スポンサーリンク
Home >> 債務整理後のローン >> 任意整理中なのに車のローン審査に受かることがある?
Page: 4/33  << >>

任意整理中なのに車のローン審査に受かることがある?

JUGEMテーマ:借金返済

 

債務整理中のローンでの買い物はできない」というのは、皆さんわかっていると思います。

 

だけど、実際にはローン審査に受かっている方もいらっしゃるんですよね。

 

「ローン審査って一体どうなってるんだ?」と言いたいところですが、どの世界にも何かしらのカラクリはあるわけです。

 

特に車のローンは、クレジットカードのショッピング枠を獲得するよりも、金額が高いだけに敷居は高そうですが、クレジットカードの審査に落ちたにも関わらず、車のローンに受かったというケースもあるんです。

 

ディーラーで車を買う-債務整理体験談

 

うーん、一筋縄では行かないローン審査ですが、やはり、審査を受ける方の属性と申請のタイミング、それに審査基準に合っているかどうか?が重要なんでしょう。

 

例えば、任意整理中のある男性の話

 

任意整理の手続きを終え、現在残債を返済中なのですが、どうしても車のローンを組まなければならなくなったとのこと。

 

仕事がらみで使うので、ある程度のクオリティーを満たす車となれば、とても現金では買えないですから。

 

「車は必須」ということを見越して、任意整理する時に車のローンは入れなかったそうです。

 

当然、ローンは支払い中で、もうすぐ完済するそうですが。

 

果たして、この状態でローン審査を通過することはできるのでしょうか?

 

普通に考えてNo.ですよね。

 

私もそう思いました。

 

だけど、大方の予想を裏切って、審査に通ったということなんです。

 

この方、年収は500万円以上ですが、勤続年数は少なく、転職後数年しか経っていなかったということなのですが、いわゆる引く手あまたの技術を持つ職業の方だったということ。

 

家が持ち家ということも影響しているのかもしれません。

 

それと、ちょうど、新車を売り出し中のキャンペーンをしている最中に、ディーラーローンに申し込んたということもあるのかな?

 

債務整理はしても、過去に滞納したことが無かったというのも高評価だったのでしょう。

 

スポンサーリンク

 

 

とにかく、無事にローン審査に通り、残債完済後には、なんとカードローンの審査にも通ったとか。

 

多分、この男性の場合は、すべてが良い方向に行った結果とラッキーなことが重なっての合格ということなんだと思います。

 

ただ、司法書士の方によると、「債務整理中でもローン審査に受かるケースは時々ある」ということなので、まんざら嘘でも無さそうです。

 

とは言え、どこのディーラーでも、信用情報よりも属性を重要視するか?と言われればそんなことは無く、「信用情報に事故情報が載っていれば、他の欄は見ないでローン申請を却下する」という信販会社も多いのは確か。

 

専門家の意見も、「受かる」「いや受からない」と真っ二つに分かれるくらい、混沌としているのです。

 

まあ、「すべては、信販会社の判断に委ねるしか無い」ということですね。

 

言えるのは、私のようにごく普通の収入で個人情報に事故歴がある場合は、債務整理中のローン審査にはほぼ確実に受からないということ。

 

「実際に受かっている人が居るから」という淡い期待だけで、闇雲にローン審査を申し込んでしまうと、二重三重に信用情報を汚してしまうことになり、下手したら一生ローンが組めない身になってしまうかもしれません。

 

できれば、「喪明け後5年から7年待って、クレジットカードやローン審査を申し込む」ということは、守りたいですね。


lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理後のローン
Home >> 債務整理後のローン >> ノーローンで借りるメリットは?審査は厳しい?

ノーローンで借りるメリットは?審査は厳しい?

JUGEMテーマ:借金返済

 

このブログでも何度か書きましたが、ノーローンは、銀行系キャッシングサービスが利用できる消費者金融であり、無利息期間が1週間あることで知られています。

 

無利息期間で言えば、1ヶ月という消費者金融もあるのですが、ノーローンのすごいところは、「返済すれば、また次の月には無利息で借りられる」ということ。

たいていの消費者金融では、たとえ無利息期間が1ヶ月あったとしても、「初回お借入時のみ」ということが多いのです。

 

だから、例えば30万円借りたとして、最初の1週間は利息が付かないため、無利息期間中に全額返済すれば、また翌月には1週間無利息で借りることができるというわけです。

 

ATMでキャッシングの返済をする-債務整理体験談

 

ただ、30万円も借りて、1週間で全額返せる人ってそんなには居ないのかな?

という気はしますが、「お給料はたくさんもらっているけど、思わぬ出費が続いてお金が無い。どうしても明日までに30万円必要だ」なんていう人が居たとすれば、クレジットカードのキャッシングよりはずっとお得なのでは?と思います。

 

まあ、お給料日が1週間以内だとすれば、ですけど。

 

私達のように、お金に困っていて「もうどこからも借りられない」なんていう場合の利用法としては・・・

 

○ノーローンでお金を借りる

○1週間の無利息期間のうちに、他の消費者金融からなんとかお金を借りて全額返済する

○他の消費者金融の金利がかさまないうちに、またノーローンでお金を借りる

ということ。

 

だけど、昔は「全額完済した次の月から」という縛りが無かったのでできたことなのですが、今は無理ですね。

次の月まで借りるとなると、23,4日分の利息は取られるわけですから。

 

いくら1か月分支払うより安い、と言われても、そもそも消費者金融から借り入れすること自体厳しくなった今となっては、「借りては返す」という方法すら使えません。

 

スポンサーリンク

 

 

だいたい、そんなことを考えているから借金体質が抜けないだ、と気づきましょう。

なんて、私が一番気づいてないのですが・・・

客観的に見て、ノーローンで借りるメリットというのはいくつかあります。

 

○キャッシングカードでも、利用金額に対して、ネットマイルやGポイントなどのポイントが付く

○新生銀行グループなので、銀行口座を持っていれば、ATMで返済することもできる

○即日振込みや24時間振込みにも対応している

 

など、結構お得なサービスがあるのですよ。

 

「じゃあ、喪明け後に利用してみようかな?」と思ったあなた。

審査についてはどうなのか?調べてみました。

 

残念ながら、大手銀行系消費者金融ということで、喪明け後にいきなり審査に受かるのは難しいかもしれません。

とは言え、他の信販系クレジットカードなどに比べると、審査も柔軟なため、「全く駄目」ということでもなさそうです。

 

いつも書いているように、キャッシングやクレジットカードの審査は社外秘で会社によって基準はさまざまですから、一概には言えないのですが、パートやアルバイトの人でも受かっているという口コミは多いです。

 

「過去の信用履歴を重視する」という点から「自己破産歴のある人はまず受からないだろう」と言われていますが、それでも債務整理後5年で審査に合格している人もいるのは確か。

 

ただ、いきなり危険を犯して申し込むのは無謀と言えるので、まずは、携帯のローン契約から始めるなど、一度信用履歴を積んでからの方が良さそうですね。


lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理後のローン
Home >> 債務整理後のローン >> 債務整理後の明日の生活費が無い時にキャッシングはできる?

債務整理後の明日の生活費が無い時にキャッシングはできる?

JUGEMテーマ:借金返済

 

債務整理後でもキャッシングはできる?

そんな気になってしまうくらい、キャッシングは手軽な借金という感覚が私達の中にあります。

ただ、借金は借金なので、債務整理を行った直後には借りられることはありません。

債務整理直後の借金なんて問答無用と思われそうですが、債務整理をした後というのは非常に「生活が苦しい」状態が続くという方が多いようです。

借金にも「良い借金」と「悪い借金」があり、多重債務に陥った方というのは、「悪い借金」を重ねていたということになりますね。

返すあてのない借金」や「数ヶ月して業績が良くなれば返せる借金」とか。

返すあては今は無いけれど、「何とかして返そう」という努力はしているはずです。

だけど、何ともならない。

収入は増えないから、借金も減らないどころか増え続ける一方。

という悪循環に。

逆に「良い借金」というのは、今借りれば、近い将来お金を生み出してくれるという借金ですね。

今お金を借りて、そのお金を運用すれば、いつまでにいくら増やせる、という根拠のはっきりとした借金は、「良い借金」と言えるでしょう。

万が一、失敗する場合もあるかもしれませんが、大きく増える可能性が高いからです。

投資する-債務整理体験談

運用は、投資だけでなく、自営業の業績を増やすための資金に使う、ということも考えられますね。

 

先日来日していたアメリカのトランプ大統領が、4度の破産を経験していることは知られていますが、そこからどうやって這い上がったのか?ということに、ブラックである私達は目を向けなければいけません。

 

破産とはいえ、会社をすべて精算して手放してしまったわけではなく、債務の減免制度を活用しながら、存続を図り再生の道を模索した、ということです。

 

要するに、借金が返せなくなったからすべてをチャラにしてもう一度やり直す、という考えではなく、「どうやって立て直すか?」を第一に考えていた、ということ。

 

負債額も莫大で個人の自己破産とは比べようがありませんが、「破産した後のことを第一に考える」ということだけなら、参考になるのではないでしょうか?

多重債務になって、生活が困難になってくれと、「目の前にあるお金」のことしか頭に入らなくなってしまいます。

1年後、5年後先を見通すなんて無理なこと。

もしかしたら1ヵ月後のビジョンも立たない事も。

「明日の生活費」ですらままにならないのですから。

だから、多重債務者は、マインドチェンジしてからじゃないと、借入れしても元の木阿弥になる可能性が大です。

借金整理直後ではなく、いわゆる債務整理後の借り入れというのは、通常は5年から10年かかると言われていますから、それまでに、「借金のリハビリ」をきちっとしてから、ということになりますね。

だけど、ネットで検索すると、債務整理直後でもお金を貸してくれそうな金融業者がヒットするんです。

スポンサーリンク



いわゆる「ブラックでもお金貸します」とか「ブラックでも借りられる審査の甘い金融業者」などです。

中には、本当に貸してくれるところもあるかもしれませんが、闇金融との区別が付かないことが多いので、実際に借りることは止めておいた方が良いでしょう。

ただ、「どうしても生活していけない場合の借り入れ」でしたら、生活福祉資金などでの借り入れがありますので、市町村の役場窓口で相談してみることをおすすめします。

例えば、債務整理直後のまだ生活の見通しが何も無い時に、突然病気になることだってあります。

事実、私もそういった経験をしていますから。

私の場合は、副業でなんてか乗り切りましたが、生活福祉資金貸付制度の緊急貸付を利用すれば、借りられるはずです。

100%借りられるか?と言えば、そうではないのでしょうが、怪しいところを探すよりは数倍良い、ということです。

lalaco257 | - | - | pookmark | category:債務整理後のローン

Profile

Search

Entry

Category

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode