自動車税滞納で差し押さえられた体験談

JUGEMテーマ:借金返済

 

自動車税納税の納税期限が過ぎてしまいました。

 

ただ、まだ督促状が来るまでは遅延金もかからないと思うので、できるだけ早く払った方が良いですよ。

 

「生活が苦しいのに、自動車税まで払えないよ。」という声が聞こえてきそうですが・・・

 

多重債務時代もそうですが、債務整理後の生活が苦しい時には、この自動車税もなかなか手ごわいものです。

 

何しろ、仕事で車を使うのでどうしても必要なのですが、お金が無いので仕方なくかなり古い車に乗っているわけです。

 

そうすると、必然的にエコカーとは桁違いの自動車税がかかるんですよね。

 

まあ、桁違いは言い過ぎですが・・・

 

言わせてもらえば、古い車の割には燃費は良く、整備は怠っていないので、そんなに環境は汚していないと思うのですが、決まりだから仕方がないこと。

 

車検費用に比べればまだ安いのですが、この時期、出費も多い時なので、毎年頭を悩ませるのです。

 

当然滞納してしまうこともありましたが、督促状が来て、期限ギリギリのところで支払うことも。

 

周りを見てみても、市民県民税やその他国民健康保険料などの税金に較べて、自動車税は後回しという方も多いんですよね。

 

中には、「車検を受けるまでに支払えば良いんじゃないの?」なんてのんびりしている人も。

 

そこで、「自動車税を支払わないで放置しておくとどうなるのか?」を調べてみたら・・・

 

「ある日突然わが家の車庫にある車が、差し押さえられ動かせなくなりました」という体験談を発見しました。

 

この方、特にお金に困っているということではなく、忙しくて自動車税の支払いを放置していたらしいんです。

 

そしたら・・・

 

朝、出勤するのに車に乗ろうと思ったら、パリッとしたスーツを着た男性が立っていたそうです。

 

スーツを着た男性-債務整理体験談

 

「最近は車泥棒もスーツ姿?」なんて身構えたら、なんとその男性が自分の名前を知っていたのです。

 

「◯◯さんですか?」と。

 

「何で、おれの名前を知ってるんだよ」と半ばパニックになった頭に入ってきた言葉が「差し押さえの強制執行を担当しております◯◯です。自動車税を滞納されていますね。」でした。

 

ますますパニックになりぼーっとしていると、執行官を名乗る男性は身分証明書を見せ、書類を手にテキパキ行動に移りました。

 

「これから車を差し押さえさせていただきます。」と、言葉は丁寧ですが、することは大胆不敵。

 

もうひとりの執行官と二人がかりで、タイヤにおもりをつけて動かないようにし、車体にテープを貼り付け「差し押さえ物件」と書かれたタグを貼り付けるまでに、そんなに時間はかかりませんでした。

 

まあ、相手は仕事だし、支払わないこちらが悪いのだけど・・・

 

あれよあれよという間に、自宅の庭で動かなくなった車が、「差し押さえ」の札を貼られて、若干恥ずかしがっているようにも見えましたよ。

 

いや、恥ずかしいのはこちらの方で、ご近所に札を見られたら一巻の終わり、という。

 

というか、これから会社に行くのにどうしよう?上司になんて説明すればいいんだ?

 

と、2度目のパニックに襲われていると「では、保管場所が見つかったら車を移動させますので、それまでは絶対に動かさないでください。動かしたり札を取ったりすると、罰せられますよ」

 

ととどめの言葉を残して、執行官は立ち去っていきました。

 

と、体験談はここまでです。

 

スポンサーリンク

 

 

差し押さえられた車は、後日競売にかけられますから、自分の元に戻ってくることは無いんですよね。

 

それと、保管場所がある場合にはすぐに車を持っていかれることもあるそうです。

 

怖い話ですが、こうなってからでは遅いのです。

 

差し押さえされる前に、なんらかの督促状や催告書などは来ていたと思うのですが、この方のように「すっかり忘れていて」というケースはともかく、多重債務でどうしても支払えない、なんていう時には放置してしまいがちです。

 

なんて、自分にとっても決して他人事ではないので、自戒を込めて書いているところがあるんですよ。

 

他の税金もそうですが、なんとかやり繰りして期限内に支払おうと努力しているという、情けない状態。

 

それに、うちのボロ車では、競売にかけられてもほとんど値段が付かないだろうけど、その場合は、「値段が付きませんでした」と言われ、滞納分の料金と共に現金で請求されるのでしょうか?

 

そうなったらなったで、いろんな意味で悲しいですけどね。

破産していても賃貸の連帯保証人になれる?

JUGEMテーマ:借金返済

 
債務整理をすると、ましてや自己破産だと、いろいろと制約があるのは仕方ないこと。

法律を犯すことはしていないけれど、お金に関する約束を破ったのですから。

お金を貸してもらう時に「絶対に返します」と嘘を言ったことになりますよね。

「それには止むに止まれぬ事情が・・・」という方もいらっしゃるでしょう。

今や、ギャンブルをしたり、ブランド品を買い漁ったり、収入以上の出費を繰り返していたり・・・という浪費癖のある方は鳴りを潜めました。

いや、そんな生活自体できない時代になったのです。



まあ、一部のセレブと言われる方達は違うでしょうが、本当にごくごく一部になっているかと。

ほとんどの方が、「もともと給料が少なくギリギリの生活をしていたが、病気や突然の出費で止む無く借金をした」という感じでしょう。

で、そのまま何事も無く返せれば良いのですが、突然の解雇や自然災害による被害で返せなくなったり・・・

またある方は、連帯保証人になったばかりに、自分が借りたわけでもない借金に振り回されたり。

そんな方が多いのではないかと思います。

話は戻って、自己破産したら何ができなくなるのか?ですが、まずはローンを組んだりクレジットカードが作れなくなること。

これはご存知ですよね。

自己破産については、ある特定の職業に就けなくなるなど、他の債務整理よりも制約は多いですが、それも免責が降りれば解除されることがほとんどです。

スポンサードリンク

 


後は、それほど他の債務整理と違わないでしょう。

表題の「破産しても賃貸の連帯保証人になれる?」ですが、どう思いますか?

私はなれないと思っていました。

だって、賃貸契約の連帯保証人って、借りた人が家賃を支払えなくなったら代わりに支払う義務があるんですよ。

ブラックの人ができるわけないと。

だけど、知り合いの自己破産した方は、息子さんがアパートを借りる際に、問題なく保証人になれたそうです。



お金を借りる契約ではないので、個人信用情報機関に問い合わせることはなく、ブラックでもたとえ自己破産していても、現在収入があれば大丈夫ということなんですね。

100%大丈夫か?と聞かれれば、各管理会社によって異なるとは思いますが、原則OKということになります。

 

家賃の支払いがクレジットカード払いになっている場合だと、保証人の信用情報まで調べられることもあるそうなので、もしかしたら断られるかもしれないですね。

息子さんには内緒で自己破産している場合もあるでしょうから、賃貸契約に関しては概ね安心しても良いとわかれば、気持ちも楽になります。

 

もし、「息子が社会人になってアパートを借りる時に、親が自己破産していることで契約を断られたら?」という理由で債務整理を迷っているとしたら?

 

借金に追われて生活するよりも、一度整理をして新たな生活を始めた方がお子さんのためにもなるはずです。

 

今が決心すべき時だと思ったほうが良いでしょう。

債務整理返済中お金が無い時どうすればいい?公的資金は?

JUGEMテーマ:借金返済


債務整理中にお金が無くなったら?とか、債務整理してもお金が無いなどの悩みはいろいろありますよね。

まあ、主にお金の悩みになりますが・・・

お金の悩み

だいたいお金に困って借金をし、返せなくなってまた借金という繰り返し。

返せないうちに借金を繰り返すから、ますます返せなくなるということなんです。

これって、こどもでもわかるような単純な原理なのですが、悲しいかな、多重債務になってしまうとわからなくなってしまうんですね。

というか、最初からわかっているのでしょうが、事実に目をつぶってしまうという感じ。

とにかく、「今なんとか乗り越えられれば」とか「少しでもお金を借りられればなんとかなる」ということしか考えていないんですね。

それと、「もしかしたら、一発逆転のチャンスが来るかもしれない」「頑張れば収入が倍々になってくるかも」「ひょっともして宝くじに当選するかもしれないし」という考えまて浮かんできます。

どん底の状態に居てもなお「なんとか頑張れば、借金も返せるかもしれない」と思うのは、一見とても前向きで良いことのように思えます。

ただ、実際にその状態になっても借金を返せるほどの方というのは、ただ漠然と「返せるかもしれない」と思うだけではないんです。

「こうすれば少しでも収入が上向きになって、さらにそのお金でここに投資すればなんとかなるのでは」という具体的な案を出せることが大切なんですよね。

要するに、「一発逆転」で、とにかく最初から大金を狙うのではなく、「どうしたらバラバラになったピースの破片を一塊にできるのか?」ということを考え、ひとつひとつ組み立てて行ける冷静さが必要だということ。

私もそうですが、借金の額も増え、もう普通の稼ぎでは返せなくなると、一攫千金しか方法は無いと思いがちです。

スポンサードリンク

 


それか「宝くじに高額当選」のような他力本願的な考えを持つかですね。

宝くじ自体は、夢を持つことでやる気になる場合もあるので、全面的に否定するつもりはありませんが、頼るのはダメということ。

結局は、小さな収入からコツコツと増やしていくしか無いんですよね。

となると、債務整理中にどうしてもお金が必要になったり生活に困った場合は、最初はやはり身の回りの物を売ることから始めるのが良いかもしれません。

一攫千金とは言わないまでも、オークションに出品すれば、思わぬ物が高い値段で売れることがあるからです。

試しに、何かひとつヤフオクに出品してみたらわかると思いますよ。

「これは売れないだろう」と言うようなものでさえ、ある程度の値段が付くことがあるのです。

うまくすれば、一晩で数万円ゲット!なんていうこともあります。

 

あと、いつも書いている社会福祉協議会の生活福祉資金も、頼れないことは無いです。

 

申込みが煩雑だったり、係の方がけんもほろろだった、なんていう体験談を読むと「当たってみても無駄」と思うかもししれませんが、本当にお金に困っていてどこからも借りられない状態だったら、一度相談してみることです。

 

多重債務の場合は、「先に債務整理をしてから相談に来てください」と言われるそうですが、債務整理直後の借り入れなど、民間の金融業者に頼れない時には、借入先として選択肢に入れても良いでしょう。

 

金利も安いですし、第一「闇金融で借りるより百倍安心」ですから。