喪明け後は審査が厳しくなるのは当たり前。クレヒスの実際のところ

JUGEMテーマ:クレジットカード

 

債務整理をして5年くらい経ったところで、個人信用情報を取り寄せて開示してみる方も多いでしょう。

 

ドキドキしながら見てみると・・・

 

めでたく「異動」の文字が消えていた!

 

となれば、「もうローンやクレジットカードの申し込みができる!私は自由だ!」(自由の意味がよくわかりませんが・・・)となって、すぐにでも申し込んで見たくなると思います。

 

喪明けを喜ぶ女性-債務整理体験談

 

だけど、もう一度クレヒス(クレジットヒストリー)についておさらいしてみましょう。

 

クレジットヒストリーはあなたの金融商品における信用履歴(歴史)なのです。

 

キャッシングやクレジットカードの審査では、個人信用情報機関に登録されている信用情報の支払い状況を照会して申込者が現在または過去において、金融商品の支払いをきちんと行っているのかどうかを確認してから契約を結ぶかどうかの判断を行っている、というのはおわかりですね。

 

だから、キャッシングやクレジットカードの審査をする時には、このクレヒスがとても重要になってくるのです。


一般的な商売でも、今まで全く取引の無かった方と、何かしらの取引があった方とでは、余程の事が無い限りにおいて、今まである程度取引のあった方が新規の方よりも信頼できると思うのは当たり前です。

 

キャッシングやクレジットカード審査でも同じことが言えます。

 

クレヒスの無い新規の顧客よりも、今までにしっかりとした金融取引のある方(クレヒスがある)の方が有利になるということ。

 

では、クレヒスって、一体どんな記述になっているのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

 

CICの信用情報開示報告書の入金状況欄を例に取って、説明されている文章があります。

 

入金状況欄に記載されているのは、過去24ヶ月間における顧客の入金状況で、年・月・状況の3つの欄で構成されています。

 

なんだか、成績表のようですが、そこに事細かに書かれていることとは?

 

なんと、記号だったんです。

 

暗号のようでもありますが、だいたい以下のような意味となります。

 

$: 請求金額どおりの入金があった
P: 請求額の全額ではなく一部が入金された
R: お客様本人以外からの入金があった
A: お客様の事情で、お約束の日までに入金が確認できなかった
B: お客様の事情ではなく別の理由で入金されなかった
C: 原因不明で入金されていない
-: クレジットカードやローンなどの利用がなく請求もなく入金もなかった
空欄: すべてにおいて利用がなく、情報の更新もなかった


当然、$マークが並んでいる人が優良顧客とされ、審査でも有利になるのです。

 

Pマークでも、入金がまったくされていないわけではなく、払う意志は高いとみなされるので、審査に受かる可能性はあります。

 

以下、Aマークが多ければ、滞納が続いているということですので、心象は悪く、審査に受かる確率も低くなるでしょう。

 

では、喪明けの場合どうなっているのか?と言いますと。


入金状況欄に何も登録されていないのです。

 

だから、喪明けの状態をホワイト(スーパー)と言われ、一見きれいな状況のようですが、「過去に金融事故を起こした人」と見なされるので、もっとも審査に受かりにくい状態である、ということなんです。

 

何も後ろめたいことが無くても、ある程度の年齢、たとえば40代で普通の会社員なのに、この入金状況欄が真っ白だと、「もしかしたら債務整理をした?」あるいは「過去に延滞を繰り返していた?」なんて誤解されることも。

 

まあ、誤解じゃなくても、今までの実績が無いと、「お金を返してくれるかどうか?」の判断がつきにくい、というのはわかりますね。

 

ただ、世の中捨てたものではなくて、このスーパーホワイトと言われる方たちの履歴を承知の上で、今の属性を重要視した審査をしてくれる金融機関もあるのです。

 

外資系のクレジットカード会社などが多いと言われていますが、債務整理が一般的になりつつある今、もっと増えることも考えられます。

 

となると、私達にできることは、とにかくがむしゃらに頑張って収入を増やすことと、信用履歴に載らないような時でも、とにかく支払いはきっちりと行うこと。

 

また、もしクレジットカードが持てるようになれば、頻繁に利用して、しっかり返すことを繰り返し、信用履歴を積むこと。

 

地味なようですが、これしか無いですね。

任意整理中にディーラーローンは組めるの? 

JUGEMテーマ:借金返済

任意整理中にディーラーローンは組めるの?というご質問がありました。

うん?ディーラーローン?と思ったらオートローンのことでしたね。

車=中古車としか考えられないので、ディーラーなんて思ってもいませんでした。

考えてみたら、ディーラーでも中古車は扱ってますから、なんら不思議じゃなかった。



任意整理中でも車のローンは組めるのか?ということですが、債務整理の中でも任意整理だとどうしても、このような考えになる方が多いんですよね。

任意整理は、他の債務整理に比べると、裁判所を通さずに債権者と話し合い、いくらか減額されるにせよ借金は返すわけですから、少しは優遇されても良いのではないか、と思うのはわかります。

ただまあ、「借りたお金を、借りた時の利息や期間内に返せなかった」という意味では、他の債務整理と同じですから。

ということで、任意整理の場合でも、たとえ借金を完済した後であっても、すぐにローンを組むことはできません。

クレジットカード取得についても同じです。

特に債務整理中は、お金を借りたりローンを組んだりというのは、不可能に近いと思ってください。

ただし、何度か書いているように、ブラックの方でも組める自社ローンを取り扱っている会社が存在するのも確かです。

特に車は、どんなに安くてポンコツの車でも、諸費用を入れると数十万円はしますので、ローンを組まないとなかなか手に入れられないですよね。

スポンサードリンク



債務整理をしているのに、趣味で車を購入する人は居ないと思いますので、生活するうえで、また仕事のために必要な場合、というこになるでしょう。

どんなにメンテナンスを心がけていても、車は消耗品なので、ある日突然動かなくなる時があります。

うちもありましたが、車がなくては仕事にも行けなくて、とても困るんですよ。

電車も通っていないようなところに住んでいますから。

だけど、うんともすんとも言わない。

当然お金なんてないですから、途方に暮れたのを覚えています。

で、仕方が無いので、近所の懇意にしていた中古車店で、無理を言って分割払いにしてもらってやっと購入できたというわけです。

本当はこういった方法が良いのかもしれませんが、誰でもできることではありませんよね。

だから、自社ローンを取り扱っている中古車店のことをご紹介したのですが・・・

調べてみると、評判の良くないところもあるようです。

中には、闇金融とのルートがあって、半ばブローカー化しているようなところもあるということですので、要注意です。

ブラックの方でもローンを組めます」と大々的に広告を出しているようなところは、気をつけるべきということでしょう。

反面、「ブラックの方でも分割で支払いたいという場合は、ご相談ください」程度のことを、ローンの断り書きに書いてある程度のお店なら、聞いてみても良いかもしれません。

ただし、ケースバイケースで、「こういったお店は信用できる」と言えるものではないですから。

本来なら、自分でもしもの時のために少しでもお金を貯めておく、というのが一番だということを、日ごろから頭に入れて置くことが大切ですね。
 

追記:最近、「任意整理中に、ディーラーで新車のローンを組むことができた」なんていう体験談を見つけました。

 

オートローンも、他のフリーローンに比べると、独自の審査方法があるようなので、「絶対に受からない」ということも無いようです。

 

ただし、よっぽど属性が良くて、ディーラーの担当者の方から信頼を得ているなど、条件があると思いますよ。

 

個人信用情報」の参照はほぼ例外無くする、ということなので、過去の履歴を承知した上で審査に通す、ということになると、今の収入や条件次第と言えますね。

 

逆に言えば、債務整理をしても、その後の頑張りによっては正当に評価されることもある、ということなので、前向きに捉えると良いのでは?

お金を借りる裏技ってないの?

JUGEMテーマ:借金返済

 

債務整理をしてブラックになってしまえばお金は借りられない、ということはわかっていても、「どうにかしてお金が借りられる裏技はないものか?」と考えてしまうというのもわかります。

裏技と言えば、多重債務に陥ると、どうしても裏技というか、まっとうな方法じゃなくてもなんとかお金を借りられないだろうか?という考えに陥るものです。

さすがにヤミ金融には関わり合いたくないですが、ブラックでもお金を借りられるようなちょっとした抜け道みたいなものはないだろうか?と。

だから、タイトルのような質問をされるのは、よく分かるのです。

だけど、ブラックでも借りられる金融業者、しかも安心して借りられる金融業者はないものですね。

いわゆる「ブラックでもお貸しします」というところです。

私も、本当に債務整理を決心した頃と債務整理中・直後というのは、お金に困ってしまい、「この世から居なくなるしか方法は無い」とまで思い詰めたほど。

一時はその方法を求めて、ネットをさまよったくらいです。

明日食べるものを買うお金」もなくて、「自分ひとりでも食べなければなんとかなるのではないか」と思い、食事を抜いたこともあります。

それでも、人間欲は捨てきれないもので、どうしてもお腹が空いて食べてしまうんですよね。



それに、病気になっては余計お金がかかってしまうので、この方法は止めにしました。

当たり前ですが・・・

それほどお金に困っていたということです。

だから、「ブラックになってしまってもお金が借りたい」という気持ちは、誰よりも理解できるつもりです。

普通考えれば、「借金が返せなくて債務整理をしたのだから、何があっても2度とお金は借りないつもりで居ないといけない」のですが。

多分、債務整理した当時は、みんな「2度と借金はするまい」と誓ったはずなのです。

だけど実際にはすぐにお金に困ってしまうという状況。

誰が悪いわけではなく、自分自身が悪いのですが、生活する上でどうしても必要なお金がなければ、生きていくことは不可能です。

で、やはり「ブラックでもお金を貸してくれるところ」はどこかないか、また何か裏技があるのではと探し回るのですが・・・

スポンサーリンク



いろいろと、「債務整理しても自己破産者でも融資可能」という業者についての情報を集めてみたところわかったことがあります。

共通して言えるのが、「破産経験があっても貸してくれるが、今の収入や勤続年数についての条件が厳しい」こと。

中には、「このくらいの条件が揃っているのなら、大手の信販会社からでも借りられるのでは」というくらい厳しい条件だったりします。

その上で、保証金を10万程度、あるいは20万くらいまで取られることも多く、保証人も立てることを要求されることも。

金利は多分20%以上のところもあるでしょう。

 

まあ、その時点で、グレー金利を禁止した貸金法に違反するため、正規の金融業者とは言えないのですが。

こうなると、もう「お金を借りる」ことを諦めるしかないですよね。

それと、正規の金融業者を名乗っていても、闇金融を紹介するところもあるのですから、油断大敵です。

 

表向きは普通の消費者金融なのに、「お金を貸しても返せる経済状況に無い」と判断すれば、闇金融を紹介するところもあるのです。

 

正規の消費者金融が紹介してくれるところなら安心、ということも無いのですよ。

ブラックになってしまった悲劇」と嘆いていても仕方がありません。

どこか、安心して借りられる金融業者があれば良いのですが、安心できそうなところは敷居が高いし、ということでしょう。