国民健康保険料未払いのまま転居したら逃れられる?

JUGEMテーマ:借金地獄


お金に困るとというか、多重債務生活が長くなって税金など滞納することも多くなると、「このまま支払わなくて済む裏ワザは無いの?」なんて良からぬことを考えてしまいます。

特に税金の中でも国民健康保険料ですね。

国民健康保険料は金額が高いので、滞納する人が一番多いのではないでしょうか?

自動車税については、コンビニなどで支払えるようになってからは納付率が上がったと聞きますが、これは車を動かせなくなったら困るということもあり、支払うのだと思います。

コンビニで自動車税の支払い

まあ、1年に1回ですからね。

対する国民健康保険料は年に数回、1年に支払う金額を分納させてもらっている、と考えれば良いのでしょうが、1回に数万円という出費はかなりのもので、なかなかそういった考え方にはなりません。

で、ネットで調べると「引っ越しをしたら、しばらくは督促状が来ていたけど、そのうち来なくなった」とか「引っ越しをしても滞納分をきっちり支払い続けていたら、まだ未納分があるにも関わらず免除してくれた」なんていう体験談が出てきます。

裏ワザを求めている人が、そんな話を見たら、「引っ越したら国民健康保険料の未納分は支払わなくて良い?」なんて思ってしまうんですよね。

実際はどうなのでしょうか?

これについては、Q&Aサイトでも盛んに質疑応答がされていますが、結局は「役所の担当者の裁量による部分も大きい」という意見が目立ちます。

あとは「時効になったのでは?」という意見も。

時効というのは、国民健康保険料は2年、保険税であれば5年というように決められているのですが、「督促」を行えば一度中断され、またそこから換算されることになります。

 

注:通常は国民健康保険料として知られていますが、実は、保険料と保険税の二種類あるんです。各地方自治体によってどちらかの名目で納めることになっているのです。

また、督促状を送ってもナシのつぶてであれば、差し押さえを辞さない市町村も増えているということですが、その場合もまたそこから換算されるということに。

差し押さえられてからでは遅いですからね。

スポンサードリンク

 


それと、保険料と保険税の線引きが曖昧な部分もあるので、名目上は保険料でも保険税とみなされている市町村では、時効は5年です。

その間に引っ越したとしても、転出、転入届けをきちんと出していた場合、市役所はどこまででも追跡できるはず、ということがあります。

「そこまでの人手が足りないから、ある程度督促状を送ったらあとは泣き寝入り」というケースもあるようですが、今は追跡するのもパソコンがあれば早いです。

役場のデータもオンライン化しており、住民票などもコンビニで取れることができる時代ですから、「時効があるから」と思っていると、延滞料も含めたとんでもない未納分を記載した催告書が届くかもしれません。

 

マイナンバー制度ができてからは、個人の資産まで筒抜け?という話までありますから。

届かなかったとしても、「本来支払うべきお金」であることは確かですから、引っ越す前にきれいに支払いたいところ。

ただ、「そんなこと言ったってお金が無いんだよ」というお気持ちもわかります。

そんな時には引っ越しの前に、国民健康保険料の減免が受けられないか相談してみましょう。

このおかげで、年間の保険料が10万円近く安くなったという方もいらっしゃいます。

その上で、無理がない金額での分納措置をしてもらい、引越し後も支払い続けるという方法が一番負担が少ないと思いますよ。

国民健康保険料は住んでる地域によって10万円も差がある?

JUGEMテーマ:借金地獄

 

多重債務者じゃなくても、国民健康保険料が高すぎて生活できない、なんていう方が増えています。

どうしてなんでしょう?

国民健康保険料が高いというのは、何も今に始まったことではないのですが、一流企業以外の会社でほとんどお給料が上がらない今、社会問題になってもおかしくないくらいだと思います。

 

もっとも、正社員の方だと社会保険なので、どっちみち関係ないんですけどね。

高い高いと言っても、国民健康保険料は各市区町村によって大きく異なり、なんと、一番高い北海道の町と安い九州の都市では10万以上の差があることも。



これは、一般的な年収の世帯をモデルとした数字ですので、低所得者層での負担はもっと大きく格差も大きいということになります。

これでは、国民健康保険料未納や滞納の人が増えても仕方がないとも思えます。

とは言え、加入は任意ではなく義務なので、未納や滞納の時期が長ければ、当然督促状や催告書で滞納分の請求書が送られてきます。

そこには、今までの滞納分プラス延滞料金がしっかりと書き込まれていますので、5年も滞納していれば数十万、中には100万を超えるケースも少なくありません。

私も催告書を受け取ったことがあるので、その時の恐怖は忘れることができないです。

「何月何日までに全金額の支払いをするか、できない場合は窓口に相談に来てください。期限を過ぎた場合は差し押さえなどの処分を受けることがあります。」というような内容だったと思います。

今までも督促状は送られてきましたが、どうしても支払えないために後回しにしていた結果がこれです。

恐る恐る市役所の市税収納課に電話をして、窓口に相談に行くことにしましたが、その時はまだ減免制度があることすら知りませんでした。

とにかく全額一括で支払うことと差し押さえだけは止めてもらわないと、という一心で窓口に行ったことだけは鮮明に覚えています。

市役所の窓口で借金の返済云々の話はできませんから、収入が不安定なことと現在は非常に少ないこと、他の職を探しているけれどすぐには決まらないことなどを説明し、支払う気持ちはあることも伝えました。

ネットで調べて「分納も可能である」という知識はあったので、なんとか分納にしてもらえないだろうか?ということも重ねてお願いしました。

係の方は淡々とこちらの話しを聞いてくれましたが、「分納にしても1年で完済できる金額でないと受け付けられない」と言われ、途方に暮れる気持ちになっていたのですが・・・

上司の方に相談してくださり、減免制度が受けられることになったのです。

スポンサーリンク

 


国民健康保険料の減免制度は、各市区町村ごとに定められた制度で、主に災害などを受けた場合や収入が激減した場合に税金が安くなる制度です。

減免される金額も具体的な基準も、すべて自治体に委ねられているため、住んでいる場所によって違ってきます。

中には減免制度そのものを積極的に受け入れない、または減免制度自体が無い市町村もあるそうなので、事前の情報収集は必須ですね。

できれば、引っ越す時にも国民健康保険料の計算や滞納時の対処方法まで確認してから決めたい、と思ったほどです。

私の場合は、国民健康保険料の減免申請が晴れて受けられることになり、簡単な生活費の収支計算と現在の財産状況などの提出で受け入れてもらえたのですが、場合によっては、給与明細、預貯金通帳、家賃や公共料金支払いの領収書まで必要なこともあります。



とにかく、隠し事をしないで、現在の生活状況を正直に書いて提出すれば、収入が基準以下の場合は速やかに減免措置が受けられるはず。

できれば、催告書が来る前に相談しに行くほうが良いのですが、少なくとも催告書の支払期限までには必ず相談に行くようにしてください。
 

そうしないと、延滞金がどんどん増えて、とんでもない金額になってしまいますから。

 

税金の延滞金と言えども、放置していれば、14%以上も金利が付いてしまうので、すでに民間の金融業者からお金を借りているのと変わらない状態なのです。

 

そうなってから慌てないためにも、早めに相談というのが鉄則ですね。

多重債務で国保を滞納すると年間約3万円損をする?

JUGEMテーマ:借金返済

 

突然ですが、督促状や催告書が送られてきてびっくり!

 

なんてことになった方いらっしゃいませんか?

 

うちも、催告書が最初に送られてきた時には、心臓が止まりそうなくらい驚きましたが、現に支払っていなかったので、仕方のないことですね。

 

催告書の金額にびっくりする

 

どうも、多重債務になると、借金より怖いものはないと思い込んでしまい、その他の支払いを甘く見てしまいがち。

 

まあ、甘く見る気は無くても、優先順位をつければそうなってしまう、というのが正解ですが。

 

特に、サラリーマンやパートで社会保険に加入されている方は良いのですが、アルバイトなどの非正規雇用されている方や自営業などだと、国民健康保険料が重くのしかかっています。

 

そもそも、そういった経済的弱者でも、きちんと健康保険を利用して医療機関が利用できるようにという計らいからできたものなので、ありがたいと思わなきゃいけないのかもしれません。

 

だけど、経済的弱者が加入するということは、支払える人が限られているということ。

 

例えば、お店が繁盛している個人事業主の方というのは、かなりの金額を支払っているのではないでしょうか?

 

うちも、自営の仕事がうまく行っている時には、「えー?こんなに払うの?」というくらいの金額を支払っていましたから。

 

それが、だんだん経営難になり、売上は減額減額になってくるのに、保険料は最初こそ安くなりましたが、その後はほとんど変わらずです。

 

一番少ない時でも年間20万円以上の国民健康保険料は支払っていたと思います。

 

収入が10万円足らずだった時もこのくらいですから、「支払えない」という方の気持ちは本当によくわかります。

 

私も、「いっそこのまま他の都道府県に引っ越してしまおうか?」と思ったほどですが、「逃げおおせる」と思わないほうがいいですよ。

 

と言いますか、税金から逃げられると思うほうがおかしいし、道理に反したことなのですが、多重債務でお金に困った生活を続けていると、そんな簡単なことも考えられなくなるのです。

 

たいていの方は、「支払いたいけど高すぎて支払えない。督促状が来ても支払えないので放置していたら、催告書が来てびっくりした」ということでしょう。

 

そこには、「◯月◯日までに滞納金額◯◯万円と延滞金◯万円の合計◯◯万円納付してください。期日までに支払えない時には、差し押さえなどの処分がある場合もあります。」なんていう怖い文章でちりばめられているのです。

 

と同時に、金額の多さに改めて見直すと・・・

 

そう。延滞金って何?ですよね。

 

スポンサードリンク

 

 

考えてみたら、借金も借りていければ利息が付くわけで、税金も支払いを怠れば、期限を過ぎた日から延滞料はかかります。

 

督促状が来た時点で、すでに手数料の100円は加算されていますから。

 

催告書には、この督促手数料もしっかりと加算されているので、「思った以上の金額で2度ビックリ」となってしまい、さらにおびえる、ということになります。

 

延滞金は年14,6%と決められていますから、年間20万円くらいの国民健康保険料で、なんと3万円弱の延滞金が発生するのです。

 

まあ「年間3万円損をする」というのは、こちらの勝手な言い分で、支払わない方が悪いのですが・・・

 

それに、今は、各地方自治体も税制減収で頭を抱えているところも多く、滞納者にも厳しくなっているというのがほとんどです。

 

ただ、民間と違って、無いところから無理やりむしり取るということはしないので、こちらが支払えない理由を真剣に話せば、分割にも応じてくれたり、収入が少ない人には減免制度の手続きもしてくれるはず。

 

なので、まずは、市役所の窓口に行って相談する、というのが一番良いでしょう。

 

催告書が届いてからだと、市役所に行くのも及び腰になってしまい、ズルズルと引き伸ばすなんていうことにもなりかねませんが、なるべく早いほうが良いのは確か。

 

滞納したまま引越してしまった」という方も、以前住んでいたところで相談すれば、分割払いにもしてもらえるそうですよ。

 

それに、いつも書いていますが、国民健康保険料を滞納して保険証を出してもらえなくなると、自分や家族が困りますからね。

 

「それにしても国保料って、もっと安くならないの?」という気持ちはずっと持っているのですが、まずは、自分ができることからするしか無いですから。