間前に転居先が決まり、あとの一週間でバタバタと引越し準備をするという、まさに綱渡りでしたけど。

 

転居先が決まったら決まったで、保証人はどうするのか?とか債務整理していても賃貸契約は結べるのか?など、問題は山積でしたね。

その他、債務整理するにもお金が必要になるので、今まで以上に節約を心がけて、少しでも蓄えておきましょう。


lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理を決心したら
Home >> 債務整理を決心したら >> 債務整理中は引っ越しができない?

債務整理中は引っ越しができない?

JUGEMテーマ:借金地獄

 

多重債務に苦しんでいた時期からようやく抜けだして債務整理を決心した時というのは、不安な反面一番ホッとする時でもあります。

まず、取り立ての電話に怯えることが無くなるというのがあります。

今は、正規の金融業者から借り入れをしている場合、被強うな取り立てというのはほとんどないと思います。

消費者金融でも、だいたいの場合は事務的な感じのソフトな言い回しで電話がかかってきます。

ただ、滞納が続くと、言葉は丁寧でもある程度押しの強い感じの対応をされるのです。

まあ、支払わない方が悪いので仕方のないことなのですが、何回か続くと、電話の音にも怯えるようになります。

そのうち、幻覚みたいに、電話が鳴ってないのに聞こえることまで。

こうなると、もう精神的にかなり参っているということですね。

そんな取り立てから解放されたことや、とにかく今までひとりで悩んでいた借金のことを相談できる相手ができたこと、手続きを代行してくれることで、大きな荷物が軽くなった気がするのです。

と同時に借金を返せなかった後ろめたさとやるせなさがあったのも、まぎれもない事実ですが。

それでも、前に進まないことにはそこで立ち止まってしまいます。

借金苦でも前に進もう

そのための第一歩だと思えば、たいていのことは乗り越えられそうですよね。

乗り越えると言えば、債務整理をしたことで制限されることもいくつかあります。

一般に知られているのは、クレジットカードが持てなかったりローンが組めなかったりすること。

それだって、一生持てなくなるわけではないのです。

いわゆる「喪明け後」債務整理をして5年から10年経てば、また持てるようになるのです。

当事者にならないとあまり考えないことのひとつに「債務整理をすると引っ越しもできなくなるの?」ということ。

厳密に言うと債務整理中ということですね。

例えば、任意整理の手続き中でも引っ越しはできるのか?といえば、答えはYesです。

あとは、個人再生の場合も同じこと。

では、自己破産は?となると、同時廃止の場合はOKで、何ら問題なしということ。

問題になるのは、自己破産で管財人が付いた場合。

ある程度価値のある財産を持っている場合や、自営業などの場合は、これに当たるのですが、その場合「裁判所の許可無く引っ越しはできない」事になっています。

スポンサードリンク

 


「じゃあ、破産して家を売ったら、家も無くなるのに引っ越しもできないの?」

「野宿、いや、ホームレスになってしまうの?

と思ってしまいますが、ご安心を。

裁判所の許可があれば引っ越し可能なのですから、許可をもらえば良いのです。

任意売却などで家を失って引っ越しするなど、きちんとした理由があって引っ越す場合は許可が出ないことはほぼ無いので、実質引っ越しは自由と言えるでしょう。

と、ホッとしたのも束の間。

ここで、「自己破産しても賃貸物件って借りられるの?」という疑問も生まれてくるのですが・・・

自己破産後に家は借りられる?

こうやって、ひとつひとつ乗り越えていくしかないんですよね。

 


lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理を決心したら
Home >> 債務整理を決心したら >> 債務整理する直前の壮絶な体験談

債務整理する直前の壮絶な体験談

JUGEMテーマ:借金地獄


多重債務になると、借金に追われる日々が続きます。

夢の中でまで「借金返済日なのに返せなかった」シーンや、家に借金の取り立てが来る場面が出てきたりします。

私も、何度も夜中に自分の叫び声で起きることがありました。

夫も同じで、夫婦揃って叫んでいたことも。

こうなると、もう精神が病んできます。

借金でうつ病になる

それでも、子どもの前では平静を保つように努力していました。

だって、子どもって親の気持ちに敏感じゃないですか。

親が動揺すれば子どもも動揺しますから。

それでも、何となくうっすらとは気が付かれていたようですが・・・

そんな精神状態が長く続くと、「もうダメだ」「自己破産しか無い」と決心するのですが、なかなか行動には移せないものです。

どうしても「債務整理後の生活」の青写真が見えてこないのです。

もっと言えば「自己破産なんてしたら、人生終わってしまう」と本気で思っていました。

スポンサードリンク

 


そんな時、MIXIだったかで、自己破産した方の日記を発見し、貪るように読んでいました。

そこに書かれていたのは? 生々しい借金地獄からの生還劇だったのです。

この方は、夜逃げまで経験されていました。

 

「夜逃げ」については、ある方の体験談で、「夜逃げして5年間放置された部屋に入ったことがあるけど、悪臭はするし、冷蔵庫の中には化石と化した食べ物が入っているという、生活感が生々しくておぞましい感じがしました。」と。

 

どういう経緯だったかはわかりませんが、止むに止まれず、住んでいる場所を突然移さなければならなくなった家族の悲惨さが、伝わってくるようですね。

国民健康保険料が支払えず、何年もお医者さんにかかれない時もあったようです。

それでも、奥さんも子どもさんを守るために借金を返済しようと、必死で働かれていたのですが、ある日糸がプツンと切れるように、「何もかもが嫌になってやる気が無くなってしまった」ということ。

いわゆるうつ病ですね。



借金うつとでも言いましょうか。

それで自己破産を決意されたようです。

その後もご自身の病気との闘いや、債権者に裁判所に訴えられたりとさまざまな困難に見舞われたそうですが、今は娘さん一家と一緒に生活できて幸せに暮らされているということ。

「あのまま借金地獄の中に居たら、孫の顔を見ることもなかったでしょう」という文章を読んで、私も債務整理に踏み切る決心ができました。

自己破産ではなかったのですが、債務整理したのだから同じようなものです。

今でも借金を返せなかったことは後悔していますから、安易に債務整理を選ぶことはおすすめしません。

でも「もうどうしようもなくなった」と思われるのなら、今が決心をするチャンスなのかもしれません。

 


lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理を決心したら