スポンサーリンク
Home >> 任意整理の体験談など >> 任意整理で完済できなかったらどうなる?
Page: 8/8  << 

任意整理で完済できなかったらどうなる?

JUGEMテーマ:借金返済

債務整理の中でも、裁判所を通さないで解決できる方法として知られているのが任意整理です。

やはり、いくら債務整理をすると言っても、「少しでも借金を返したい」という気持があるのが本音ですから、できれば任意整理を選びたいと思っている方も多いでしょう。

任意整理では、債権者と話し合いの結果、ある程度減額してもらった借金を「残債」として借金を3年から5年間のうちに分割払いで返すということになっています。

これは債権者との和解条件ということになりますから、怠ってはいけないものです。

それでも、任意整理中に失業したり病気になって働けなくなったりすることは、よくあるのです。

現に、私も夫が失業状態になり、本当に生活が苦しくなってしまいました。

その上、夫婦揃って病気になったり、子どもの進学問題もありました。

借金返済中に病気になる

それに追い打ちをかけるように、税金や年金の滞納分の支払いがのしかかり。

特に国民健康保険料を納めないと、病気になってもお医者さんに診てもらうこともできませんから、優先して支払わなきゃいけなかったし。

国民健康保険料の滞納分も数十万になっていましたから、数万づつ支払っては、1ヶ月分の保険証を出してもらっていました。

当時通っていた医院は、昔から通っていて顔なじみも多いので、「保険証が変わった」といちいち説明するのも恥ずかしかった記憶があります。

見る人が見れば、「滞納していたんだな」ということが丸わかりですから。

本当に、当時はどうやって生活出来ていたのか?と不思議に思うほどお金が無かったですね。

私の場合は、ネットでの副収入があったのでなんとかなりましたが、弁護士さんの話によると、任意整理中に返せなくなる方は多いということです。

スポンサードリンク


では、任意整理中に返済が滞ってしまったらどうなるのでしょうか?

通常は、2回分以上滞納すると、債権者から残債の一括払いを要求されることがあるようです。

最悪、差し押さえというようなことにもなりかねません。

この場合は、放っておかないで依頼している弁護士や司法書士の方に相談しましょう。

再度、債権者に和解申し入れをするか、返済のメドが立たない場合は、自己破産へ切り替えるかといった判断をゆだねることになるでしょう。

いずれにしても、生活費の工面もできないのに、無理をして支払いを続けても、その後の生活が破綻してしまう危険性もあります。

やはり早い時期に相談する、というのが一番良いということになりますね。

lalaco257 | - | - | pookmark | category:任意整理の体験談など
Home >> 任意整理の体験談など >> 任意整理後の借り入れはどのくらいでできる?

任意整理後の借り入れはどのくらいでできる?

JUGEMテーマ:借金返済

任意整理などをして、ある程度元金を減らしてもらっても、借金返済は思ったよりも大変ですよね。

確かに、私も3年かかって完済しましたが、その道程は長く苦しいものでした。

ただ、いくら消費者金融がグレーゾーンで貸し出していたとしても、それを承知で借りていたわけですから、本来ならば、契約時の利率で支払うべきなんですよね。

そんな高い利率で借りざるを得ない状況に陥っていた、ということや、そういった正規の利率で借りられない人の足元を見て設定した利率である、ということを置いておいても・・・

いや、確かにグレーゾーンと呼ばれていたのに、法的措置がされないのを良いことに、高い金利でお金を貸していた金融業者の存在は多重債務に拍車をかけるものでした。

それはそれで責任は充分にあると思います。

でも、やはり「嫌なら借りなきゃいいわけですから」

なんて、借金を減額してもらった立場の者が言えるものでもないですが・・・

だけど、どうしても「借金をすべて払い終えた」という気持ちがあるものだから、完済したらすぐにまた新たに借入れができるものと勘違いしてしまいがちです。

通常は、完済してからも最低でも5年経たないと、新たな借り入れはできないと言われています。

そして、任意整理をした金融機関からは、何年経っても二度と借りられないと、思って間違えないとも言われています。

まあ、「絶対に」借りられないということは無いかもしれませんが、可能性は薄いでしょうね。

スポンサードリンク


だって、普通に考えても、貸したお金をちゃんと返さなかった人に、もう一度お金を貸そうとは思いませんから。

ただ、過去にトラブルがあったところを避ければ、また借りられる可能性はあるわけです。

でもねえ、借金体質を治すためにも、借りない方が良いのです。

とは言っても、日々の生活費ですら、事欠くことが多いご時世で、なにか突発的な出費があれば借りざるを得ないのが実情です。

少し前までは、ショッピング系のクレジットカードなら作りやすいということがありましたが、専業主婦の借入れが困難になった今では難しいかもしれません。

それでも、楽天銀行とかイオンクレジットとかは、顧客のほとんどが主婦層ということもあって、専業主婦でもクレジットカードが作りやすいとは言われていますが・・・



とにかく「もうどこからも借りられない」と言う方のためにも、「利率と月々の支払いが低額」の公的資金があれば、と思うんですけどね。

金融業者が中に入らないと無理かも。

そうなると、「どこの金融業者が入るのか?」ということが問題になってきます。

民間の会社ですから、利益が出ないことにはどこも参入しないでしょう。

特に金融業者となれば、最初にかなりの資金が必要になるわけです。

国が運営費用を補助するとか考えられますが、そうなると、その事業に参入しない金融業者との間に不公平が生じますよね。

だいたい、何もブラックになったような「信頼出来ない」人々に、わざわざお金を貸そうとする金融業者があるとは思えません。

やっぱり、この計画は妄想で終わってしまうのかな?

結局は、正々堂々とお金を借りられるような信用を、自分自身の手で作るしか無いんですよね。

lalaco257 | - | - | pookmark | category:任意整理の体験談など

Profile

Search

Entry

Category

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode