スポンサーリンク
Home >> 任意整理の体験談 >> 債務整理の無料相談に持って行くものは?債権者一覧表とは?
Page: 3/10  << >>

債務整理の無料相談に持って行くものは?債権者一覧表とは?

JUGEMテーマ:借金返済

 

多重債務になってから債務整理を決心するまでというのは、人生でもう二度と経験したくないような辛い期間です。

 

とは言え、そのままにしておいても、後戻りするだけで事態は悪くなるばかり。

 

どこかで見切りをつける必要があるのですが、借金額が増えれば増えるほど、行動は遅くなるのは仕方のないこと。

 

ある日突然「じゃあ、今日相談に行こう!」とはならないものなので、事前にネットでいろいろな情報を仕入れておくのもひとつの方法です。

 

検索すると、高い確率で、実際に債務整理の無料相談を受けた方の体験談などが見つかるので、なるべく具体的な内容が書かれた文章を読むようにしましょう。

 

ネットで自己破産について検索する

 

中には、「自己破産したはいいけど、不幸になった。」なんていうネガティブなものもあるので、自分自身を鼓舞するためにも、なるべくポジティブにとらえている体験談を選ぶことが肝心です。

 

ではどこで相談すれば良いのでしょう?

 

手っ取り早いのは、市の広報などに載っている「法律無料相談」や「借金トラブル相談会」に参加すること。

 

私も、とっかかりはそうだったのですが、何も知らない状態で法律事務所に電話をするなんて、なかなかできることではありません。

 

もし、身近な人に相談できて、法律事務所を紹介してくれるということがあれば別ですが、何らかの形で開催されている無料相談会を利用するのが、入り口としては入りやすいのではないか?と思います。

 

他には

 

◯法テラスで相談する

 

収入制限があり、民事法律扶助制度が利用できるかどうかによって相談を受けてくれないこともありますが、国が設置している法律窓口なので相談しやすい

 

◯日本弁護士連合会が行っている法律相談を利用する

 

有料(30分5,000円くらい)である場合が多いが、ネットで予約できるところもあり、担当弁護士を紹介してくれることも

 

などがあります。

 

「市役所主催だと、近所の方に見られるかもしれない」というのであれば、こういったところを利用する方が良いでしょう。

 

スポンサーリンク

 

 

次に、無料相談会に持って行くものは?ということなのですが

 

◯身分証明書(顔写真付きを求められることが多い)

 

◯給与明細や現在の収入金額がわかるもの

 

◯預金通帳など

 

◯車や家を所有している場合、登記簿謄本や車検証など

 

◯借金やローンの督促状や差し押さえ通知書など

 

で、一番重要なのが

 

◯債権者一覧表

 

なのです。

 

とにかく、どこからいくら借金をしているか?いつから借りているか?支払状況は?ということが、ひと目でわかるように表にして持参していくと、話も早いというもの。

 

「とにかく借入先が多くて、表にするのに時間がかかる」という場合には、借入先と借入金額だけを書いた紙を持参して、後は貸金業者から郵送された請求書や領収書(最新のもの)を用意していく、ということでも良いでしょう。

 

ただ、ここで問題なのが、「書類がどこかに行ってしまって見つからない」というケース。

 

「お金を借りているのに、そんな馬鹿な」と思うでしょう?

 

多重債務にまでなってしまうと、どこからいくら借りているか?がわからなくなるだけでなく、書類の類がぐちゃぐちゃになって、もう何をどこにしまったか?でさえわからなくなることも。

 

だけど、最悪書類が見つからなくても、債権者の名前さえわかっていれば、弁護士側で取引履歴を取り寄せることはできるので、「書類を無くしたから債務整理できない」とはなりません。

 

それに、最初の借金相談では、これらの書類が揃わなくても問題無いことの方が多いので、とにかくだいたいの借金総額と借りている先の名称がわかれば大丈夫です。

 

まずは、「相談する」という第一歩を踏み出すことが大切なんですよね。


lalaco257 | - | - | pookmark | category:任意整理の体験談
Home >> 任意整理の体験談 >> 任意整理の返済途中で返せなくなったらどうする?

任意整理の返済途中で返せなくなったらどうする?

JUGEMテーマ:借金返済

任意整理中に返済ができなくなったら?ということは、債務整理でどの方法を選ぶか?という時にもっとも考えなければならないことです。

いくら返済額が少なくなったとしても、原則として3年以内に残債を返さなくてはならないので、結構苦しいのは確かなのです。

私も、自己破産だけはどうしても避けたかったので、任意整理を選んだのですが、副業が上手くいかなかったら返せなかったと思います。



もともと収入がが少なくて借金をした場合、「借りたお金は返すのが当たり前」と思ってはいても、なかなか思うようにはいかないものです。

例えば、月々のお給料が20万円そこそこしか無かった場合。

家賃や光熱費、税金などを引くと10万円ちょっとしか残らないでしょう。

そうなると、1家4人で暮らしていくのは困難な場合が多いです。

「お金が無いのに贅沢するからだ」と思いますか?

相当切り詰めたとしても、ギリギリの生活と言うところだと思います。

そこへ借金の返済が月5万とかになったら?

生活はすぐに破綻してしまうのです。

それでもお金を借りてしまうのは、「臨時収入があればなんとかなる」という気持ちや「来月頑張れば」という気持ち。

それは決して嘘ではないのです。

 

実際に、アルバイトを掛け持ちしたこともありましたが、体を壊してしまい長続きししなかった、ということはありますが。

スポンサーリンク



私なんて、「宝くじにでも当選すれば何とかすべての借金が返せる」と半ば本気で思っていましたから。

要するに「今はダメだけど、なんとかなる」と思い込んでしまうのです。

確かに、「借金が雪だるま式に膨れ上がって、もうこれ以上生きていけない」と思った状態から、一発逆転で起き上がり小法師のようにたと直す人も居ます。

だから、「なんとかなる」と思うことは決して悪いことではないのですが、私も含めて「多重債務」になってしまうと「とにかく先延ばし」という考えに陥ってしまうことが危険なのです。

最初の話題に戻りますが、任意整理中に失業してしまったらどうしますか

ただでさえ生活が厳しいのに、残債を返していくのは困難になりますよね。

債務整理をしてブラックになっていますから、もうどこからもお金は借りられません

お金の悩み

止むを得ない理由の場合は、支払期間の延長を申し出ることができますが、認められるかどうかの判断は結構厳しいということです。

となると、最終的には自己破産に変更するということになります。

結果、今まで一生懸命返してきたお金は無駄になりますので、やはり債務整理を依頼する時には「もしも支払えなくなったら?」ということを、十分に考えなければいけませんね。

 

そして、任意整理途中であっても「支払い続けるのは無理」と判断すれば、自己破産に切り替えるかどうかを、早めに弁護士さんに相談することをおすすめします。


lalaco257 | - | - | pookmark | category:任意整理の体験談
Home >> 任意整理の体験談 >> 借金苦でうつ病になったら?脱出方法は?

借金苦でうつ病になったら?脱出方法は?

JUGEMテーマ:借金地獄

 

借金とうつ病って、深い関係があるんですよね。

 

私もうつ病になりかけたことがありますが、きっかけは多重債務におちいったことでした。

 

ただ、それ以前にも、心配性と言うか、どうしても悪い方に物事を考えてしまう性分だったので、負のスパイラルにおちいるとなかなか自力で立ち直れないタイプでした。

 

ではどうやって抜け出せたのか?

 

単純ですが、最初は「借金を減らすこと」から始めたんです。

 

どうにかしてお金を作れないか?ということ。

 

と言っても、うつ病になりかけていたくらいですから、どうにもやる気がわかなくて、「お金が無いなら借りるしか無い」なんていう気持ちも大きかったです。

 

国民健康保険料も滞納していましたから、お医者さんにもかかれずに、暗い毎日を送っていました。

 

ただ「なんとかしなくちゃいけない」という強迫観念だけは持ち続けながら・・・

 

借金苦でうつ病に-債務整理体験談

 

それがいけなかったのでしょうね。

 

ある日、なにげなくテレビを見ていたら、私よりももっと悲惨な状況に置かれている女性が、それでも笑って生きていたんです。

 

それを見て、「とにかく笑ってみる」という努力をした結果、小さな「ラッキーなこと」が起こり始め、気分が良い時に始めていたオークションでも、ちょいちょい出品物が思っていたよりも高く売れるようになり、と相乗効果を生むようになりました。

 

実際に、借金金額も減っていたんですけど。

 

まあ、そのままトントン拍子にうまく行くほど世の中甘くないので、その後また悪くなることもあって、結局は任意整理という方法を取ったのですが。

 

それでも、「一度は自分で気持ちを上向きにできた」ということと、「気持ちさえアップすれば、良いことが起こるんだ」という小さな成功体験があったからこそ、この最大の危機を脱出できたと思うんですよ。

 

スポンサーリンク

 

 

「借金苦でうつ病になった時の対処法」というコラムを読みましたが、やはりまずは「精神科か心療内科を受診しましょう」ということでした。

 

借金を抱えていると、私のように「お医者さんにもかかれない」という人も多いでしょうが、専門家に診てもらうのが一番だと思います。

 

話を聞いてもらうだけでも違いますから。

 

とは言え、借金苦という悩みは、たとえお医者さんにでも言いづらいもの。

 

だとしたら、「家族や信頼できる友人相談する」という方法もあります。

 

逆に、借金というお金がらみの話って、「身内や親しい人だからこそ言いたくない」ということもあるでしょう。

 

そういう場合には、思い切って借金の専門家に話を聞いてもらう、ということもできます。

 

各市町村で開いている「借金無料相談会」のようなものや、弁護士や司法書士が話を聞いてくれる「無料相談会」もありますから、とにかく、ひとりで悩まないというのが、解決の糸口になるのです。

 

なんて、法律事務所の宣伝文句のようですが・・・

 

借金苦でうつ病になる人って、もともとは責任感が強く真面目でコツコツ頑張るタイプであることが多いので、「とにかく借金をなんとかしなければ」と思えば思うほど、自分が許せなくて苦しくなるんですよね。

 

だから、現実逃避ではないですが、「これをしていれば何もかも忘れられる」ということに、一時没頭しているという方法も。

 

なかなか新しいことにチャレンジする気にはなれないでしょうから、お芝居を観るとかお笑いを楽しむなど、心の底から楽しめることを優先させるのが一番です。

 

「そんな余裕はとても無い」という当時の私のような場合は、「とにかく笑ってみる」だけでも、大分周りの景色が違ってくると思いますよ。


lalaco257 | - | - | pookmark | category:任意整理の体験談

Profile

Search

Entry

Category

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode