宝くじで3億円当選した派遣社員はどうなった?

JUGEMテーマ:借金地獄

 

宝くじで3億円当選 強運をつかんだ派遣社員の末路」という記事を読みました。

 

宝くじ高額当選と聞いただけでも反応してしまう私としては、「末路」という言葉にいささかの不安を抱きつつ読み進めてみましたが・・・

 

やっぱり、「宝くじを買うなんて愚の骨頂」というような内容でしたね。

 

確かに、お金持ちは宝くじは買わないだろうし、「買うだけ時間の無駄」と切り捨てるのもわかります。

 

だけど、庶民の夢としては「いつかは億万長者」という気持ちは持ち続けていたいんですよ。

 

そりゃあ、「買っても当選するのは交通事故に遭う確率よりも低い」とか「3000円買って必ずもどってくるのは300円だけ。効率悪すぎ。」とか言われれば、「そうなんだけど〜」とは思うのですが。

 

しかも、 控除率という、胴元にいくらお金が入るのか?という割合が、競馬やパチンコなどと比べても高い、ということ。

 

スマートボールにハマる男性-債務整理体験談

 

まあ、胴元と言っても、宝くじの場合は地方自治体であることが多いので、「寄付も兼ねている」と思えば良いのかもしれませんが・・・

 

それに、競馬やパチンコに行く、というのは多少でも興味が無いと敷居が高いし、ハマりすぎると依存症になる可能性もありますが、宝くじは購入するだけですからね。

 

で、購入した時から当選日までの間、「当たったら何に使おう?」とあれこれ妄想するのが楽しいのですよ。

 

私なんて、「3億円当たったら」という妄想で、不動産物件まで検討したことがありますから。

 

サイトを見て、「これは」と思う物件をお気に入りに入れるだけですが、実際の不動産を見ながらだとテンション上がります。

 

おかげで、どこのサイトを見ても、サイドに出る広告が、億ションや世田谷辺りの邸宅ばかりになってしまいましたが・・・

 

それでも、楽しくなって、その後仕事もやる気が出るのですから、良いのかな?と。

 

とは言え、この「宝くじで3億円当選した派遣社員の末路」は、さもありそうで、ちょっと胸が痛みました。

 

真面目な派遣社員だった30代の女性が、3億円の宝くじに当選した途端、ブランド物を買い漁ったり、高級マンションまで購入してしまい、会社もサボるようになったとか。

 

3億円も持っていたら、真面目に働くのが嫌になる気持ちはわかります。

 

スポンサーリンク

 

 

たいていは、「生活のため」に嫌なことも満員電車も我慢して勤めているのですから。

 

そこまではわかるのですが、最終的には周りの人や友人も下に見るような態度で接し、気がついたら彼女の周りには「おこぼれにありつこう」とするお金に汚い人たち以外は寄り付かなくなった、という。

 

そして、なんと3億円もあった貯金も、仕事もせずに贅沢三昧していたら、あっという間に無くなってしまったのだそうです。

 

悪い男に引っかかったりしたら、加速度的に無くなるでしょうから。

 

そう言えば、宝くじで高額当選しても生活を変えないで、今までの仕事も真面目に続けている人は、身を持ち崩すこともあまり無いようですよ。

 

何億円というお金があっても、「あぶく銭」なんですね。

 

それをわかっていて、少しの贅沢にとどめておくか?生活を一変させてしまうか?で人生が狂うかどうかが決まってくるのかな?

 

庶民の夢」は夢だから良いのか?と考えると、悲しくなってしまいます。

 

一度借金を抱えた身としては、「人生一発逆転」の選択肢のひとつとして、有効であると信じたいんですけどね。

 

夢は夢として、現実もしっかりと見るということさえ忘れなければ、悪いことでは無いと思うのですが。

 

「そんな甘い考えだから、いつまでも貧乏なままなんだよ。」という声が、どこかから聞こえるくるような気もします。

多重債務者の憧れ、宝くじ高額当選者の特徴は?

JUGEMテーマ:借金返済

 

この間も書きましたが、多重債務者にとっても宝くじ高額当選は夢、憧れですよね。

 

「どんな人が当たってるんだろう?」と思ったら、やっぱり何年も買い続けている人だそうです。


宝くじ長者白書」を見ると、年代別男女ともに60歳以上がトップ、というところからもわかりますね。

 

宝くじ購入暦が10年以上で60歳以上」というところだけ見ても、コツコツ毎年買い続けている実直そうな高齢の方という像が浮かんできます。

 

職業別だと、会社員がトップでその次が無職、主婦と続くそうです。

 

実直そうな会社員-債務整理体験談

 

無職」と聞くと、働かずにブラブラしている人を想像しますが、60代以上の方が多いということを考えれば、すでに会社を退職されて無職になった方もいらっしゃるのでしょう。

 

何十年も同じ会社で勤め上げて、つましい生活の中から、楽しみにしている宝くじを、お小遣いを貯めて買っている、という感じでしょうか。

 

やはり濡れ手に粟というわけにはいかないようです。

 

当たらないと思いながらも、諦めないで買い続けることが高額当選の秘訣なんだと思います。

 

ただ、びっくりしたのが使い道の中に「借入金の返済」というのがあったこと。

 

何となく借金のある人は宝くじって当たらないのかな、と思っていたから。

 

まあ、住宅ローンやローンで物を購入したりといった借り入れも入るとしたら、借金とは限らないかもしれませんが・・・

 

とにかく、私達多重債務者にとっても、何だか勇気が出るような内容ですよね。

 

スポンサーリンク

 

 

宝くじに限らず、何事にもコツコツ諦めないでキャレンジしていれば、いずれはお金に困らない生活ができる、ということでしょう。

 

あまりにもお金に余裕がない生活が続くと、心まですさんでしまったり、今後の生活に夢が持てなくなりますが、「もし5億円当たったら」とか使い道を考えているだけでも、少しの間借金のことを忘れられるかもしれません。

 

少しの間だけでも現実逃避もできますし。

 

たとえ宝くじに当たらなくても、未来は明るい、と信じたいですね。

 

あっ、ちなみに、「どんな名前の人が当選者に多いのか?」というのも気になりませんか?

 

イニシャルだけの発表ですが、男性の1位は「T.Kさん」で、女性の1位は「K.Kさん」だったそうです。

 

うーん、私も名前はかすってもいませんでした。

 

男女ともにKが付く名前の方が多い、ということは、ケンジさんとかケイスケさん。女性だとケイコさんやキミコさんとかかな?

 

あと、星座で言うと、水瓶座の方が1位ということ。

 

こちらは、ちょっと惜しいのですが、星座が同じだけで高額当選する確率が上がるわけでは無いですけど。
 

とにかく、何事も、地道に毎日頑張っていれば、幸運の女神が微笑む、ということですね。

 

追記:ちなみに、運が良いとか悪いとか言いますが、たいていの場合は、「どれだけ場数を踏んでいるか?」が鍵になるのだそうです。

まあ、競馬やギャンブルなどでは、ビギナーズラックというのが少なからずありますが、「運を引き寄せる」ためには、何度も諦めないで努力する、ことが大切なんですね。

 

だから、宝くじでも、毎年少額でも買い続けている人が、高額当選する可能性が高い、ということです。

 

そう言えば、「成功する秘訣は、諦めないこと」で、1,000回やってダメだったら、2,000回やってみる、なんて言われていますから。

 

なんでも手を付けて、すぐに諦めてしまう私には、耳が痛い言葉です。

お金がなくて切羽詰まった時の裏技は?

JUGEMテーマ:借金返済

お金がなくて切羽詰まっています」という方がいらっしゃいます。

私も同じような状況になったのでよくわかります。

多重債務時代を振り返っても、本当に「よく生活が回っていたもんだ」と思います。

ある意味「狂った」ような生活だったかも。

完全に一部心が停止していたのでしょうね。

今となっては、思い出せないこともよくあります。

 
借金に追われ続け、また多重債務生活も長くなると、もう「手っ取り早く稼ぐ方法」にしか目が向かなくなってきます。

いや、地道に働くのが良いことは頭ではわかっているのです。

ただ、今の世の中、それじゃなくても賃金が下がり、一生懸命額に汗して働いても、食べるのにやっとというお給料しかもらえない方がほとんどでしょう。

そんな生活の中で、病気や突然の出費などお金がかかることが降りかかったら?



やはり「お金を借りる」という選択肢しか考えられなくなります。

特に、バブル期を経験している人にとっては、「ある日突然景気が良くなる日が来るかも」なんて淡い期待を持ったりします。

また「今は収入が少なくても、頑張ればなんとかなるはず」という気持ちも。

気持ち自体は前向きなので悪くはないのですが、そのためにお金を借りてしまっては言語道断です。

なんて、偉そうなことを言っていますが、私の多重生活時代がまさにそんな感じだったと思います。

で、もうどこからもお金が借りられなくなった時、もしくは、自分で「このままお金を借りることを繰り返していてはダメだ。何とかお金を作らなければ」と思った時。

「どうにかして、手っ取り早くお金を稼ぐ方法がないものか?」と探し始めます。

まあ、「探している」時点でダメなのですが・・・

一時的にでも何とかすぐにお金を作る方法はないものか?と思うんですよね。

挙句の果てには「すぐにお金を作る裏技」なるものまで探し始めてしまいます。

スポンサードリンク

 


そんなものあったら、誰も借金なんてしないですよ。

誰も多重債務になんてならないです。

それでも、探すのを止めないという。

ただ、「どうしても今、生きていくために現金が必要なんだ」という切羽詰まったお気持ちは、十分理解できます。

同じような気持ちを経験していますから。

そんな時には、やはり「物をお金に変える」しかありません。

「知識をお金に変える」という方法もありますよね。

昔だったら質屋さん(あっ、今でも有効な場合もあります)、今ならリサイクルショップに物を売りに行くとか、ネットオークションに出品するとかです。

馬鹿にする人も多いですが、一度やってみると、意外と短期間で現金を手にすることができるものです。

一時的な収入と割り切って、そこからスタートするのも悪くないと思いますよ。

 

追記:あと、「なんとかしてすぐにお金を作る方法」で検索すると、結構リアルな裏技が出てきます。

中には、危なそうなものもありますが、「結婚式や葬式に急に出られなくなった人の代理で出席する」とか「遺品の整理」など、急に必要になったことに対応できれば、高額収入である可能性も高いようです。

 

継続性は無いですが、そういった仕事を何度か経験すれば、元手は作れるかもしれません。

多様化が進んでいる時代だからこそ、需要がある仕事というのもあるんですよね。