スポンサーリンク
Home >> 借金をまとめるための賢い方法 >> 借金返済のために国からお金を借りることはできる?
Page: 5/6  << >>

借金返済のために国からお金を借りることはできる?

JUGEMテーマ:借金返済

多重債務になったり債務整理をして、信販会社や消費者金融からお金を借りられなくなった方が、最後の望みの綱として頼るのは、公的資金ですね。

前々から公的資金の必要性については、こちらでも叫んでいるのですが、現状では「死なないため」の公的資金として、最も手っ取り早いのが生活保護になるのでしょうか。

ただ、生活保護は、あくまでも借り入れではなくて、必要最低限の生活費を与えてもらうということですから、あまり長く受給していると、働く意欲を無くしてしまいがちです。

特に震災後は、被災地で本当に「生活保護」が必要な方もたくさんいらっしゃいますから、やはりそういった方を優先させるという考えもあります。

だからこそ、低金利あるいは無利息で借りられる公的資金が必要になるんですよね。



ただ、今のところ生活福祉資金くらいしか、公的資金の借り入れとしては見当たらないですよね。

これは、各地方自治体にによっては仕組みが違うこともありますが、だいたいどこの自治体でもベースになるものは同じだと思います。

だから、もう少し借りやすいようにしてくれれば良いのですが、現状生活保護ほど知られていないし、借り入れ審査に受かる人もそう多くないのではないでしょうか。

保証人制度がネックになっていたのが、保証人が原則不要になったために、ある地方自治体では申し込みが殺到しているなんていうニュースもありましたが・・・

これ、もう少し公になれば、もっと申し込む人が増えると思います。

生活保護を申請する人が増えるくらいなら、この借り入れ措置の生活福祉資金貸付制度を利用する人が増えた方が良いと思うんですよね。

お金を借りるという制度にした方が、働く意欲も湧くというものです。

スポンサードリンク


借り入れとなると返さない人、あるいは返せない人も居るわけで、管理が大変になるんでしょうか。

それに、せっかく少しでも多くの人が生活福祉資金を借り入れできるようにするために、「保証人」という壁を取り払ったのでしょうが、それが逆に「誰でも申し込めるから悪用する」という方向にいってしまったんだと思います。

ものすごく皮肉なことなのですが、公的資金を借りやすくすればするほど、悪用されてしまうんですよね。

こうなれば、民間の消費者金融のようなところから、ある程度生活困難な方優先で、低金利で借りられるようにするとか。

非現実的な考えかもしれませんが、そういった弱者救済の貸し出しをした場合に、国が援助金を出すとかという制度があれば良いと思うのです。

国民金融公庫(現日本政策金融公庫)などは、こういった考え方に近いのかもしれませんが、それでも「敷居が高い」ことには変わりないですね。

セーフティーネットをどこまで増やして、どんな制約をつけるのか、というのが今後の課題になると思います。

あっ、ちなみに多重債務の方が申し込みをすると「借金を整理してからにしてください」と言われるそうです。

確かに、そのままで貸してしまうと、借金の支払いのために消えてしまいますから。

公的資金と言っても、あくまでも「貸してくれるお金」ということを考えないと、勘違いしてしまいそうですね。

lalaco257 | - | - | pookmark | category:借金をまとめるための賢い方法
Home >> 借金をまとめるための賢い方法 >> 借金返済の具体的なシュミレーションを考えないと多重債務に?

借金返済の具体的なシュミレーションを考えないと多重債務に?

JUGEMテーマ:借金返済

借金返済と一口に言っても、いろいろな方法が考えられますよね。

まあ、普通に生活費以外のお金で返せるのが一番良いですが、そうもいかないから苦労するわけで。

最初は余裕で返せると思っても、だんだん利息がかさんでくると、苦しくなり、苦しくなるからまた別のところから借りて、そしてどんどん苦しくなるという。



この繰り返しが「負のスパイラル」を生むわけですよ。

しかも、この負のスパイラルは、本人が気がつくまで時間がかかるのが問題なんです。

多重債務に陥る人は、ほとんどが「借金返済の具体的なシュミレーションをしていない」もしくは「できなくなった」人なのではないでしょうか?

お金を借りる時に「数年先までの収入や返済金額、利息など」のシュミレーションを事細かにしていれば、突然返済に困るようになることは少ないでしょう。

それでも、今の時代、数年先までの収入が安定していることも少なく、「急に収入が少なくなった」とか「リストラされた」なんていうことも多いですけどね。

で、「借金返済が苦しくなった」場合にどうすれば良いのか?ですが。

だいたい以下の方法が考えられます。

とにかく生活を切り詰めて、ギリギリの生活をしながら、なんとか元金だけは返していく。あるいは利息だけを返していく。

おまとめローンを利用して、あちこちの借金を一本化する。

車などの財産があれば処分して、一括あるいは一部返済に充てる。

親戚などに泣きついてお金を借りて、一括返済する。

こんなところでしょうか?

だいたいの方は、一番最初の方法を取るでしょう。

借金の金額がまだそんなに膨らんでいない時なら、なんとかこの方法でもいけると思います。

だけど、こんな形で自転車操業を繰り返していくと、いつかどこかでしわ寄せが来て、精神的にも肉体的にもしんどくなることが予想されます。

おまとめローンに関しては、消費者金融などの利息の高いところから何件も借りている場合は有効ですが、審査に通るのが難しいという壁があります。

三番目と四番目に関しては、できる人は限られてきますよね。

そうなると、最終的には「借金を整理する」か「収入を大幅に増やす」かの二択ということになるのでしょうか?

スポンサードリンク


現実的には借金を整理する、すなわち債務整理を選ぶのが無理の無い方法ということになりますが、やっぱり「どうしても借りたお金は返したい」というお気持ちもわかります。

私自身がそうでしたから。

となると、収入を増やすしかないということになりますね。

ただ、これも急に増やすのは難しいですが、副業などで徐々に増やしていき、そのお金を元にして事業を拡張するということなら可能な気はします。

とにかく、「あせらずにじっくりと」次の一手を考えるということが、重要になると思います。

どうしてもお金が無いと焦ってしまうのですが、結局は、コツコツと積み上げていくしか無いんですよ。

お金も信用も。

できれば、債務整理をして一からやり直すのが手っ取り早いのですが、そうも行かないという場合は、とにかく少しづつでもいいからお金を貯めるしか無いです。

あとは、副収入の道を探すこと。

これも一攫千金を求めると、危険な仕事に巻き込まれたり怪しい情報に踊らされたりしますが、少額でも良いから収入を増やすことを重視すれば、大丈夫でしょう。

いつも書いているオークションなどから初めてみるのも良いと思いますよ。

lalaco257 | - | - | pookmark | category:借金をまとめるための賢い方法
Home >> 借金をまとめるための賢い方法 >> 債務整理後でも家や土地を担保に借金できた?

債務整理後でも家や土地を担保に借金できた?

JUGEMテーマ:借金返済

債務整理後は、もうどこからもお金を借りられないというのはわかってはいるのですが、どうしてもお金が必要なことはあるものです。

通常の無担保ローンだと借りられないけれど、持ち家の場合は、どうにかして家や土地を担保に借金をできないものか?と思ってしまいます。

この「不動産担保ローン」は、実際にはブラックでも利用可能なのでしょうか?

私自身、多重債務時代に利用できるかどうか問い合わせたことはあります。

やはり申込者の条件によって違ってくる、ということでしょう。

当然、債務整理をしたことでブラックになっている方は、借入れすることは困難だと思います。

ただ、資産価値の高い不動産の場合だと、債務整理後でもお金を借りられたというケースは稀ながらもあるようです。

不動産担保ローンだから審査が甘くてブラックでも借りやすいなんていうことは無いのですが、やはり無担保のローンよりは、不動産の価値が高ければ、借りやすいということは確かです。

多重債務の方が不動産担保ローンに申し込む場合は、だいたいが、もうどこでも貸してくれなくなって、今住んでいる家や土地を担保にすれば、何とかなるのではないか?

と思って申し込むのではないでしょうか。

まあ今のご時世、不動産の評価額自体が落ちていますから、いわゆる一等地と言われるところに住んでいるとかじゃないと、そんなに貸してくれないみたいです。

それでも、不動産という大きな担保を預けるわけですから、無担保で借りるよりは、低金利で大きな金額が借りられるというわけですね。

スポンサードリンク


ある程度評価が受けられる不動産をお持ちで、「おまとめローン」的な考え方で、借りられるのならいいのかもしれません。

私の場合は不動産の価値があまりなくてダメだったのですが、やはり駅から近いとか、通勤圏内とか、学校や病院などに近いなど、一般的な不動産価値について聞かれました。

と言うことは、そのあたりをクリアすれば、もしかしたら借りられるかもしれません

でも、リスクとして、もし不動産ローンで借りたお金が返せなくなったら、住んでいる家を取り上げられてしまうということがあります。

当然、その不動産は処分されますから、家を失い、その上、借りたお金よりも土地・家屋を売った値段が少なければ、差額分は返さなくてはいけなくなります。


所沢市久米の住宅街 / odysseygate


最終的に債務整理ということになると、通常、「個人再生」では家を失わずに債務整理できるのですが、自宅を担保にしているとそれもできず、家を失ってしまうことになるのです。

そうなると、多重債務者の場合は、無理をして不動産担保ローンで借りるよりは、債務整理をしてしまった方が、結果的には良いということもあります。

任意売却で早い段階で売れれば、債権者に手渡してもまだ残るかもしれませんから。

逆に、不動産担保ローンで、ある程度まとまった金額が借りられれば、生活が立て直せるかもしれない、なんていう方もいらっしゃいますよね。

例えば、自営の方で、「この支払いさえなんとか済ませれば、事業を続けることが出来る」とか「お金を借りて新しい機械を入れれば、業績が増やせる」など、先の見通しがある程度出来る場合。

100%保証されているわけではないけれど、今借りれば数年後には借金が返せる、という可能性が高い場合は、不動産担保ローンも視野に入れても良いでしょう。

lalaco257 | - | - | pookmark | category:借金をまとめるための賢い方法